審美歯科 | 大阪矯正歯科センターの関連記事

大阪矯正歯科センターの関連記事

現在、避難などで、歯磨きに水を使えない方が多くおられます。
水を使わない歯磨きや、水を使わないシャンプーは、防災グッズとして、ぜひ手元に一つは置いておきたいものです。

今日は、世界最小の使い捨て歯ブラシをご紹介いたします。

食後や、大切な人と会う前に歯磨きをしたいけれど、近くに洗面所がない場合、ぽいっとお口に入れるだけで、歯磨きが出来る便利グッズが、オメガクリエーションから発売されている使い捨ての携帯歯ブラシ「ローリーブラッシュ」(630円/6個入り)です。

ローリーブラッシュは、2006年にイタリアで生まれ、世界6カ国で使用されているそうです。これを開発されたきっかけは、イタリアラグビーリーグの「セリエA」の選手が、移動中の機内などで、歯磨きをするのにわざわざトイレに行かなければならないという面倒を解決するために、約3年をかけて完成させたといいます。

直径1.5cm、厚さ7mmと、超ミニサイズ。特殊ポリマー製で276本の長さの違う突起がついていて、見た目は小さいウニのようです。

キシリトール配合で虫歯予防効果がありますし、ペパーミントの効果で口臭予防効果やリラックス効果も期待できます。

この小さな歯ブラシをどのように使うのかというと、ローリーブラッシュを口に入れて、3~5分間歯の周りを舌で転がすだけで、歯の汚れが落ちます。

小さいので、思わず噛んでしまいそうになりますが、効果が落ちるので噛んではいけないそうです。

水も歯磨き粉も不要で、口の中でコロコロしている間に、歯も舌も綺麗になるなんて、本当に便利で審美性も抜群ですね。

万が一、誤って飲み込んでしまった場合でも、胃腸など消化器系統に支障を与えずに通過することが、「TNO(オランダ応用科学研究機構)」や「ニューヨーク歯科大学」などの検査で確認されているそうです。

防災以外にも、旅行に携帯するととても便利だと思います。
小さいので、バッグの中に常に一つ放り込んでおいても、邪魔になりませんね。

2011年4月5日



PAGETOP