大阪矯正歯科センターのインダイレクトボンディング法(間接接着法)

インダイレクトボンディング法

より精度の高い矯正治療のために

矯正治療では、歯並びをきれいにととのえるために多くの場合ワイヤーを用いて歯を動かします。ワイヤーの力を歯に伝える装置をブラケットといい、ブラケットをどれだけ正確な位置に装着できるかによって矯正治療終了時の歯並びの仕上がりが決まります。

インダイレクトボンディング法(IDBS)では、まず患者さんの歯型を取ります。そして模型の上で正確にブラケットの位置を決め、配置していきます。その後、模型上で決めた正確な位置にブラケットを接着するためのトランスファートレーを製作し、ブラケットにボンディング剤を塗布し、歯に接着します。

インダイレクトボンディング法によって、患者さんのチェアサイドでの診療時間はかなり短縮出来るようになりました。
トランスファートレー

トランスファートレーを装着 トランスファートレーの除去

インダイレクトボンディング法のメリット

メリット1:模型上でおこなったブラケットポジショニングの再現性が高く、精度の高い仕上がりが期待できる。

ブラケットを装着するときに、見えにくい奥歯や歯の重なりやがたつきがある場合に、装着位置が多少ずれることがあります。インダイレクトボンディングの場合は模型上で正確に位置づけしてから専用のトレーを用いて歯に装着するため、位置がずれることはありません。

メリット2:チェアータイムが短縮できる。

あらかじめ正確な位置にブラケットを取り付けたトレーを用いるため、患者さんのブラケット装着時間が50%も短縮できます。そのため患者さんに長い時間大きく口を開けていただく必要がなくなりました。

メリット3:ブラケットが外れにくい

ワイヤー矯正の治療中にブラケットが取れてしまうことがあります。その場合は再装着のために患者さんに来院していただく必要があります。ダイレクトボンディングの場合はブラケットが外れにくく、脱離率は僅か2.2%と報告されています。

初診カウンセリング無料

まずは、無料電話相談を

Call:0120-505-589

相談受付時間 月〜日 9:00〜20:00

無料Web診断・無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします

初診予約はこちら 初診カウンセリングは無料です

無料初診のご予約はお電話かメールでどうぞ

LINEで無料相談

LINEで簡単に無料相談ができます!

現在中学生です。ワイヤーを付けると目立ちすぎることはないですか。食事は普通にとれますか。痛くて眠れないなどということはないですか。

前歯が重なっている部分があるのを治したいのですがどのような方法が良いのでしょうか。歯並びは上下とも良くないので一度に上下を治したいです。

7才になる娘の歯並びが反対咬合です。近所の歯科で相談したところ、寝る間だけマウスピースを付ける方法をすすめられました。それで治らなければもう本格的に矯正することになるそです。なるべく痛みがなくて早く治る方法があれば教えて下さい。

▲PAGETOP