矯正治療の開始時期-2.なにをいつ始めるか-2 | 矯正歯科コラム

矯正歯科コラム

矯正治療の開始時期についてのお話を続けていきます。混合歯咬合前期に開始すべきものとしては次のような症状をもつものがあげられます。

1)大きなOverjetをもつもの

主として上顎前歯の前突によるもので、前突があることによって口腔周囲筋が異常な行動型をひきおこされているような場合で、外傷もうけやすいし心理的な影響も無視できない。
この場合にはoverjetを正常に導くことが主眼であり、症例によっては「連続技去法」にゆだねる方法を採用することも考えられます。

2)前歯の反対咬合

この場合も反対咬合であることによる上顎に対する機能的な影響を排除することに主眼をおきますが、単に前歯の反対咬合といってもかなり複雑な原因によって引き起こされているものもあれば、単なる歯槽性の位置異常によるものも存在します。1歯の反対咬合といっても前歯の中の1歯か、1歯萌出のものが反対咬合なのかによっても、その質はかなり異なります。とくに側切歯をも含めての反対咬合であれば、かなり慎重な鑑別診断を必要とすると共に、様々な診断の補助資料を集めての検討が要求されます。前歯のみの反対咬合という症状だけで安易に治療を開始することはできません。

3)歯の位置異常があるために隣在する歯や対合歯の萌出に影響を及ぼすような場合

主として歯槽性の移動によって解決がつく症例です。
たとえば著しい正中離間があって側切歯の萌出に障害となるような場合や、乳歯の脱落や抜去によって得られた空際を有効に利用するために1、2の歯を歯列弓内で移動を必要とする場合で、これらは簡単な装置をつけることによって矯正できます。治療開始時期が遅れれば遅れるほど、治療効果は減少しますので、なるべく早く治療を始めることが必要です。

4)不良習癖の除去

歯並びを悪くする癖というものがあります。混合歯咬合期に至っても不良習癖が治っていない場合は、この期に治してしまうことが望ましいと考えられます。
この時期になれば、患者さんに対する説得がかなり有効になります。患者さん自身も習癖の除去についての必要性を自覚しているため、防止装具の使用も抵抗もなく受け容れていただけることが多いです。とくに異常嚥下癖のようなものは、この期に改善をしないと、もっと後になってなおすのはかなり困難です。

5)顎関係の異常

この時期に上下顎の異常な関係を改善した方がよいかどうかについては、歯科医師の間でも意見がまちまちです。
この時期にいわゆるskeletal pattern の改善ができると考える歯科医師は、アンダルⅡ級1類の症例に対して、顎外固定法を用いて上顎の成長抑制や第工大臼歯の遠心移動を行って、のちに続く思春期の下顎の成長をまって完成しようと試みています。
咬合の挙上は混合歯咬合の初期ではよい効果が得られないとされていますので、下顎前突の症例については乳歯咬合期から引きつづいてchin cap を併用することが望ましいでしょう。

6)交叉咬合

この時期の交叉咬合は下顎の構造的な非対称性の成長などによるものはまれで、主に機能的な下顎の側方偏位によるものです。上顎の狭窄(主として指を吸う癖による)によるものは、乳犬歯部や乳臼歯部の咬頭干渉を生じやすく、そのために咬合時に下顎が側方に偏位をすることが多いです。咬頭頂の削成や、歯弓拡大などによって比較的簡単に矯正が出来ます。交叉咬合は治療時期を遅らせると構造的な異常をおこしやすいため、早期の処置が要求されます。

混合歯咬合後期

側方歯群の交換期は限局矯正として開始されるというよりは、永久歯咬合矯正治療にそのまま移行することが多いために、永久歯咬合矯正と考えられます。とくに第2乳臼歯がやがて交換を始めようとする時期は開始時期としては適切で、第2大臼歯の萌出期に下顎の前後的成長を期待できるので、咬合挙上,顎関係の異常なども改善し得る機会です。
この期の矯正の利点は思春期には成長発育が利用でき、また個成長の特性もつかみやすい時期でもあります。矯正のための装置も様々な種類が開発されており、それぞれの装置が大勢の患者さんに使われていることから、治療方針をたてることも容易であり、能率的な治療を行うことができます。また患者さんの協力も得やすく治療開始後に学業などによる脱落も少ない時期です。

成人矯正(Orthodontic treatment for adults)

永久歯咬合に対する矯正の場合、青年期をすぎた患者さんはもはや顎の成長発育は望めませんので、その矯正は歯槽骨内の歯牙移動に限定されます。この期では歯科の他領域との提携で口腔外科、歯周病科、補綴科などの作業の前準備的な歯牙移動が要求されることが多くなります。

 

このように、不正咬合を典型的なパターンに分けることによって、最適な矯正治療開始時期が決まります。矯正治療を専門的に行っている歯科医師が、患者さんの状態を見て判断いたします。

 

2014年11月27日



PAGETOP