固定(Anchorage)7 | 矯正歯科コラム

矯正歯科コラム

固定(Anchorage)7

3.種   類

3.抜歯症例における抜歯空隙利用のための固定の分類

抜歯症例においては技術空隙が正しく利用されるような固定源が選ばれなければなりません。そして、抜歯によって得られた空隙を閉鎖するのに前歯および犬歯を遠心に移動させる距離と臼歯を近心に移動させる距離の割合が治療方針どおりに遂行されなければなりません。そのために、下顎臼歯の近心移動の抜歯空隙への許容量によって次のように分類されます。

1)最小の固定(Minimum anchorage)
2)中等度の固定(Moderate anchorage)
3)最大の固定(Maximum anchorage)

p258_01

1)最小の固定

最小の固定とは通常臼歯が抜歯空隙の1/2またはそれ以上近心に移動することが許容されます。一例として、I級の最小の固定の症例においては、犬歯間の排列を行うことが主な仕事となり、通常加強固定を使用する必要はありません。

2)中等度の固定

中等度の固定とは臼歯の近心移動の許容量が抜歯空隙の1/4~1/2の範囲である場合をいいます。Ⅱ級の中等度の固定の症例は最も典型的な治療例です。上顎大臼歯の位置を保持してⅡ級関係を改善しやすくするための加強固定としての顎外固定と、下顎臼歯の近心傾斜を防ぐための準備固定、tip back bend、lip bumper などが使用されます。

3)最大の固定

最大の固定とは、抜歯空隙の1/4以上に臼歯の近心移動が許されない症例です。したがって強力な顎外固定や準備固定が要求されます。
臨床的には、おのおのの症例に応じた固定の重要さを認識して、その固定が治療目的沿って維持されているかどうかに十分な注意を払わなければなりません。歯は常に近心移動の傾向があり、わずかな固定に対する不注意から、固定の破壊・喪失(anchorage loss)をおこし、空隙の不足に悩まされることがあるので、治療中に最大の考慮を要求されます。

歯を動かすためには固定源が必要で、どのように歯を動かすかによって固定の種類が変わることがわかりました。

次は矯正治療を実際に始める前に、歯科医院でどのような検査をするのか、見ていきましょう。

2015年1月7日



PAGETOP