矯正治療に必要な器具および材料-19 | 矯正歯科コラム

矯正歯科コラム

矯正治療に必要な器具および材料-19

3. 矯正治療に必要な力学

2) 弾性限度と熱処理

治療計画に従って、1本のワイヤーを屈曲して、種々な形態のループを形成することが多くあります。

この場合、術者が曲げやすいためには、弾性限度は低いほうがよいとされます。弾性限度が低いと、屈曲の際に術者がワイヤーに加える力は比較的小さくても、弾性限度を容易に越えて永久変形の領域に入りやすく、屈曲後も永久変形が残るため、ループ状の形態がくずれません。

一方、歯の移動に際して長期間にわたってワイヤーから合理的な矯正力を得るには、弾性限度は逆に高いほうが望ましいとされています。すなわち、弾性の範囲が広くなると、ワイヤーの弾力性が増大します。

さらに治療途中、咀嚼や会話などによって,、ワイヤーには種々な外力が加わり変形する機会が多くなります。このような変形に対する抵抗を増す意味からも、弾性限度は高いほうがよいといえます。

このように、ワイヤーの屈曲時と矯正力の発現時とでは、弾性限度の高低に対する必要条件が全く逆の関係になります。そこで、矯正用ワイヤーとしては、同一ワイヤーで弾性限度を自由に変えられるものが望まれます。

臨床上、このことは熱処理により解決できます。elgiloyやresilient wireでは、屈曲時に比較的柔らかく、種々の形態のループを形成しやすいものが、熱処理によって硬くなり、弾性限度が上昇するため、弾性の範囲が拡大し、矯正力の発現には、極めて都合のよい状態になります。

2015年7月2日



PAGETOP