矯正治療の開始時期 | 矯正歯科コラム

矯正歯科コラム

矯正治療の開始時期についてのお話を続けていきます。混合歯咬合前期に開始すべきものとしては次のような症状をもつものがあげられます。

1)大きなOverjetをもつもの

主として上顎前歯の前突によるもので、前突があることによって口腔周囲筋が異常な行動型をひきおこされているような場合で、外傷もうけやすいし心理的な影響も無視できない。
この場合にはoverjetを正常に導くことが主眼であり、症例によっては「連続技去法」にゆだねる方法を採用することも考えられます。

2)前歯の反対咬合

この場合も反対咬合であることによる上顎に対する機能的な影響を排除することに主眼をおきますが、単に前歯の反対咬合といってもかなり複雑な原因によって引き起こされているものもあれば、単なる歯槽性の位置異常によるものも存在します。1歯の反対咬合といっても前歯の中の1歯か、1歯萌出のものが反対咬合なのかによっても、その質はかなり異なります。とくに側切歯をも含めての反対咬合であれば、かなり慎重な鑑別診断を必要とすると共に、様々な診断の補助資料を集めての検討が要求されます。前歯のみの反対咬合という症状だけで安易に治療を開始することはできません。

3)歯の位置異常があるために隣在する歯や対合歯の萌出に影響を及ぼすような場合

主として歯槽性の移動によって解決がつく症例です。
たとえば著しい正中離間があって側切歯の萌出に障害となるような場合や、乳歯の脱落や抜去によって得られた空際を有効に利用するために1、2の歯を歯列弓内で移動を必要とする場合で、これらは簡単な装置をつけることによって矯正できます。治療開始時期が遅れれば遅れるほど、治療効果は減少しますので、なるべく早く治療を始めることが必要です。

4)不良習癖の除去

歯並びを悪くする癖というものがあります。混合歯咬合期に至っても不良習癖が治っていない場合は、この期に治してしまうことが望ましいと考えられます。
この時期になれば、患者さんに対する説得がかなり有効になります。患者さん自身も習癖の除去についての必要性を自覚しているため、防止装具の使用も抵抗もなく受け容れていただけることが多いです。とくに異常嚥下癖のようなものは、この期に改善をしないと、もっと後になってなおすのはかなり困難です。

5)顎関係の異常

この時期に上下顎の異常な関係を改善した方がよいかどうかについては、歯科医師の間でも意見がまちまちです。
この時期にいわゆるskeletal pattern の改善ができると考える歯科医師は、アンダルⅡ級1類の症例に対して、顎外固定法を用いて上顎の成長抑制や第工大臼歯の遠心移動を行って、のちに続く思春期の下顎の成長をまって完成しようと試みています。
咬合の挙上は混合歯咬合の初期ではよい効果が得られないとされていますので、下顎前突の症例については乳歯咬合期から引きつづいてchin cap を併用することが望ましいでしょう。

6)交叉咬合

この時期の交叉咬合は下顎の構造的な非対称性の成長などによるものはまれで、主に機能的な下顎の側方偏位によるものです。上顎の狭窄(主として指を吸う癖による)によるものは、乳犬歯部や乳臼歯部の咬頭干渉を生じやすく、そのために咬合時に下顎が側方に偏位をすることが多いです。咬頭頂の削成や、歯弓拡大などによって比較的簡単に矯正が出来ます。交叉咬合は治療時期を遅らせると構造的な異常をおこしやすいため、早期の処置が要求されます。

混合歯咬合後期

側方歯群の交換期は限局矯正として開始されるというよりは、永久歯咬合矯正治療にそのまま移行することが多いために、永久歯咬合矯正と考えられます。とくに第2乳臼歯がやがて交換を始めようとする時期は開始時期としては適切で、第2大臼歯の萌出期に下顎の前後的成長を期待できるので、咬合挙上,顎関係の異常なども改善し得る機会です。
この期の矯正の利点は思春期には成長発育が利用でき、また個成長の特性もつかみやすい時期でもあります。矯正のための装置も様々な種類が開発されており、それぞれの装置が大勢の患者さんに使われていることから、治療方針をたてることも容易であり、能率的な治療を行うことができます。また患者さんの協力も得やすく治療開始後に学業などによる脱落も少ない時期です。

成人矯正(Orthodontic treatment for adults)

永久歯咬合に対する矯正の場合、青年期をすぎた患者さんはもはや顎の成長発育は望めませんので、その矯正は歯槽骨内の歯牙移動に限定されます。この期では歯科の他領域との提携で口腔外科、歯周病科、補綴科などの作業の前準備的な歯牙移動が要求されることが多くなります。

 

このように、不正咬合を典型的なパターンに分けることによって、最適な矯正治療開始時期が決まります。矯正治療を専門的に行っている歯科医師が、患者さんの状態を見て判断いたします。

 

2014年11月27日


矯正治療の開始時期に関して、何をいつ始めるかという問題を取り扱うには、矯正治療を次のようなカテゴリーに分けて考えられています。

すなわち、
予防矯正        限局矯正治療
抑制矯正        広範囲矯正治療(永久歯矯正)

限局矯正は主として混合歯咬合期に適用されるカテゴリーですが、混合歯咬合はやがて永久歯咬合に移行するために、この両者の境界はややあいまいなものとなっています。限局矯正として開始したものも、やがては永久歯矯正に移行することもあります。限局矯正のみで終ってその後の治療が必要ない場合は、最も適切な時に治療を開始出来たか、または単純な不正であったということになります。

混合歯咬合期の期間はかなり長いため、便宜上これを初期あるいは前期(early mixed dentition)と後期(late mixed dentition)とに分けて考えられています。
患者として矯正歯科を訪れるのは、このうち前期のものが圧倒的に多く、永久歯に変わったときに現れる不正を主訴とすることが多いという特徴があります。

混合歯咬合期の特徴は、顔や顎の成長は中だるみの時期であるといえます。
Graberは混合歯咬合期の成長に関して「いままでの研究と臨床経験から,混合歯弓期の成長は後続する思春期の成長ほど大きな影響力を持たないように思う」と述べています。したがってこの期の矯正は、思春期成長に備えてできるだけ簡単な装置で歯槽性の移動を主とし、機能的な障害を除くことに主眼をおくことがよいでしょう。そして装置の装着期間もなるべく短期間で済むような方法を取り、永久歯咬合に移行するような長い治療になった場合はむしろデメリットが多いことに注意すべきです。

このように、人の歯は乳歯が永久歯に生えかわる仕組みになっているために、矯正治療を複雑なものにしていることがおわかりになると思います。小児矯正の場合の多くは、顎の成長を利用して歯並びを整えていくことになります。

 

 

2014年11月25日


矯正治療の開始時期においては、顔や顎の成長発育が大きく関係しています。

図12-1は身長および骨などgeneral type (成長発育の項〈19頁〉参照)と呼ばれる成長発育型の成長率をグラフにしたものです。

p222_01

幼年期、少年期、青年期それぞれの時期での成長率が異なっていることがわかります。

成長率は幼年期に急激な減少をみせますが、少年期では緩やかな減少に移行し、青年期で思春期の急激な増加と減少を伴って末期に向かっていきます。このことは幼年期と思春期には大きく成長発育がしますが、その反面少年期では成長発育はあまり急激な変化を起こさず、やや停滞気味になることを意味しています。

顎、顔面についても、このグラフからその成長発育の経過を知ることが可能です。しかしこの曲線はgeneral type の一般的傾向を示しているため、これをそのまま個体の成長にあてはめるわけにはいきません。一人ひとりの成長は、遺伝的な要素も関係しており、必ずしもこのグラフ通りの成長率になるわけではありません。

図12-2はMeredithらが行った顔の成長研究でnasal height (Nasion-Anterior nasal spine)とsubnasal height (Anterior nasal spine-Menton)との成長の比率をグラフにしたものです。

p223_01

男女55名について連続的な観察を行い、その結果得た値でこれを平均成長と呼びます。その資料として用いたもののうち、4つの個体について比率をもとめ、これをグラフに表したのが図12-3です。

p224_01

それぞれの個体がそれぞれのカーブを描き、平均成長のカーブとはかなりかけはなれていることがわかります。このことはつまり平均成長は個体の成長発育(個成長)とは必ずしも一致しないということで、多くの個体を統計的に処理して得た平均成長は、あくまでも一般的傾向を示すものとして理解しなければなりません。したがって平均成長は、個体差の著しい個成長を知る手掛りとしては不十分なものといえます。

成長発育を矯正治療に有効に利用するためには、治療前に、今後の成長発育がどの程度なのか、どの方向にそれがおきるのか、あるいはいつごろあるのかなどをあらかじめ予測することが必要ですが、前述したように、残念ながら個成長の変異があまりにも大きく、一人ひとりで異なっているために、現段階では成長予測はまず不可能ということになります。

しかも「矯正臨床家の当面する問題は、顔の成長パターンが普通とは違って、望ましくない方向に成長するような患者であって、だからこそ予測が不可能なのです」とMooreが述べていることは、この問題をさらに深く掘り下げたものといえます。

以上の観点からわかることは、早期治療を開始するときには、個体の個成長については未知のものがあるということです。
さらにヒトの歯が二生歯であることも忘れてはならない点です。乳歯が永久歯に変わる、歯牙素材が別個のものとなります。そして後継永久歯や大臼歯群の大きさの予測も、顎の成長の予測と同じくむずかしいことです。
以上のことをふまえたうえでの早期治療の目標をどこにおくかが主要な課題となります。

 

2014年11月25日


矯正治療の開始時期
(Age factor in orthodontic treatment)

矯正治療をいつ始めたらよいかという問題は、抜歯をするかどうかという問題と同じように、今日でもまだ歯科医師の間ではっきりと意見の一致をみていません。

治療を始める時期という、患者さんにとって大切な問題に関して、何故歯科医師の意見が分かれるのでしょうか。その理由はいろいろありますが、その一つは次のような考え方の違いがあるからです。

治療をできるだけ早く始めるべきだと考えている歯科医師は、不正咬合を一般の疾患と同じようにとらえています。つまり、「出来るだけ早く治療をすることが必要で、一番良いのは予防ができることである」という考え方です。一方、矯正治療を早く始めることに反対する歯科医師もおり、彼らは「顔や顎がどのように成長していくのか予測がむずかしいために、一人ひとりの顔や顎の個性的な成長がわかりやすい思春期や前思春期に治療した方がよい」という考え方です。

この二つの意見は真逆のように思われるかもしれませんが、患者さんの成長発育を考慮して結論を導き出しているという点では一致しています。

できるだけ早く始めるという意見の歯科医師は幼児期の活発な成長を重視しており、思春期成長を考慮して治療しようとする歯科医師は、その時期の成長を重く見ているということになります。

「いつ始めるか」ということだけに注目すると、このように意見が全くかみ合わないということが起こります。しかし、具体的な症例について話し合うと、「このような状態ならば治療は今すぐ始めず、成長を待った方が良い」「このような状態ならば、治療はなるべく早く始めた方が良い」と、かなり共通した意見が出てくるようになります。

従って、矯正治療を「いつ始める」ということだけを取り上げず、「このような不正咬合の場合はいつ治療を始めたらよいか」というように、具体的に取り上げることによって開始時期の決定が可能になります。

しかし、顎の成長をどの程度抑制あるいは促進できるかという問題については、開始時期ということ以外に、基本的な考え方の違いがあります。乳歯咬合期の初期に整形外科的な力を加えることで顎の成長を抑制したり、成長方向をコントロールできるという考え方の歯科医師がいる一方で、遺伝的な成長に関してコントロールするのは、そう容易いことではないと考える歯科医師もいます。

この両者の考え方をやや歩み寄らせた考え方が存在します。不正咬合の治療はそのような二者択一的なものではなく、乳幼児期から成人までの長い期間において、その時その時の不正状態についてしかるべき手をうつのが良いという考え方です。現在ではこれが最も妥当な意見とされています。

このように矯正治療においては顔や顎の成長発育が大きく関係しています。そのため、いつから治療を始めるかを決めるためにも、矯正治療の必要を感じたらすぐに矯正歯科を受診することをお勧めいたします。矯正歯科を専門的に行っている歯科医師は、様々な不正咬合の治療を経験してきていますので、実際に患者さんの歯を見ることと、必要ならばレントゲン撮影を行うことで、大まかな治療の道筋をご説明することができます。

 

2014年11月21日



PAGETOP