矯正治療期間や通院の間隔 | 大阪矯正歯科センターの関連記事

大阪矯正歯科センターの関連記事

14P-09

矯正治療の期間や通院の間隔は気になるところです。
成人の場合、歯並びを治すのに2年から3年、その後の保定期間も同程度、
通院の間隔は月に1回程度。というのが平均的とされています。
ただし不正咬合の程度や抜歯するか、しないのかによっても大きく異なりますので
歯科医に自分の歯の状態を診てもらう事が大切です。

流れは、初診で歯並びとかみ合わせの視診を受けます。
悩みを相談し、疑問を事前に確認します。担当医との相性も見極めます。
次に精密検査を受け、具体的な治療法や期間の説明を受け納得すれば契約します。

器具を付けて少しずつ歯を動かしていきます。
この間の通院間隔は、月に1回程度でワイヤーの調整や交換をします。
平均2年から3年。軽度の不正咬合なら1年半くらいで終わる方もいます。
また歯が動く速度も個人差があります。年齢がかさむほど歯が動きにくくなることも多くあります。

目的とする歯並びとかみ合わせになったら、矯正器具を外し、動かした歯を安定させるための
保定治療に移行します。リテーナーと呼ばれる専用の器具を装着し、
3ヶ月から6ヶ月に1度の割合で通院し、経過観察をします。
リテーナーには、マウスピースタイプ、歯の裏側に固定するタイプなど数種類あります。

保定期間は通常、歯を動かした期間と同程度かかります。

2014年2月21日



PAGETOP