夏の俳句 -歯医者さんにて- | 大阪矯正歯科センターの関連記事

大阪矯正歯科センターの関連記事

illust2157_thumb◇口開けて歯医者の昼の涼しさよ--えなみ・しんさ

2011年7月13日の毎日新聞の東京朝刊の記事にあった俳句です。

この俳句を読んで、私は、下のような光景を想像しました。

暑い夏の昼間、歯医者さんの予約をして治療に行ったところ、

院内はとても涼しくて、口を開けて治療をしてもらっている間も、

涼しくて気持ちがいい・・。

本来ならば、治療チェアの上では、緊張して恐怖すら感じるというのに、

口を開けてリラックスしている姿・・。

このように感じたのですが、もしかしたら、緊張と恐怖で
背筋が寒くなったのかもしれませんね。

この俳句をよんだ方は、本当はどんな状態だったのでしょうか?

大阪矯正歯科センターでは、
患者様がヒヤッと寒い気分を味わったりされないよう、
心をこめて暖かい治療をさせていただいています。

2011年8月2日



PAGETOP