矯正装置の種類とその使用法(Orthodontic appliances)13 | 矯正歯科コラム

矯正歯科コラム

矯正装置の種類とその使用法(Orthodontic appliances)13

[1] 固定式装置(Fixed appliance)

2.舌側弧線装置 (Lingual arch appliance)

4.装置の製作順序
8)補助弾線の鑞着屈曲

補助弾線の鑞着操作は、作業模型上ではなく、いわゆる自在鑞着という手技を用いフリーハンドで行います(図17-26)。補助弾線が過熱されて弾性を失われぬよう鑞着操作は手早く行います。弾線の屈曲は、目的に従ってその形を選び、移動しようとする歯の歯頸部に的確に接していなければなりません。

 

p325_02
9)研磨

硼砂膜や酸化膜を切下げで十分におとしてから、補助弾線、維持弾線などの形を損じないよう注意深く研磨します。図17-27は、研磨し、完成した舌側弧線装置を示します。

 

p326_01

〔症 例〕
ここで実際に舌側弧線装置だけを用いて治療を終了した症例を示します。初診年齢12歳1カ月の女子で、主訴は上顎左右側側切歯の舌側転位で来院。側切歯の唇側移動をはかるため,、2本の複式弾線を用いた固定式舌側弧線装置を装着(図17-28A)。動的治療期間は3カ月で、その間補助弾線の調節を2回行いました。また、保定装置として、図17-28Bに示すような固定式舌側弧線装置を用い治療を終了した症例でし。図17-29は、本症例の治療前後を石膏模型で示したものです。

 

 

p326_02

p327_01

 

 

2015年11月12日



PAGETOP