1月 | 2011 | 大阪矯正歯科センターの関連記事

大阪矯正歯科センターの関連記事

現在、矯正治療では、マルチブラケット法と呼ばれるものが多く使われています。マルチブラケット法は、世界中で最も実績がある矯正治療方法だと言えるでしょう。

マルチブラケット法では、歯にブラケットという小さなボタンのような装置を取り付けて、そこにワイヤーを通して、歯を正常な位置へと動かしていきます。

一般的に良く見られる、歯にワイヤーをつけて矯正している方は、このマルチブラケット法という治療法をされているわけです。

ブラケットの素材には、金属や、セラミックス、プラスチックがあります。昔は金属製のものが主流でしたが、現在では、セラミックス、プラスチック製のブラケットを選ばれる方が多いです。

ワイヤーにもいくつかの種類があります。当センターでは、白いワイヤーを使用し、矯正治療のための装置が、目立ちにくくなるようにしています。お口の中が明るく見えるのも、白いワイヤーの特徴です。

マルチブラケット法は歯にブラケットという装置を取り付け、そこにワイヤーを通して歯を動かします。ブラケットの素材は金属、セラミックス、プラスチックがあり、従来は金属製のものが主流でした。ワイヤーにもいくつかの種類があり、ワイヤーの色によって、お口の中が明るくなったり、目立たなくなったりします。マルチブラケット法は歯にブラケットという装置を取り付け、そこにワイヤーを通して歯を動かします。ブラケットの素材は金属、セラミックス、プラスチックがあり、従来は金属製のものが主流でした。ワイヤーにもいくつかの種類があり、ワイヤーの色によって、お口の中が明るくなったり、目立たなくなったりします。

2011年1月18日



PAGETOP