固定 (Anchorage)2 | 矯正歯科コラム

矯正歯科コラム

固    定 (Anchorage)2

3.種   類

固定はいろいろな観点から分類され、命名されています。ここでは部位による分類、抵坑の性質による分類、抜歯空隙利用のための分類について述べます。

1.部位による分類

固定はその固定源となる部位によって次の3つに分類されます。

1)顎内固定(lntramaxillary anchorage)
2)顎間固定(lntermaxillary anchorage)
3)顎外固定(Extraoral anchorage)

1)顎内固定
抵坑源となる歯が移動される歯と同じ顎内にある場合を顎内固定といいます。たとえば、舌側弧線装置に補助弾線を鑞着して歯を移動する場合を考えると、舌側弧線装置の維持歯である第1大臼歯は固定歯となります。また第1小臼歯を技去して犬歯を遠心に移動させる場合のセクショナル・アーチも、第2小臼歯、第1大臼歯を固定歯とした顎内固定です(図14-4)。

p251_01

2)顎間固定

歯や顎を移動させる場合にその抵坑源を対顎に求めた場合を顎間固定といいます。これは通常上下顎のアーチをゴムリングで連結して行われ、そのゴムリングの牽引の方向によって次のように分類されます。

1)Ⅱ級ゴム、 2)Ⅲ級ゴム, 3)垂直ゴム

(1)Ⅱ級ゴム

上顎歯列弓のほぼ犬歯部から、下顎大臼歯部に向かってかけられるゴムリングで、上顎前歯の舌側移動、下顎の近心移動、上顎大臼歯の遠心移動などに用いられます(図14-5A)。

(2)Ⅲ級ゴム

下顎歯列弓の犬歯部から上顎大臼歯部に向かってかけられるゴムリングで、下顎前歯の舌側移動、下顎の遠心移動、下顎大臼歯の遠心移動などに用いられます(図14-5B)。

(3)垂直ゴム

上下顎間に上下的に大体垂直になるようにかけられるゴムリングで、開咬の治療などに用いられます。また、鋏状咬合の治療に用いられる交叉ゴム(cross elastics)も垂直ゴムの一種です(図14-6)。
このほか三角形、四角形などにゴムリングを緊張する場合もあります。

p252_01

2014年12月23日



PAGETOP