矯正装置の種類とその使用法(Orthodontic appliances)18 | 矯正歯科コラム

矯正歯科コラム

矯正装置の種類とその使用法(Orthodontic appliances)18

[1] 固定式装置(Fixed appliance)

3.双線弧線装置(Twin-wire appliance)

2.双線弧線装置の構造

この装置は構造的には全帯環装置に類似していますが、大きく分けると次のようになります。

1)双線弧線(Twin-wire)
2)エンドチューブ(End-tube)
3)頬面管(Buccal tube)
4)ブラケット(Bracket)
5)舌側弧線装置(Lingual appliance)
6)コイルスプリング(Coil spring)
7)その他

1)双線弧線(Twin-wire)(図17-39B)

この装置の主線であり、その名の示すように、0.20~ 0.25mmの弾性の強いワイヤーで、一般に2本のstainless‐steel wtteが使用されます(図17-34)。この2本のワイヤーは次に述べるエンドチューブによって左右を保持され、1本の主線を構成します。ワイヤー自体は直線でエンドチューブが頬面管にそう入され弧状の形態をとります。

双線弧線は結紮あるいはカバーによって不正状態に歪み、この歪みが元へ復元しようとするとき、弾性力が生じこれが矯正力となって歯牙移動が行われます(図17-33、34)。

p332_01

p333_01

2)エンドチューブ(End-tube)(図17-35B)

2本の主線を保持するもので、内径0.5mm、外径0.9mmのチューブで、長さ25~30mmあります。これには顎間、顎内ゴムなどの使用目的でフックが鑞着されたり、コイルスプリングなどが入れられることもあります(図17-35B、D)。
主線の保持の方法としてストレッチャーを使用します(図17-39B)。

2015年12月17日



PAGETOP