固定 (Anchorage)3 | 矯正歯科コラム

矯正歯科コラム

固定 (Anchorage)3

3.種   類

1.部位による分類

3)顎外固定
歯や顎を移動する場合の抵抗原を口腔外に求めた場合を顎外固定といいます。通常、その抵抗源は頭部か頚部に求められ、この場合の抵抗源は口腔内にある場合より強固で、作用される領域に強い力を加えることができます。影響を受ける部分は歯のみにとどまらず、周囲の骨にも作用して、いわゆる整形力(orthopedic force)となり得ます。主なものとしてヘッド・ギアーと順帽装置が挙げられます。

(1) ヘッド・ギアー(Head gear)

通常、フェイスボウとヘッド・キャップまたはネックバンドから構成されます。フェイスボウは内線(inner bow)と外線(outer bow)とからなっており、内線の先端の近くには止めをつくり、大臼歯バソドに付けられた頬面管内へそう人します。外線の先端は曲げられており、その部とヘッド・キャップまたはネックバンドとの間をゴムで牽引することによって、大臼歯を遠心に移動させるような力を与えます(図14-7)。

p253_01

これは大臼歯を遠心に移動させる目的から、さらに拡大されて、上顎骨の前方成長を抑制するはたらきをもちます。ヘッド・キャップの形態はその牽引方向によって種々のものがあります。すなわち、垂直牽引(vertical pull)、上方牽引(high pull)、水平牽引(straight pull)、下方牽引(low pull)などがあります(図14-8)。

p253_02

(2)頤帽装置(Chin cap)

オトガイ部に頤帽をあてがい、頭部のヘッド・キャップを抵抗源として、下顎頭の方向へ牽引することによって、下顎の成長を抑制しようとする装置のことです(図14-9)。
また、頤帽装置の応用として後頭部とオトガイ部と2つの抵抗源をもった後頭オトガイ部固定装置があり、後頭部を抵抗源として下顎の成長を抑制する一方、オトガイ部を抵抗源として上顎を前方へ牽引し移動させようとします(図14-10)。

p254_01

2014年12月25日



PAGETOP