若さを保ちダイエットにも | 大阪矯正歯科センターの関連記事

大阪矯正歯科センターの関連記事

illust1252_thumb

よく噛むと、どうしてダイエットの効果があるのかというと
脳の中に満腹感を起こす物質(ヒスタミン、コレシストキニン、FGF)が産出されるからです。

要するに、よく噛んで食事をし、これらの物質が早く脳に出てくるようにすることが、
究極のグイエットであるといえるのです。

同時に、コレシストキニンは、ストレスのもとである、ドーパミンの作用を抑制するので、
ストレス解消にもなります。お金もかからず、一石二鳥ではありませんか。

また歯ならびのよい人は、悪い人にくらべて、しわが少ないのです。
などということが大々的に報道されたら、矯正治療を希望する人が、きっと増えるでしょう。

「うっそー!」と思う女性は、若い人です。
「本当かしら」と少しでも感じる人は、少し目尻のあたりが気になってきた人でしょう。

「本当に! じゃーすぐやってほしい!」と思う人は、かなりしわの本数が増えた人でしょう。
ご承知のように、しわは、皮膚の同じ部位に、くり返し力を加えることによって生じる、皮膚の変性です。

それがもっとも顕著に現れるのが、口元と顎です。
どんなに美しく念入りにお化粧しか女優さんでも、口元と顎と首の衰えは隠せません。
ときどき首にスカーフをしてテレビに出ている人もいます。
でも、口元には、スカーフは巻けないのです。

2014年6月23日



PAGETOP