子どもの時から矯正した方が良い? | 大阪矯正歯科センターの関連記事

大阪矯正歯科センターの関連記事

047976

近年、子どもの患者さんが非常に増えています。
正しい歯並び・かみ合わせに関心が高まり、とても良い傾向だと思います。
早く治療した方が良い例が多いです。

かみ合わせや歯並びの悪さは、歯だけではなく、顎の骨格に問題があることが多いです。
顎の成長が終わっている大人では、歯の移動だけで治すしかなく、
効果にも限界もあります。

一方、子どもは、顎の成長を利用できます。
例えば、下顎の骨が上顎の骨に比べて大きい場合であれば、上顎の骨を前方へ大きく成長するように
矯正装置で力を加え、歯列や顎の幅を広げて、歯の並ぶ場所を作ります。
これができるため、抜歯をせずに治療できる可能性も高くなります。

子どもの矯正治療は、乳歯と永久歯が生え変わる、6歳から8歳くらいまでに始めるのがよいです。
これを一般的に第1期治療といいます。顎の成長を利用した治療が中心です。

次にすべて永久歯が生え変わるタイミングで、第2期治療に移ります。
ここでは、マルチブラケットなどで歯を移動させて、最終的なかみあわせを完成させます。
このように、第1期から始めると、顎の成長を利用できる半面、時間は長くかかります。
ただし抜歯しなくていい可能性が高くなるのが最大のメリットです。
また大人のように、ブラケットで大きく歯を動かす必要もないので痛みも軽減されます。

いずれにしろ、気になる点があれば、
6歳から8歳くらいの時に、矯正歯科に診てもらいましょう。

2014年2月21日



PAGETOP