大阪矯正歯科センターで前歯だけを部分的に治す(部分矯正・プチ矯正)

短期間、低価格で気になる前歯だけを治したい!前歯だけの部分矯正

2016年12月より裏側矯正(インコグニート)での部分矯正が可能になりました。 ※三宮院では行っておりません

当院では短期間低価格で行える
前歯の部分矯正(プチ矯正)を行っております。

「見えるところだけきれいにしたい」
「長い間ワイヤーをつけたくない...」
「なるべく安く歯並びを治したい」とお考えの方は前歯だけの部分矯正がお勧めです。お気軽にご相談ください。


前歯だけの部分矯正とは?

前歯の部分的に気になる所がある場合にそこだけを治す矯正法を部分矯正と言います。プチ矯正ともいいます。
前歯が重なってガタガタしてたり、少し八重歯になってたり、逆にすき間が開いている場合にする矯正です。主には、歯が重っている場合に行います。重なりの程度により、軽度、中等度、重度に分かれます。
今まで、歯の矯正というと費用・期間がかかる、痛い、しんどいなどというイメージがありましたが、部分矯正(プチ矯正)は、そんな悩みがかなり減りました。

部分矯正の魅力

気になる歯だけ矯正、低価格、短期間、痛みが少ない

こんな方におすすめです



  • 気になる前歯だけキレイにしたい
  • 短期間でキレイにしたい
  • 低予算でお手軽にキレイにしたい
  • 痛みを少なく治療したい
  • 一度矯正したけど、後戻りした
  • 子供の頃したけど、大人になって気になってきた
  • 結婚式までにキレイにしたい
  • 就活、婚活、同窓会のためにキレイにしてイメージアップしたい
  • 大きなお口を開けて笑いたい
  • 子供の卒業式、入学式、面接までに自分の歯をキレイにしたい
  • 子供の頃に、色んな理由で矯正できなかった方が、大人になった今になってしたい(部分矯正にかかわらず、大人の方の矯正はすごく増えています)



治療期間はどのくらい?

通常の矯正治療では1〜3年程度はかかりますが、部分矯正は前歯だけを動かすため、歯全部を動かすより治療期間がかなり短くなり、歯を動かす期間は3ヶ月〜1年位です。

ただ、奥歯や気になるところ以外の歯に問題がある場合などは上下の歯をちゃんとかみ合わせる為に、部分矯正だけでは終わらず全体的な治療になることもあります。

費用はどのくらい?

一般的な矯正治療の場合

・治療費が75万円〜100万円程度必要

・治療期間が1〜3年程度かかる


前歯だけの部分矯正なら

・治療費が20万円〜40万円程度でリーズナブル

・治療期間が3ヶ月〜1年で短くすむ



部分矯正のメリット・デメリット

メリット

早い!

前歯だけ動かすので、奥歯を動かしませんから早く終わります。
前歯は奥歯に比べ動きやすいのもその理由の一つです。
治療期間は3〜12ヶ月くらいです。

安い!

全体矯正に比べて費用が1/4〜1/2です。
また、治療費は完全固定ですので、
追加の費用はまったくかかりません。

痛みが少ない!

普通の矯正は前歯から奥歯まで装置を付けますので、前歯から奥歯まで最初は、痛みが出ます。部分矯正の場合は前歯しか装置を付けませんので、動かす歯の本数が少なくて痛みはもちろん半減以上します。実際には1/3くらいの痛みになります。
このメリットも大きいです。また、イメージも全体の矯正に比べて気軽にできます。

器具が目立ちにくい!

歯の表面につけるブラケット(ボタンのようなもの)は透明です。銀色の金属色ではないので、基本的には目立ちにくいです。また、装置は前歯だけに付け、糸切り歯より奥は付けませんので、全体的にはより目立ちにくいです。

当院ではなるべく早く治療を終わらせ、費用を抑えて部分矯正を行い、多くの方に喜んで頂くことを目標にしています。その為、追加費用の有無にかかわらず、マウスピースでの部分矯正は行っていません。どうかご了承下さい。

歯を抜かなくて良い!

上あごの場合、ほとんどのケースで歯を抜かなくて済みます。下あごの場合は歯を抜くこともあり得ます。
また、歯を少し削ることは多いですが、かぶせ物をかぶせて治す治療に比べると、削る量ははるかに少ないです。

ケアが楽にできる!

歯に装置を付けると、食事の時にものが詰まったり、歯ブラシが最初はしにくいですが、部分矯正なら、前歯にしか装置を付けませんので、毎日のケアが楽です。


デメリット

部分矯正でできないこともある

●前歯の重なりがひどい場合
●受け口、開咬(上下の前歯がかみ合ってない状態)などの様に、骨格に問題がある場合
●前歯全体が出っ歯の場合も治りにくいです
●奥歯を動かさないと前歯がキレイにならないケースもあります。

こういった時は全体矯正をおすすめします。つまり治療には限界があります。

歯を削ると歯がしみることもある

部分矯正の場合、「スライス」と言って、歯を少しだけ削って矯正することが多いです。削る程度は0.25〜0.5mmくらいで、エナメル質の厚さの1/3以下ですが、まれに削った後に歯がしみることがあります。もちろんそうならない様に慎重に削りますが、しみる可能性もまれにありますのでご了承をお願いいたします。

全体矯正より仕上がりが劣ることもある

部分矯正でも大半はキレイな歯並びになりますが、元々の歯並びの状態によっては、全体矯正より劣る場合もあり得ます。

奥歯のかみ合わせは治りません

前歯だけを治しますので、当然ですが奥歯は治りません。また、最初から上下のかみ合わせが良くなかった場合も、それは治りにくいです。

前歯だけの部分矯正の治療方法

まず動かす前歯の4歯〜6歯の表面にブラケットを取り付けます。そのブラケットへワイヤーを通し歯を動かしていきます。

歯を動かすスペースがない場合には歯を少しスライスして隙間を作ります。削るのは0.25mm〜0.5mm程度で歯にダメージのない量ですのでご安心ください。



大阪矯正歯科センターで部分矯正を行うメリット
レベルの高い矯正専門医が治療を行っている

元々、全体矯正を行う知識のある矯正専門医が行っているので、部分矯正しかできない一般の歯科医師の治療よりはるかにレベルが高い。

見た目のいい白いワイヤーも使っている

白いワイヤーは上品な感じで、治療のいやらしさを感じにくく、見た目をきにされる方には最適です。ただ、別途費用がかかります(詳しい費用はこちら)。

痛みが最も少ない方法を採用している

最初につけるワイヤーは、できるだけ細いワイヤーを使用しています。当然ながら細いワイヤーの方が痛みが出にくいです。経費がかからないようにするために最初から太いワイヤーを使う医院もありますが、当院では痛みに配慮した方法を行っています。

歯の動きが最も速いブラケットを使ってる

ブラケットと言って、歯の表面につけるボタンのような器具ですが、種類がたくさんあります。当院ではその中からSANKIN社製の最も動きが速いブラケットを使って患者さんのクオリティの向上に努めています。

部分矯正の費用は完全固定性

部分矯正の場合は、費用は完全固定性で何が起こっても費用が変わることはありません。

むし歯や歯周病等、連携した治療ができる

むし歯治療や歯周病治療の専門医も在籍していますので連携した治療ができます。

その他のメリットについてはこちら

前歯だけの部分矯正の流れ

Step1. まずは「初診カウンセリング」へ! (ご予約はこちら→

所要時間:約40分、費用:無料¥0

・カウンセリング

初めに歯並びの気になるところやお悩みをお伺いします。治療についての希望や不安などもご相談ください。



・検査

お口の中をチェックし、現在の歯並びの状態を確認します。 必要時にはレントゲン撮影も行います。

お口の中を拝見


・治療の方法・期間・費用をご説明します

検査結果を元に最適な治療法のご提案、治療期間、費用についてご説明いたします。初診カウンセリングの内容をご理解・ご納得いただいた上で治療を開始します。

もちろん、治療を始めるかどうかはその場でお決めいただかなくても大丈夫!ご家族とも相談してじっくりお考えください。

検査結果を聞いてから治療するかどうかを決められるので安心!

治療の方法・期間・費用の説明

↓

Step2. 前歯だけを治す部分矯正の治療

ワイヤー矯正(表側)いよいよ治療スタート!
ワイヤーを使って前歯の部分矯正をします。

・歯を動かすスペースが足りない場合は?

歯並びが悪くなってしまう原因は顎の大きさに比べて歯が大きいことです。歯をきれいに並べるための歯を動かすスペースが足りない場合には、歯をほんの少しずつスライスしてスペースを作る処置を行います。(虫歯になりやすくなるなどのリスクはありません。)

いよいよ治療開始です


・通院は約3週間〜4週間に一度、治療期間は3ヶ月〜1年位です

歯並びやかみ合わせのチェック、治療の進行具合の確認、ワイヤー調整、クリーニングなどを行います。

ワイヤーなどの器具の調整・交換

↓

Step3. 装置を取り外し、歯並びを安定させる「保定期間」

歯が動き、きれいな歯並びになったら装置を取り外します。

装置を取り外しても、歯並びが安定し、歯の周りの骨が固定するためには少し時間がかかります。その期間を保定期間と言います。

・保定期間の通院は約2ヶ月〜6ヶ月に一度、期間は1年程度です

きちんと歯並びが保定されているかどうかのチェック、歯のクリーニングなどを行います。

無事治療が終了しました


・保定期間はリテーナーを装着します

装置を取り外した後、きれいになった歯並びを安定させ、後戻りを防止するために「リテーナー」という取り外しができるマウスピース型の保定装置を使用していただきます。

後戻り防止の方法をお伝えします


前歯だけの部分矯正の治療費

当院では部分矯正の治療費に完全固定の「トータルフィー制度」を導入しています。
提示金額が治療費の総額となり、<装置代金/応急処置費/月々の管理料/保定装置費>が含まれた金額となっています。
治療開始前にお伝えした治療費が膨らむ心配がありません。

初診カウンセリング

・カウンセリング・お口の中のチェック
・レントゲン撮影(必要時のみ)・診断内容の説明

¥0
前歯だけの部分矯正
(上か下、前歯4〜6歯のみ)

軽度のがたがた
¥200,000+消費税
(白いワイヤーの場合は¥20,000+消費税 加算)
(裏側矯正の場合は¥150,000+消費税 加算 ※三宮院では行っておりません)

中程度のがたがた
¥300,000+消費税
(白いワイヤーの場合は¥20,000+消費税 加算)
(裏側矯正の場合は¥150,000+消費税 加算 ※三宮院では行っておりません)

重度のがたがた
¥400,000+消費税
(白いワイヤーの場合は¥20,000+消費税 加算)
(裏側矯正の場合は¥150,000+消費税 加算 ※三宮院では行っておりません)

※裏側矯正の場合はインコグニートを使用します。

月々の管理料 ¥0
保定装置(リテーナー)代 ¥0

お支払いについて

お支払いは一括払いのほかに分割払いもございます。またクレジットカード払いもご利用いただけます。

各種クレジットカード


初診カウンセリング無料

まずは、無料電話相談を

Call:0120-505-589

相談受付時間 月〜日 9:00〜20:00

無料Web診断・無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします

初診予約はこちら 初診カウンセリングは無料です

無料初診のご予約はお電話かメールでどうぞ

前歯だけの部分矯正についてよくいただくご質問

Q. どんな人でも部分矯正はできますか?

A. 奥歯のかみ合わせに問題がなく、前歯のみが軽度の不正咬合の場合は部分矯正の適応となります。ご自身での判断は難しいためお気軽にご相談ください。

Q. マウスピース矯正で部分矯正はできますか?

A. 当院の部分矯正はワイヤー矯正で行っております。理由は、治療期間を短くしたり、費用を抑えて多くの方に喜んで頂きたいからです。ですので、追加で費用を頂いても、マウスピースでの部分矯正は行っていませんので、ご理解をお願い頂ければと思います。

Q. どうして治療期間が短くなるんですか?

A. 一般的な矯正(全顎矯正)では全体的に歯を動かしますが、部分矯正では全体的に歯を動かすのではなく前歯だけを動かすため治療期間が短くなります。前歯は奥歯よりも移動しやすいので比較的早く治療が終了します。


部分矯正・無料メール相談

部分矯正などのご質問・ご相談はこちらからどうぞ。総院長の松本正洋がお答えします。
お名前、メールアドレスは必須項目です。必ずご記入ください。

気になることは何ですか?

私の場合、部分矯正でできるのか、全体矯正になるのか知りたい

私の場合の部分矯正の治療費を知りたい(軽度か中程度か重度か)

私の場合の治療期間を知りたい

私の場合、最終的にどんな風になるのか知りたい

歯を抜くかどうかを知りたい

引っ越した場合の治療にがどうなるか知りたい

マウスピース矯正や裏側矯正で治るかどうか知りたい

その他ご質問があればお書きください。

お名前 [名字だけでも可]
Eメールアドレス [半角英数]
電話番号
下記は、メール相談の方は必要ありません
ご希望医院名
(診療予約ご希望の方のみ)
  • 吹田本院
  • 豊中本町院
  • 豊中駅前院
  • なんば院
  • 梅田院
  • 三宮院
診療希望日
(診療予約ご希望の方のみ)
第1希望

第2希望

※【メールアドレスについて】携帯電話のメールアドレスをご入力された方の一部に当院からのメールが届かないという現象が発生しております。なるべくPC用のメールアドレスをご使用いただきますよう、よろしくお願いします。

初診カウンセリング無料

まずは、無料電話相談を

Call:0120-505-589

相談受付時間 月〜日 9:00〜20:00

無料Web診断・無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします

初診予約はこちら 初診カウンセリングは無料です

無料初診のご予約はお電話かメールでどうぞ

LINEで無料相談

LINEで簡単に無料相談ができます!

上の前歯1本だけが前に出ていて目立ってとても恥ずかしいです。くちびるがきちんと閉じず少し歯が見えてしまうのも気になります。今回は上の前歯だけの治療を希望していますが私の場合部分矯正で治りますか。費用はどのくらいになりますか。歯並びで気になるのは本当に前歯1本だけです。

歯並びはそう悪くなく、家族や友達からも気にならないと言われていますが、自分では出っ歯だと思っています。見た目もそうですが、前歯で食べ物を噛み切ることが出来ないからです。誰も何も言いませんがコンプレックスになっています。費用が高いと思って諦めていましたが部分矯正というのがあると知り相談してみたいと思いました。部分矯正が適用されるケースはそう多くないそうで、前歯の一部にしか適用出来ない場合が多いと聞きますが、私の場合はどうなのか一度診ていただきたいです。

下の前歯が1本だけ奥に入った状態です。少し陰になっていて黒っぽく見えるのが嫌です。1本だけなのでMTMかまたはオールセラミックにしたいと考えているのですが、短期間で値段が安い方法はどちらでしょうか。

前歯が少し重なっていて八重歯があるので以前から歯並びを治したいと思っていました。見える一部分だけきれいにしたいのですが出来ますか。

私は下の歯並びはきれいなのですが上がガタガタです。前歯をきれいにしたいのですが費用が気になります。いくらくらいかかるでしょうか。

▲PAGETOP

以下はご興味のある方のみお読みください


部分矯正か全体矯正か?

 前歯だけを絶対に治したくて、奥歯は関係ないと思われる方も多いと思います。そうできたら簡単ですものね。でも前歯だけを治したいと思っても、奥歯を含めて歯並び全体を治さない治らないこともあります。例えば、前歯の重なりがひどかったり、八重歯がきつい場合などです。
この場合は、やむを得ず八重歯の一つ奥の小臼歯という歯を抜くわけですが、その場合は奥歯も大きく動かしますので部分矯正ではできずに、全体的な矯正になります。

 そうなると、実際にあなたの場合に部分矯正でいけるのか、全体矯正じゃないと治らないかを見極めないといけません。

 全体矯正じゃないと治らないのは、具体的に前歯の重なり具合が全体で8mm以上ある場合です。8mmというのは、1本1本の歯のそれぞれの重なった所のミリ数を足し算したものです。8mm以上あると、通常は抜歯等を伴う全体矯正になります。7mm以下ですと部分矯正でできる可能性が高いです。

 そして部分矯正でいけるとなった場合に、その程度が軽度が中度か重度かを判断することになります。

部分矯正の軽度、中度、重度はどう違うの?

 部分矯正の場合、軽度、中度、重度に分類できますが、その基準についてお話します。

 @ 軽度・・・おおむね前歯の重なり具合が全体で3mmくらいまでの場合です。
 A 中度・・・おおむね前歯の重なり具合が全体で5mmくらいまでの場合です。
 B 重度・・・おおむね前歯の重なり具合が全体で7mmくらいまでの場合です。

 治療費は軽度ですと20万、中度は30万円、重度は40万円です。消費税は別途かかりますが、この費用以外はいっさいかかりません。仮に治療期間が予定より長びいても費用は一定です。

 実際に軽度になるのか、中度か重度かは、歯並び検査やレントゲンなどの診査が不可欠になります。

 あと、治療の期間ですが、実際にどうなるかは、歯並びの程度によって変わります。まず、部分矯正でいけるのか、全体矯正になるのかによって大きく変わります。

 部分矯正の場合ですと、軽度の場合の治療期間は2〜4か月になります。中度ですと3か月〜8か月、重度ですと6か月から12か月くらいになります。ただ、個人差もありますのでこれは大体の目安です。

抜歯する場合としない場合について

 抜歯するかどうかですが、前歯の重なりがどのくらいの程度なのかによります。例えば、前歯がすごく重なってる方の場合は歯を抜かなければいけません。またすごく八重歯がすごくきつい方も歯を抜かなければいけません。

 前歯と八重歯の両方が結構重なってる場合も歯を抜かないといけないかも知れません。普通は前歯の重なりが全体で8mm以上あると抜歯になる可能性が高くなります。
もちろん我々矯正専門医は、なるべく抜かない治療法をいつも考えていますので、抜かなくていける場合も多いです。

あなただけの治療のゴールについて

最後に、部分矯正した結果どんな風になるのかを気にされる方も多くいらっしゃいます。どんな風になるか、つまり部分矯正の治療のゴールですが、元々あった前歯の重なりが取れて、歯がまっすぐになります。まっすぐと言っても直線ではなく、きれいなアーチになります。そして、歯と歯の段差もなくなって「つらいち」のきれいな状態になります。

お口をどうどうと開けて笑えるようになり、笑顔も増えます!

ただ、ケースによっては、前歯はキレイになっても、奥歯とのつながり具合が完全にキレイになりきらない可能性もあります。そんな時はやはり全体矯正の方がいいかもしれません。

▲PAGETOP