矯正治療と組織変化 2.歯の移動と組織変化 -10 | 矯正歯科コラム

矯正歯科コラム

矯正治療と組織変化 2.歯の移動と組織変化 -10

3.顎の移動と組織変化

上顎歯列弓の拡大

現在、上顎歯列弓の拡大は、臨床的には2種の用途に大別されています。すなわちslow expansion とrapidexpansionと呼ばれるものがあります。

可撤式装置によるexpansionの場合には、歯と歯槽骨との間に主な変化が生じます。
固定式装置によるrapid expansion (拡大は1目に2×1/4回転程度)の場合には,正中口蓋縫合の離開と、この間際の化骨を主体とした上顎骨自体の拡大が期待されます。

拡大による縫合部の変化と、その後の経過についての実験結果を総合すると、一般に縫合部の間隙は、線維の牽引と離断および全面にわたっての内出血などの外傷性変化によって始まり保定5日目ごろには、すでに修復過程として、離開壁面に新生骨の添加が開始されます。

この部の化骨は針状骨梁の形成と、その増大および同時に進行する離開壁面にわたる骨の添加によって最終的な治療を迎えます(図13-22)。

p245_01

側方歯群では、圧迫側の骨の吸収と牽引側の線維の伸展で始まり、6週後では、骨の吸収や添加も進み安定した像となります。
拡大の影響を及ぼす範囲については、Starnbachは側方拡大の際に、鼻縫合、頬骨上顎縫合、頬骨側頭縫合の変化を認めていますが、小杉はこれに加えて切歯縫合、横口蓋縫合、切歯管、口蓋面あるいは鼻腔底、鼻中隔など、さらに蝶形骨、後頭骨軟骨縫合が開大されたとし、これは拡大中に上顎が下前方に移動するということと相関があるとしています。

0shimaによると、固定式装置によるrapid expansion の揚合には固定歯は傾斜し、slow
expansionの場合には歯体移動するから、初期混合歯列弓を拡大する場合、rapid expansion  よりslow expansionの方が好ましいと述べています。

歯やあごに力を加えることによって、周囲の組織がどのような変化を起こして歯が動くのかを見てきました。
次に、歯やあごの移動を行うための抵抗源についてご説明します。

2014年12月19日



PAGETOP