受け口でお悩みの方の矯正治療 | 大阪矯正歯科センターの関連記事

大阪矯正歯科センターの関連記事

kyousei_161011

相談窓口にはたくさんのご相談が寄せられますが、受け口でお悩みの方も多くいらっしゃいます。

受け口は上あごよりも下あごの方が前に出ている状態をいいます。
歯科では受け口のことを反対咬合(はんたいこうごう)や下顎前突(かがくぜんとつ)という場合もあります。

【永久歯が生えそろっていないお子さんの場合】

お子さんの場合は急速拡大装置やプレートという装置を使って上あごを拡げる方法やムーシールドが効果的です。
低年齢から治療を始めることで歯を抜く可能性も低くなります。

・子ども健康矯正(顎顔面矯正)
急速拡大装置で上あごの正常な成長を促します。取り外しはできません。受け口だけでなく狭くなっていた鼻腔や気道が広がって鼻呼吸ができるようになり、鼻炎やいびきなどの改善も期待できるなど健康面にも良い影響があります。
子ども健康矯正(顎顔面矯正)はこちら→

・プレートでの治療
取り外し可能なプレートという装置によって上あごを拡げます。
プレートでの1期治療はこちら→

・ムーシールド
3歳ごろの低年齢から使えるムーシールドというマウスピース型の装置を使った治療です。
舌の位置が下がっていて歯を押してしまっている場合に使用します。ムーシールドによって舌の位置を上げて正常にすることで上あごの成長を促します。
ムーシールドについてはこちら→

【大人の場合(永久歯が生えそろっている場合)】
受け口の治療にはワイヤーを使った矯正方法が効果的です。

当院で行っているワイヤー矯正には装置を <歯の表側につける方法> と <歯の裏側につける方法> があります。
<歯の表側にワイヤーをつける方法>
・ワイヤー矯正(ワイヤーは金属、歯につけるボタンは白色)
・ホワイトワイヤー矯正(ワイヤー、歯につけるボタン共に白色)
ワイヤー矯正・ホワイトワイヤー矯正についてはこちら→

<歯の裏側にワイヤーを付ける方法>
・裏側矯正(歯の裏側にワイヤー、ボタンを付ける)
当院では「インコグニート」という装置を使用します。
裏側矯正(インコグニート)についてはこちら→

歯を抜くかどうかも気になることと思います。
下あごが出ている具合が大きかったり、下あごをしっかり後ろへ下げたい場合は、下の歯の小臼歯(前から数えて4番目の歯)を2本抜く場合が多いです。

無料Web診断(メール相談)もございます。
受け口でお悩みの方やお子さんの受け口を心配されているお母さんはお気軽にご相談ください。

2016年10月11日



PAGETOP