矯正治療に必要な器具および材料-15 | 矯正歯科コラム

矯正歯科コラム

矯正治療に必要な器具および材料-15

2. 矯正用材料(Orthodonic materials)

7.その他の補助的な矯正用材料

矯正用材料はinch(ィンチ)とmmとを混同して使用するのでこれの換算表を表16-1に示します。

p302_01

11)エィラスティク(Alastic)
矯正用材料学の進歩にともない、有機合成分子材料も広く応用されるようになりました。従来のゴムと同様の目的で使用したり、同じく結紮用として用いられるものにAlastic(Unitek社製)、およびPOWer hnks,Power chain(Ormco社製)などがあります。

12)ダイレクト・ボンディング(Direct bonding)
最近、矯正用アタッチメント(bracket、buccal tube、lingual button、lingual bar、など)をバンドを介在することなく、歯面に直接接着させて治療する方法(direct bonding)が種々発表されています。接着材はアルキルボランを触媒としたMMA系即硬性レジンです。

アタッチメントはプラスチック製(アクリル、ポリカーボネイト)と金属製のものとがあり、前者は接着材と化学的に結合して、レジン・アタッチメントが一体構造になるものであり、後者は物理的にのみ接合するため、接着効果を高めるためには網目状の金属ベースを必要とするものです。

2015年6月9日



PAGETOP