上か下の歯だけの矯正 | 大阪矯正歯科センターの関連記事

大阪矯正歯科センターの関連記事

medical_dog_doctor

上か下のどちらか片方の歯だけ、矯正することはできますか?
というご質問を多くいただきます。

これは、ケースバイケース、咬み合わせの状態を診てみないと判断できません。上か下の片方だけの矯正治療は全体のバランスがとりにくく、咬み合わせが悪くなることが多いのであまりおすすめ出来ませんが、患者さんの噛み合わせの状態によっては可能になる場合もあります。

上か下か、どちらかの歯並びだけが気になる場合、両方を治療する必要はないと思うかもしれません。
どちらかだけなら、歯を抜く本数が少なくて済む、治療期間が短くなる、
また治療費も半分近くに抑えられるという事で、上下両方を矯正治療するよりも手軽に出来るのではないかと思われるようです。

ですが、歯科矯正治療は一般的に上下ともにするのが基本です。抜歯が必要な場合については、上下左右を対称的に抜くのが原則となります。

咬み合わせは、歯車の「歯」と同じです。上下の1本、1本の歯が合わさるのでなく、交互に咬み合っているのが基本です。上下のどちらかだけ歯並びを治したからといって、見た目はキレイになるかもしれませんが、すべての歯がうまく咬み合うというケースは少ないのが実情です。

上下ともに歯並びが悪いのに、費用や時間の節約のために上の歯並びだけを治し下側がデコボコのままですと、やがて上の歯並びも再び崩れてきてしまうこともあります。
部分矯正にも同じ事が言えるので、担当の歯科医とじっくり話し合うことが大切です。

2014年2月12日



PAGETOP