矯正装置の種類とその使用法(Orthodontic appliances)28 | 矯正歯科コラム

矯正歯科コラム

矯正装置の種類とその使用法(Orthodontic appliances)28

[1] 固定式装置(Fixed appliance)

2.全帯環装置

1. Edgewise法およびその装置(Edgewise mechanism)

1.Edgewise装置

このtwin bracketはsingle bracketよりかなり遅く、1950~1960年にかけて開発されたものです。これはlight forceの利用、歯の歯体移動性の考慮、技術の改良などから生れたものです。

しかし両種にはそれぞれの特徴があり、またSystemに従った治療段階をもっているので、どちらも捨てがたく、結局は矯正医の選択によるということになります。

ここでブラケットの種類について少し述べてみます。
ブラケットは大きく分けてsingle bracketとtwin bracket(siamesc)とに分けられます。

Single bracketには0,050″(0,050インチ)と0.100″のものとがあり、これらをそれぞれsingle width bracket(anterior,regular)、double width bracket(posterior)と呼んでいます。

またtwin bracketにもいくつかの種類があり、下顎切歯に使用する小さいサイズのものから、下顎第1大臼歯および上顎中切歯に使用する大きいサイズのものがあります。

それらはjunior twin bracket(narrow twin)¨0.080″、intermediate twin bracket(medium twin)..0.100″、standard twin bracket(wide twin)..0.135″およびextra wide twin bracket…0,180″などですが、名称はもちろんのこと大きさについても製造会社によって相違があります。

最後臼歯につけるbuccal tubeにはrectangular tubeがあり、headgearを使用する場合にはcombination tubeを使用しています。

2016年2月25日



PAGETOP