矯正歯科 費用 | 大阪矯正歯科センターの関連記事

大阪矯正歯科センターの関連記事

08P-03

なんば・梅田・吹田・豊中にある大阪矯正歯科センターです。
今回は、医療費控除について更新していきたいと思います。

1年間に要した医療費から10万円を引いた残りの額が丸々戻ってくる!
と思っている人も多いようですが、そうではありません。

医療費控除で戻ってくる税金の額は、その人の所得税の税率※によります。
※所得税の税率は、所得に応じて5%から40%まであります。
確定申告をすると、10万円を超えた医療費の一部が還付されます。

また高額療養費などと勘違いされている方も多くいらっしゃいます。
(↑保険治療に適応されるモノで矯正などの自費診療は適応外です)
そんなに安く済めば、皆さん治療するでしょう。

あくまで目安の一つとしていただきたいのですが、
当院の患者さんで多い20代、30代のOLの方などは、所得税の税率は5%の方が多いと思います。

例えば、マウスピース矯正(上下顎)、90万円の場合ですと
90万円-10万円の80万円の5%の4万円ほどが確定申告で還付される事となります。
4万円となると結構大きな減額となり、患者さんにとっては大きなメリットです。
このような話を詳しく説明されている歯科医院は以外と少ないです。

また医療費控除自体受けることができるのか?といった問合せもありますが
歯列矯正は、不正なかみ合わせを治す目的となるので、医療費控除を申請することは可能です。
ただし美容目的の場合は受けられません。
私どもの患者さんで受けられなかった人はいませんが
もし税務署等で何か言われるようなことがあれば、前例はありませんが診断書等を作成させていただきます。

費用が少しでも安くなって患者さんの負担が減らせるように
役立つ記事を掲載していきたいと思います。

2014年2月4日


12P-07

梅田・なんば・吹田・豊中にある大阪矯正歯科センターです。
今回も引き続きローンの分割払いについて更新していきたいと思います。

現在、私どもは信販会社の「ジャックス」と提携しています。
患者さんの金利手数料が安く負担を少しでも減らせたらと思い選択しました。

で、どれくらいの返済額でいいのか・・?
何回くらい分割できるのか??というのが気になるところだと思います。

最大84回(7年)まで、分割が可能です。
例えば、頭金なしの84回で返済した場合ですと・・・(上下全体)

・歯の表にブラケットを使用するタイプで、月々13,000円ほど。
・マウスピースタイプで、月々15,000円ほど。
・上下裏側矯正で、月々25,000円ほどの返済で治療が可能となります。

金利手数料はかかりますが、月々の返済が少なくなると思えば
少しは気持ちも楽になります。その他の趣味にも回すこともできます。

高校生、大学生、アルバイトをされている方でも無理のない範囲で
歯並びをキレイにすることができると思います。
ただし審査があるので、ご両親には必ず相談されてくださいね。

高校生や大学生の方からは、入学や就職に合わせて歯並びを治したい、
社会人の女性の方からは、結婚式までに何とかしたいというような相談をたくさんいただきます。
矯正には、不正咬合の程度により2年から3年必要になるわけですから
早くに始める必要性があります。

2014年2月4日



PAGETOP