6月 | 2014 | 大阪矯正歯科センターの関連記事

大阪矯正歯科センターの関連記事

illust1254_thumb

矯正治療をして、よく噛めるようになると、唾液の分泌量が増えます。
唾液の分泌量が増えると、どのようなことが起こるのかを検討した論文があります。

1.食べ物を食べやすく、飲み込みやすくする

唾液中の水分により、食べ物を湿らせ、噛みやすくします。
また、ムチンや高プロリンたんぽく質のネバネバした働きで、食塊をつくり、飲み込みやすくします。

2.グルメになれる

味を感じる味蕾は、一度唾液に溶けた状態で味物質に反応するので、
唾液の分泌量が低下すると、食べ物の味がわかりにくくなります。
テレビのグルメ番組に出てくる芸人や俳優さんが、料理を口に入れたあと、
一呼吸おいてから、ウンチクをたれるのは、このためです。

3.ダイエットの効果があります

太る原因のひとつとして、「よく噛まない」ことがあります。「よく噛まない」ことの原因は、
よく「噛めない」ことが多いのです。よく噛まなければ、当然食事量が増えます。
だから太る。のくり返しの結果、ついに肥満ということになってしまいます。

では、よく噛むと、どうしてダイエットの効果があるのかというと、
脳のなかに満腹感を起こす物質(ヒスタミン、コレシストキニン、FGF)が産出されるからです。
要するに、よく噛んで食事をし、これらの物質が早く脳に出てくるようにすることが、
究極のグイエットであるといえるのです。

2014年6月20日


illust1252_thumb

「笑」は、人と人とのコミュニケーションの第一歩となります。

明るく笑えなければ、「明るい心」は得られないのです。
このことを考えると、歯が占める脳の中の意識の割合は、非常に大きいといえます。

また肩こりや頭痛のもとになることもあります。
歯並びを治したら、長年悩んでいた肩こりや頭痛が治ったという話は多くあります。

歯並びが悪いことは、食べ物をよく噛めないだけでなく、肩こりや頭痛の原因になることも多いのです。
もちろん他の原因もありますし、特に頭痛などは、さまざまな原因が考えられます。

歯並びが悪いと、当然ながら咬み合わせが悪くなります。
咬み合わせが悪いと、よく噛める場所を探して、いろいろなところに顎を動かします。
その結果、顎や首・肩の筋肉が無理な動きをしてしまい肩こりや頭痛が起こるというわけです。
ひどいときには、肩こりだけでなく、背中、腰、首、頭のバランスを崩してしまいます。

大人になってから治すのは、とてもたいへんです。歯にブラケットをつけることが好きな人はいません。
ブラケットをつけている期間は、短いに越したことはないでしょう。

それには、歯が顎の中を動く速度(骨の変化)が速い時期ほどよいわけです。
つまり、子どものころです。骨の変化は、成長期の子どものほうが、大人より数倍速いのです。
さらに、子どものうちであれば、顎の成長を利用した、効果的な治療が可能となります。
 

2014年6月19日


illust1447_thumb

歯ならびが悪いと、もちろんよく噛めません。だから当然身体によくありません。
野生の動物では「噛めない」ということは即、「死」を意味します。
歯が折れたり、抜けたからといって、彼らは歯科医に行って「入れ歯」や「ブリッジ」を
入れてもらうわけにはいかないのです。

声がもれてしまい、言葉が正しく話せなかったり、きれいに歌を歌えない
ひと昔前までは、入れ歯が合わなくて、フガフガして、なにをいっているのかわからない人を
よく見かけました。歯科医学の進歩と経済が向上したことで、最近あまり見かけなくなりました。

しかし、たとえよくできた入れ歯でも、それを外してしまうと、やはりフガフガです。
たとえば前歯が欠けてしまうと、うまく話せません。もちろん歌を歌っても歌詞が聞きとれません。
これではカラオケボックスもあがったりです。

本当に言葉をたいせつにしているプロの人や一流の歌手は、
「歯ならびが命」であることを、十分認識しています。

歯ならびのことが気になって、「明るい心」の邪魔になる。
健康とは、身心ともに健やかであることが大切です。
とは、よくいわれますが、身心ではなく、心身といってもよいかもしれません。

「心のケア」が「身体のケア」と同じように必要だからです。
ただ、「心のケア」をするためには「身体のケア」も同時に必要となります。

2014年6月18日


illust1441_thumb

悪い歯ならびはなぜいけないのか。マイナス面について説明していきます。

1.まず、うまくブラッシングできないので虫歯になりやすい。

歯並びがデコボコしていると、ブラシの毛先が縮かいところまで届きません。
その結果、あちこちに磨き残しや歯垢が溜まってしまいます。
正確にしようとすると、正しい噛み合わせの人の場合より、三倍も時間がかかってしまいます。

2.歯ぐきが病気になりやすいので、口の中が臭くなる

歯ならびが悪いとプラークがたまり、虫歯だけでなく、歯ぐきの病気にもかかりやすくなります。
ブラッシング不足のため歯肉が腫れたりもします。こうなると、歯のまわりの骨(歯槽骨)が徐々にに溶けて、
歯がグラグラしてしまいます。同時に、歯肉から歯周病特有の臭いがします。
こうなると、デートをしても「口が臭い」と嫌われてしまいます。

あの天下の二枚目クラーク・ゲーブルは、歯周病だったらしいのです。
もっとも被害を受けたのは、相手役のビビアン・リーでしょう。
キスシーンをとるたびに、クラーク・ゲーブルの口が臭くて、
死ぬような思いをしたらしいです。こうなったら天下の二枚目もかたなしです。

3.食べ物がよく噛めないので、身体によくない

私たちの身体を維持している源は、食べ物です。
食べ物は消化吸収されて、はじめて栄養源となります。その最初のステップが
「噛む」ということです。噛むためには、歯が丈夫でなくてはなりません。

2014年6月17日


staff-hitomi006

歯列矯正が必要になってくる人はさまざまです。

前歯が二本、ビーバーのようにつき出ている人は矯正治療が必要です。
ここまででなくとも、ふつうにしていても上と下の何か閉じられない人。
何を閉じようとすると、自然に何のまわりの筋肉に力が入ってしまい、顎に梅干しができる人。

横から見て、上の前歯の先と下の前歯の先が五ミリメートル以上も離れている人や、
その間に親指の先が入ってしまう人です。
 
受け口の人。プロレスラーのA氏や、作家のE氏、柔道のY氏のような顔や口元、
しゃべり方とまではいかなくても、横から見て、上の前歯の先より下の前歯の先のほうが前にある人です。
しゃべるときに、前歯がモゴモゴしているように見えます。

大人ばかりでなく、乳歯のときにも見られますが、大人になるにつれて自然に治ると思って、
放っておかれることも多いようです。
いろいろなタイプかおりますが、それぞれ矯正治療によってきちんと治療することができます。

日本のテレビに出る芸能人は、歯ならびの悪い人間犬集合のようです。
以前よりは多少ましになったと思いますが、まだまだ大勢います。

スタイルも顔もよいのに、アップになると歯の凸凹が目につく女性タレント。
とくに犬歯が目立つ人が多いようです。

歯は上顎、下顎ともにアーチ型に並ぶことになっています。
このほうが、機能的にも美的にも調和がとれ、バランスがよいのです。

しかし、いろいろな理由から、そのバランスが崩れ、ねじれたり、回転してしまうことがあります。
上と下の前歯の中心が、大きくずれている人。
人間のからだは、一部の器官を除いては、基本的に左右対称にできています。
歯の数も上下左右では同じです。

もし頭の骨と上顎、下顎のなかで、バランスよくすべての歯が並んだとすると、
上と下の前歯の中心は、ぴったり合うはずです。

2014年6月16日



PAGETOP