歯並びが気になるけれど治療を迷っている間に40代に・・ | 大阪矯正歯科センターの関連記事

大阪矯正歯科センターの関連記事

nurse_man_laugh歯並びを治したいと子どもの頃からずっと思っていたけれど、迷っているうちに40代になってしまった・・というご相談を何人かの方からいただいています。

ずっと歯並びが気になっていたのに、治療を受ける決心がつかなかった方は、案外多いのではないでしょうか。
矯正治療なしに、説明用の歯の模型のようなぴしっと綺麗に揃った歯並びの方は、かなり少ないです。治療しておられない場合は、歯が少し斜めになっていたり、少し重なっている部分があったりするものだと思います。

その部分が気にならないわけではないけれど、この程度なら治療するほどでもないか・・と思っておられるでしょうし、ご本人は気にしていても矯正の専門医から「この程度なら矯正するほどではないですよ」と診断された方もおられるでしょう。

はっきりとわかる不正咬合を除いて、少しの重なりやガタガタの場合に治療するかしないかは、ご本人の感じ方の問題だと思います。

kyousei01

ただひとつ言えることは、迷っておられる方は、歯のお悩みを抱えておられるということです。
一生迷い続けるよりは、とりあえず診断だけでも受けてみようと思われる方は、かかりつけの歯医者さんに矯正の相談をしてみてはいかがでしょうか。

治療方法や治療期間、費用がわかるだけでも一歩前進すると思います。
実際に治療を始めるか始めないかの判断も、それを機会に出来るのではないでしょうか。

大阪矯正歯科センターでは、無料の初診カウンセリングを行っていますので、矯正専門医の意見を聞いてみたいと思っておられる方は、お気軽にご予約くださいね。

2014年9月10日



PAGETOP