矯正中の食べ物について | 大阪矯正歯科センターの関連記事

大阪矯正歯科センターの関連記事

illust1254_thumb

・矯正中に食べられないものはありますか・・?

クリアタイプの器具を装着している場合は、ブラケットやゴムの部分に色がつきやすいので、
カレーに限らず、コーヒー、紅茶、赤ワイン、ミートソースなど色の濃い食べ物は避けたほうがいいです。
また食べた場合は、食後すぐの歯磨きをおすすめします。

・色の濃い食べ物以外に食べない方がいいものってありますか?

ナッツやスルメなどの硬い食べ物や噛み切りにくいものは、
装置が壊れたりする可能性があるので避けた方が無難でしょう。
またキャラメルやガム、お餅など粘着性のあるものも、器具にくっついてしまって
取れてしまう可能性があります。

あと食材は細かく切って一口で食べやすくすること。前歯で噛み切ろうとしないことも大切です。
それほど硬くないものでも、治療をしていない時と同じようにかじったり、
噛み切ろうとすると装置が壊れる原因にもなるので注意しましょう。

おすすめの食べ物は、とにかくやわらかいものがいいです。
歯科矯正は家族をはじめ周囲の人の協力が必要不可欠といいますが、主に食事の面でそれが顕著のよう。
自分が食べたいからって、矯正中の人に硬いものを作ったり、食べさせようとしたりしないでください。

2014年4月23日



PAGETOP