3月 | 2014 | 大阪矯正歯科センターの関連記事

大阪矯正歯科センターの関連記事

08P-03

指しゃぶりを止めさせる上での注意点として、
子どもと同じ目線の高さで話しながら、
子ども自身が止めたいと思える環境作りが重要だと考えます。

親として、子どもの体を心配して止めさせるわけですが、
頭ごなしに叱って止めさせようとしても子どもは理解できません。

逆に周りが焦ったり、急かしたり、押し付けたりと
無理矢理止めさせようとすればするほど、子どもにとってはストレスとなり
かえって悪影響を及ぼしてしまうでしょう。

まずは、子どもと一緒に指しゃぶりの症状を見て、
「指しゃぶりを続けていると、これがもっとひどいことになっちゃうよ」と諭してあげましょう。
すると、子どもはまず、「指しゃぶり=悪いこと」と認識するようになります。
そして、「ママと一緒に頑張って止めようね」と優しく止めることを勧めましょう。

また、少しでも指しゃぶりをしていないことを褒めることも忘れてはいけません。
子どもにとって、褒められるということは、非常に効果のある精神安定剤になります。
褒められて嬉しくなれば、また褒められるように褒められることをしようとするものです。

それでもなかなか素直に止める意思を持ってくれない場合は、市販の指しゃぶり防止対策グッズなどを
試してみるのも一つの手段ですし、育児センターや小児科へ相談するのも良いです。

2014年3月31日


illust113_thumb

指しゃぶりをしている時の子どもの心理状態は、
不安であったり、寂しかったりと精神的に不安な状態であることが言えます。

そんな時に、精神を安定させている指しゃぶりという行動自体を、
子どもにしたら意味も分からず、頭ごなしに止めさせられると
ストレスが溜まってよくありません。

そういう時の子どもは、親が見ていない時にだけに隠れて
こっそりしようとしたり、何か他の癖を身につけてしまったりしています。

また一部の子どもは、親の目を引くための行動として、指しゃぶりをしているとも言われています。
指しゃぶりをしているとお母さんに怒られるけど、お母さんを自分に注目させることは出来ると考えて、
悪い事とは分かっていながらしてしまうのです。

小さい子どもながら、罪悪感や劣等感を感じてしまうことは
精神教育上において、非常に悪影響と言わざるを得ません。

指しゃぶりをしている子どもを見たときは、まずなぜ指しゃぶりをするのかを考えてあげて、
その原因となっていることを改善させてあげるのが、本当の課題なのだと思います。

小さいころの指しゃぶりが原因で、不正咬合になっている方も多くいます。
歯並びでお悩みの方がいらっしゃれば、一度ご相談ください。

大阪矯正歯科センター 歯科センター相談窓口 TEL:0120-505-589 

2014年3月28日



PAGETOP