歯並びが悪いことによって身体に様々なトラブルが発生します

歯並びが悪いとなぜ悪い?

あなたはこんな症状ありませんか?歯並びや噛み合わせの悪さがいろいろトラブルのもとになっているかもしれません。

悪い歯並びによって起こるトラブル

心理面と機能面両方から、歯並びの悪い人がストレスや不安を感じています。


むし歯や歯周病になりやすい

歯並びがでこぼこしていると食べ物が挟まりやすかったり、歯が磨きにくいのでプラークや歯石がたまりやすくなります。

その中にいる細菌がむし歯や歯周病を引き起こす原因となります。

また、唾液には食事などによって酸性なった口の中を中性に保ち、虫歯や歯周病の進行を遅らせる働きがあります。

咬み合わせなどの問題から口が閉じにくい方は口の中が乾燥しやすいので唾液が口の中に行きわたらず虫歯や歯周病になりやすくなってしまいます。

うまく物を咬めない・食べられない

咬み合わせが悪いとうまく食べ物を噛み砕くことができません。細かく噛み砕けずに飲み込むと消化不良の原因となり、胃などの消化器官の負担も増えます。

正しい発音ができない

歯と歯の間にすき間があると空気がそこから抜けてしまったりすることで発音が不明瞭になります。特に受け口の場合はさ行やた行の発音が難しい場合があります。

肩こりを起こしやすい

咬み合わせが悪いと身体のバランスが崩れて筋肉が圧迫され、血流が悪くなることなどから肩こりや首のこりが起きやすくなります。

他人の視線が気になる

人前で笑う時に口元が気になって歯を見せずに笑ったり、手で口を隠してしまったり、写真を撮るのが嫌いになってしまったりします。

劣等感を持つ

容姿を気にしたり、自分に引け目を感じてしまうこともあります。

消極的な性格になってしまう

笑顔に自信が持てず思い切り笑えなかったり、人と話したり人前に出ることを避けるようになってしまうなど心理面の影響も出やすくなります。


悪い歯並び(不正咬合)を放っておくとどうなる?

悪い歯並びは見た目の問題だけでなく様々なところに影響があります。

歯並びが悪いまま放っておくと歯、歯ぐき、歯を支えている骨(歯槽骨)、あごの関節など全身への影響が出てきます。

歯並びは自分の歯をなるべく長く健康に保つことと深い関係があるのです。

歯並びが悪いと歯みがきがしにくい場所がたくさんあるので虫歯になりやすく、歯にプラークや歯石が付いたままだとその中にいる細菌が歯ぐきや歯を支えている骨に炎症を起こし、歯周病に進行していきます。

歯周病がさらに進行すると歯を支えている骨が溶けてしまい、最終的には歯を失ってしまうこともあります。

また、歯並びが悪く、歯と歯がうまく咬み合わないと噛む力のバランスも悪くなるので、たくさん力がかかっている歯と力がかかっていない歯が出てきます。

力が多くかかっている歯には骨にも負担が大きく歯周病へとつながることが考えられます。

一般的には30代〜40代には歯周病が進行し始めますが、歯並びの悪さや他の条件が重なったりするとさらに早まることもあります。

初診カウンセリング無料

まずは、無料電話相談を

Call:0120-505-589

相談受付時間 月〜日 9:00〜20:00

無料Web診断・無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします

初診予約はこちら 初診カウンセリングは無料です

無料初診のご予約はお電話かメールでどうぞ

LINEで無料相談

LINEで簡単に無料相談ができます!

▲PAGETOP