5月 | 2014 | 大阪矯正歯科センターの関連記事

大阪矯正歯科センターの関連記事

illust2157_thumb

不正咬合は、精神的にも肉体的にもさまざまな障害をもたらします。
身体に影響を及ぼす症状や日常生活の影響について、紹介していきます。

1.身体に及ぼす影響

・頭・・・偏頭痛や貧血、目まい。

・眼・・・視力低下、充血、疲れ目。

・耳・・・耳鳴りや難聴。

・口・アゴ・・・口が開けにくい、口を開けると音がする、アゴの痛み。

・鼻・・・いびきや鼻づまり。

・舌・・・発音障害や舌の痛み。

・首・・・首が回らない。

・肩・・・肩こりや首のこり

・内臓系・・・胃腸障害。

・その他・・・アゴのズレによる顔の左右非対称、二重あごなど。

2.日常生活への影響

・イライラしたり、精神的にゆとりがなくなったりする。

・疲労がたまりやすくなる。

・血液やリンパの流れが悪くなり思考が鈍る。

・不眠など

不正咬合が首の骨を(頸椎)のズレを引き起こし、
精神的な不安感やそれが原因となって、さまざまな症状が現れたりします。

この場合、すぐに現れるのではなく、徐々に進行して蓄積し、
疾病として現れるのが特徴です。

仕事のミスが続くなど少しずつ生活に影響が出始めますが、
不正咬合が原因であるということは一般的に理解されにくく、
そのため一人で苦しい思いをする人が多いのも事実です。

2014年5月30日


illust1447_thumb

歯のかみ合わせは、とてもデリケートなものです。
何らかの原因で、かみ合わせや歯並びが悪くなると、次第に影響が現れます。
およぼす影響について、下記のような事項があります。

1.歯みがきがしにくく、むし歯や歯周病になりやすい。

2.正しい発音がしにくかったり、滑舌が悪くなる。

3.しっかりと噛むことができない。(胃腸への負担が大きくなる)

4.顔の発育に悪い。(顔が歪むなど)

5.歯がしみやすくなったり、歯や歯根が折れやすい。

6.頬や舌を噛みやすくなり、口内炎などができやすい。

また、歯並びが悪いというだけで強いコンプレックスを持ってしまったり
自分に自信が持てなくなり、消極的な人生を過ごしてしまう人もいます。

他人の視線が気になる、いじめの対象になったりすることもあり
親に悩みを言えない、中学生、高校生の相談も多くあります。
費用も必要になることですから、親御さんはお子さんが歯のことで悩んでいないかなど
きちんと聞いてあげることも大切だと思います。

身体的なことでいうと、発音がしにくくなったり、肩こりや頭痛、
目まいを引き起こすなど、生活に支障が出る場合もあります。

さまざまなマイナス要素をかかえることも少なくありません。

2014年5月29日



PAGETOP