歯科矯正治療の医療費控除 | 大阪矯正歯科センターの関連記事

大阪矯正歯科センターの関連記事

illust2157_thumb

1月1日~12月31日の1年間に支払った医療費が10万円を越えた場合の超過分
※(年間所得が200万円未満の場合は所得x5%を基準として超過分)
に対して所得金額から差し引かれます。そのぶん所得税が軽減されて、
支払いすぎていた税金が戻ってくることになります。

1.家族

納税者本人と、生計をひとつにしている配偶者やその他の親族
(配偶者・子供・兄弟姉妹・両親・祖父母等)のために
支払った医療費であれば、すべて適用になります。

2.金額

医療費控除の対象となる金額は、次の式で計算した金額で最大200万円です。
(実際に支払った医療費の合計額)-(Aの金額)-(Bの金額)
A:保険金などで補てんされる金額
B:10万円(その年の所得金額の合計額が200万円未満の人はその5%)

3.対象

治療費のほか、医院までの通院にかかる電車などの交通費(自家用車のガソリン代などは除く)も対象になります。

4.期間・期限

医療費控除の申請に関しては、5年前までさかのぼって受けることができます。
5年以内に矯正治療を受けていて、申請を忘れていた方や、
医療費控除の対象になることを知らなかった方は、申請されることをおすすめします。
また、歯列矯正治療中に年をまたがる場合は、
それぞれの年に支払った医療費の額が各年分の医療費控除の対象となります。

2014年5月2日



PAGETOP