インビザライン 良かった事・残念だった事

こんにちは、くろ美です

年末ですね~。この前年明けたばかりなのに・・・と、思うほど月日の経過が早く感じます

前回ブログでインビザラインスタートしたところまでお伝えしましたが、少し早送りしまして現在装着してから2ヶ月を過ぎたところです。

インビザラインの良かったこと・残念だったことをまとめてみたいと思います。

インビザライン矯正をして良かったこと

①他人に気づかれない

ワイヤー矯正との大きな違いですね。透明のマウスピースなのでまったく気づかれずストレスがないです。

②アライナー(マウスピース)を取り外しできる。

食事はストレスなくとれますし、食後も歯磨きがガシガシできます。

歯の移動のため歯と歯の間を削ってスペースをつくるので、結構その部分には食物残渣が詰まっています。歯ブラシとフロスで綺麗にできるのは嬉しいですね。またアライナーも磨くことができるのでとても衛生的です。

③インビザライン認定医が多く常駐しているので安心。

治療の途中にアタッチメントが取れて付け直してもらったり、歯が動いて噛み合わせが変わり痛みが出てきた時に、すぐに認定医に診察してもらえたのですごく安心でした。

インビザライン矯正をして残念だったこと

①間食が出来ない。

たまにおやつが食べたくなるのですが、マウスピース外して歯磨きすることを考えると面倒くさくて我慢・・・これで痩せれたんですけどね

②ジュースやコーヒーやお茶が飲めない。

①とよく似た悩みですが、アライナー装着時に色が着いた飲み物や甘い飲み物を飲むとアライナー内に貯留するため着色しやすくなりますし、虫歯も誘発します。

なので、飲み物はお水と炭酸水です。これも結果痩せれるんですけどね

現在思いつくのはこんな感じです。また思いついたらご報告しますね。

では、皆様よいお年をお迎えくださいね