部分矯正で使用する器具 | 大阪矯正歯科センターの関連記事

大阪矯正歯科センターの関連記事

illust1254_thumb

部分的な歯並びの治療についてご説明していきたいと思います。
当院の部分矯正歯、適応症状や難易度によって20万円から40万円に価格設定をしています。

どういった装置を使用するのかというと、前歯の前面にブラケットとワイヤーを取り付けるワイヤー矯正、前歯の裏側にブラケットとワイヤーを取り付ける裏側矯正(当院ではインコグニートという装置を使います。費用は表側の矯正に比べて少し高くなります)の二つがあります。
表側にブラケットをつける場合は、別料金になりますが白いワイヤーを使用することも可能です。

部分矯正では一般的に犬歯(糸切り歯)から犬歯までの6本の前歯に器具を取りつけて歯並びを治していきます。
部分矯正といえども、他人に知られずに歯並びを治したいと思われている方が多く、裏側矯正(インコグニート)を希望される患者さんが多く、裏側矯正で部分的に安く治療を受けたいとメール等の問合せを多くいただきます。

特に接客業の方や女性の方は出来るだけ目立たない装置をご希望される方が多いです。
とにかく費用を安くしたい方には、表からの矯正をおすすめしますが、絶対に目立たない方法で治療を受けたい方には、裏側矯正(インコグニート)をお勧めいたします。

ただ、近年は日本も矯正される人がかなり多く、表面につけるブラケットを気にされる方が数年前に比べてかなり少なくなっています。またお子さん矯正が非常に多くなっているのも、ここ数年の特長です。
大人になって歯並びがコンプレックスになっている方が多いので、子供のうちに治してあげようという親御さんがすごく多くなっています。

2014年1月28日



PAGETOP