9月 | 2014 | 大阪矯正歯科センターの関連記事

大阪矯正歯科センターの関連記事

illust2157_thumb

矯正治療においては、ブラケットやワイヤーなど、機能的な装置を使うだけではありません。

その治療の一つに、タング(舌)トレーニングがあります。歯並びが悪くなる原因の一つに、舌の癖があります。

舌を前や横に押し出す癖です。これにより上下の前歯の間にスペースが生じます。舌のような柔らかいもので、そんな事が・・・?と思われるかも知れませんが、舌の力は、かなり強いものなのです。

人は、唾液や食べ物を飲み込んだりすることを、1日2000回位おこないます。舌に悪い癖があると、そのたびに舌で歯を前に押していることになります。

また舌は全部筋肉でできているので、鍛えることができます。鍛えるには、トレーニングが必要になるわけです。

正しい位置は、上顎前歯の裏側あたりの口蓋にあるのが正常な位置です。トレーニングについては、「癖を直す」ということが前提になるわけですから意識して、正しい位置に当てるようにしてください。

ご自宅で可能なトレーニング法については、口を少し開け、上下の口唇で前歯を覆うように伸ばし「パンっ!」と音を鳴らします。

力を抜いて少し休み、もう一度伸ばして「パンっ!」これを繰り返してみましょう。20~30回を1セット、1日3セット、トレーニングしてみましょう。

2014年9月9日


シニア人口の増加に伴い、シニア向けの美容サービスが人気です。
実際に、美容外科では50歳以上の患者さんが全体の30パーセント近くおられるそうです。

きれいでありたいという願望はシニアの間でどんどん強まっていくようです。
周囲を見渡しても、シニアの方は子育てが終わって生活に余裕が出てきて、若い頃には味わえなかった自由を満喫しておられる方が多いです。

特に定年後の方や年金生活の方は、ご夫婦での旅行に飛び回っておられる方も多く、うらやましい限りです。
そんな方々にお話を伺うと、歯医者にもしっかり通っておられます。

かかりつけの歯医者さんがあるのはもちろんのこと、60代になってから前歯の矯正を始めて、今は前歯の裏側に後戻りを防ぐための小さな装置をつけておられる方もおられました。その方は身体が弱く骨ももろそうな印象の方なのですが、問題無く矯正出来たようです。
35p-16
40代以降の方からのメールや電話での相談で良くいただくのが、「矯正したいのですがこの歳ではもうむりでしょうか」という内容のものですが、健康な方であれば可能な場合が殆どですので、一度来院されての無料初診カウンセリングをお受け下さいね。
幾つになっても思いきり笑えて、何でも好きなものを食べられる・・そんな生活を堪能している方は、案外多いのです。

「今日は残りの人生で一番若い日」という言葉もありますから、「もう歳だから・・」などと思わず、まずは初診カウンセリングにお越しくださいね。

平日の午後、土曜日は予約が込み合っていることが多く、ご希望の日をお取り出来ないかもしれませんが、昼間の時間帯や少し先のお日にちならご予約いただけると思います。

2014年9月8日


job_joi_yakuzaishi今までに大阪矯正歯科センターで多くの患者さんが歯列矯正の治療を受けられました。
前歯数本だけの部分矯正の方から、全顎の治療が必要な方まで、様々な治療を行いました。

治療前に無料初診カウンセリングを受けていただき、患者さんからお悩みをお聞きするのですが、その内容もお一人おひとり様々です。

口元の見た目にとてもコンプレックスを持っている方もおられますし、ご自分ではそれほどと思っていないのに、お友達から指摘されて慌てて矯正を決められた方もおられます。

矯正医としては噛み合わせがとても重要と思っていますが、患者さんは歯並びを良くすることでご自身の見た目を美しくしたいというのが目的の方が大部分です。
もちろん見た目が美しく変わることは歯列矯正の醍醐味ですので、とことん歯並びの美しさ(=容貌の美しさ)を追求していきたいと思います。

kyousei02

機能面でのお悩みで多いのが、前歯で食べ物が噛み切れないとおっしゃる方です。
噛み合わせが深い方、前歯が出ている方がこのパターンに当てはまります。
骨に問題がなければ、確実に治りますのでご安心くださいね。

色々とお話していただくことが、良い治療に繋がりますので、治療前や治療中に気づいたことはどんどんお話ください。
治療前のコンプレックスや悩みが完全に解決されるよう、がんばって治療いたします。

2014年9月7日


shopping_l
矯正治療をされる方には、治療前と治療後の写真を撮らせていただいています。
お顔を前から、横から撮影し、お口の中も様々な角度で撮影して記録します。
治療途中でも随時お口の中の写真は撮らせていただき、治療が終わった時点では、お口の中の写真に加えて、お顔の写真も撮らせていただきます。

そして治療前と治療後のお顔の写真を見比べてみると、歯並びが整ったことで口元がきれいになるのはもちろんですが、何とお顔がほっそりしてキレイになられていたり、ヘアスタイルがより似合っていたり、服装の好みまで変わっている方が多いのです。

歯並びがキレイになったことで、顔立ちも美しくなり、ご自身の髪型や服装に気を配るようになり、おしゃれが楽しくなるようです。
これは女性にとっては本当にうれしい変化ですよね。

 

大阪矯正歯科センターには6つの歯科医院がありますので、私が直接お会いしていない矯正患者さんも大勢おられます。
その方たちの治療前治療後のお写真を拝見する機会があると、皆さんが、本当にびっくりする程変わられています。

治療前は治療に対する不安があるのか、少しこわばった感じのお顔の方が多いのですが、治療後のお写真では本当に明るい綺麗な笑顔になっています。

治療中は、痛かったり、歯磨きがしづらかったり、またはマウスピースの方は飲食の時にいちいち外すのが大変だったり、お一人おひとり様々なご苦労があったと思います。
しかし、この変わりようを目の当たりにすると、矯正してキレイになられてよかった!と思います。

これから歯並びの治療をお考えの皆さん、治療が進むにつれ、美しく変化していくご自身の姿を、楽しみにしていてくださいね。

2014年9月6日


nurse_man_idea

自分では治療をする程ひどいとは思っていなかったのに、他人から出っ歯だと言われて歯並びを気にするようになって相談におみえになった方もおられます。

ご本人が感じていない程度でしたら治療するほどでもない場合が多いのですが、出っ歯と言われたご本人にとっては、大変な問題です。

例え1ミリでも前歯を引っ込めたいと思われるのも無理はないと思います。何よりも、歯が気になりだした途端に自分に自信が持てなくなって今までのように笑えなくなってしまうということが、大問題ではないでしょうか。

kyousei03

軽度の出っ歯の方で噛み合わせに問題がなければ、歯を軽くスライスして前歯だけにワイヤーを付ける部分矯正で治療を行うと、半年程度で歯は引っ込みます。歯全体を動かす全顎矯正に比べれば、期間も短く費用もかなり抑えられます。

このように医師から見て治すほどではない場合も、患者さんがぜひにとおっしゃる場合は、ほんの少しだけ歯を引っ込める部分矯正を行います。
部分矯正は、歯がきれいに並んでいて奥歯には全く問題がない場合に適応されます。

軽度の出っ歯でも、歯が重なっていたり斜めになっていたりした場合は、全顎矯正になる場合もあります。治療方法はお一人おひとりの歯の状態によって変わりますので、歯並びが気になる方は無料の初診カウンセリングをお受け下さい。

その際に、矯正の専門医が歯の状態を実際に拝見して、見た目の美しさ、咬み合わせの点から治療方法をご提示します。
実際に治療に入るかどうかは、その結果をご覧になってから決められますので、初診カウンセリングは歯並びについての相談だと思ってお気軽にご予約ください。

お電話でのご予約の方は、ご予約の際に「無料の矯正の初診カウンセリング」をご希望されていることをおっしゃってくださいね。

2014年9月5日



PAGETOP