検査を受けましょう | 大阪矯正歯科センターの関連記事

大阪矯正歯科センターの関連記事

illust1441_thumb

はじめのコンサルテーションで十分な納得ができたら、次は検査を受けることになります。
検査には、歯型やレントゲン、写真撮影など、いろいろあります。
そこで、検査を受けるときのチェツクポイントを説明しましょう。

例えば、お子さんの場合ですと、これから何をされるのか不安のかたまりになっています。
一度簡単に、これから何の検査をするか説明してあげる必要があります。
ちゃんと説明してあげないと、お子さんの治療に対する気持ちが萎えてしまうでしょう。
治療を受けるのは、お母さんやお父さんではなく、お子さん本人なのですから・・・

検査を受けてから数週間後に、前回受けた検査の結果の説明を受けることになります。
その中でもっとも一般的なものは、歯型、レントゲン、顔や歯の写真です。
これらのひとつひとつについて説明を受け、治療方針、治療期間、治療費などが提示されます。

この時に大切なことは、疑問があればなんでも聞く!ということです。
どんなささいな事でも、きちんと質問し、あとで心のなかにモヤモヤが残らないようにしましょう。

話し合いの結果、診療や治療方針に対し、あなた自身が十分納得がいった場合にはよいのです
が、そうでないときは、セカンドオピニオンを求めるのも一つの方法です。

2014年7月11日



PAGETOP