大阪矯正歯科センター突撃体験レポートSTEP2|見えない裏側矯正インコグニートとは?

大人でも間に合う!裏側矯正で美人スマイル
見えない矯正とは?
矯正の装置にギラギラした金属のイメージはありませんか?
今では矯正装置にも様々な種類があり、患者さんのお口の状態や希望によって治療法が選択できるようになっています。
そんな中、大人の矯正で注目を集めているのが見えない矯正なんです!
◆矯正歯科の器具にも様々な種類がありますが、一体どうやって選べばよいのでしょうか?
先生:まず最も一般的な矯正装置として知られているのがワイヤーを使用した装置です。ワイヤーが銀色なので、目立つのが気になるかもしれませんね。
その場合は、ワイヤーの部分を白にして目立たなくしたものがあります。
ただワイヤー矯正よりは摩擦力が強くなるため、多少治療期間が長くなることがあります。
どうしても見た目に抵抗がある方や、お仕事の関係上矯正装置を見せられない方には、取り外し可能なマウスピース矯正というのもあります。
そして、最近見た目が気になる大人の女性の間で注目を集めているのが、“見えない矯正”です。
見えない矯正とは、歯の裏側に装置を付け、正面からみた際には全く矯正治療中であることが分からない【裏側矯正(舌側矯正)】のことを言います。
大阪矯正歯科センターでは“インコグニート”と呼ばれる装置を採用しています。
インコグニートの優れているところは、完全オーダーメイドであること!
コンピューターによってあなたの歯に合った形で装置を作るので、従来の装置に比べ治療期間や発音のしにくさ、外れやすさなどが大幅に軽減されました。
さらに従来の裏側矯正装置に比べて、“接地面は大きいのに突起面は小さい”のが特徴。これにより歯を動かす力はアップし、舌が器具と当たって痛いなどの負担もほとんどなくなりました。
また表側矯正と比較しても治療期間が長いということはなく、平均1年半〜2年程度で治療が完了します。
  • Call:0120-505-589
  • LINEで無料相談
詳しい検査でお口をチェックへ 今回のお悩みは? 詳しい検査でお口をチェック ホワイトニングをする前に 見えない矯正とは? 結果のカウンセリング ホワイトニング レポートTOP STEP1 STEP2 STEP3 STEP4 STEP5 STEP6