治療後のメンテナンス | 大阪矯正歯科センターの関連記事

大阪矯正歯科センターの関連記事

illust1252_thumb

長い治療期間が終わり、やっと矯正器具が取れる日が来ました。
ほっと一安心ですが、まだ治療が終了したわけではありません。

治療後のメンテナンスは・・?
歯並び・かみ合わせの治療を終えてからおおよそ2年程度のメンテナンス
(定期健診・保定の状態・経過観察)をおこないます。

歯を動かす治療(動的治療)を終えてから、通常着脱式の装置
(保定装置またはリテーナーと呼びます)を使用し歯の後戻りを防ぎます。

その使用時間および期間は、歯の落ち着き具合や、もともとの歯並びの状況によって異なりますが、
半年~1年程度は日中もご使用いただき、歯の落ち着きが確認されたら徐々に使用時間を減らしていきます。
(食事や歯みがきの時は外していただきます)

保定期間に移行してからは、通常、毎月ご来院する必要はなくなり
数ヶ月~6ヶ月おきでの経過観察をおこなっていくのが一般的です。

当院では、歯のクリーニングや歯石除去なども一緒におこなうと
歯をきれいに美しく保つことができるので、3ヶ月から4ヵ月に一度の来院を推奨しています。
せっかくきれいにした歯並びですから、大切にして欲しいと願います。

メンテナンス期間は通常2年程度おこなうことが一般的ですが、
患者様がご希望であれば、その後も責任をもって管理をおこなってきます。

2014年4月22日



PAGETOP