頬骨(ほおぼね)削り|お顔の輪郭整形

頬骨(ほおぼね)削り

2時間でホホ骨が小さくなる!

ホホ骨が出てることでお悩みの方は多いと思います
でも簡単に治らないとあきらめてるんじゃないでしょうか?

 もし手術をしたなら、たった2時間で、しかも入院することなく治るとしたらどうですか?是非やりたくなりますよね?

 当院はそんな今までの常識を変えるホホ骨手術のスペシャリストです!

 正に、たった2時間で人生が変わります。ホホ骨が出てるのが治って小顔になってお顔の印象が変わると、人と会うのが楽しくなり、性格も積極的になり、同性にも異性にも印象が良くなります。

 当院では、そんなホホ骨の手術2000例しています。じっくりサイトを見てくださいね。

頬骨削り

お口の中からと、耳の少し前の生え際から切開して骨を削ることでキレイなラインになり、頬骨(ほおぼね)が引っ込みます。

  • 頬骨削り 術前
  • 頬骨削り 術後
このような方におすすめです!
  • 頬骨(ほおぼね)が横に張り出している方
  • 頬骨(ほおぼね)が前方や斜め方向に張り出している方
  • ゴツゴツして男性っぽい輪郭を女性らしく卵型にしたい方
  • 頬骨(ほおぼね)が出てるため老けて見える方
  • コメカミと頬がこけて見える方
  • ようするに小顔にしたい方
  • 半永久的な効果を望んでる方
  • 他院での手術結果に不満な方
  • 1日で治したい(寝てる間に2時間で治る)
  • 入院までして手術したくない(日帰り手術です)
手術について

頬骨(ほおぼね)の突出は加齢により、こめかみや頬(ほっぺた)の脂肪が減ってくることで、頬骨(ほおぼね)だけが突びだして目立つようになります。

かといって、頬骨(ほおぼね)を小さくし過ぎると、コメカミよりくぼんで見えたり、エラが大きく見えたりするので、周りとのバランスを取りながら行うことが大事です。

手術の時はこのバランスを考えることが非常に重要になります。

この手術は難しそうと思われがちですが、外科医の立場から言いますと、一旦マスターしてしまえば安心して行える安全性の高い手術です。ただし美しく3次元的に骨を形成しないといけないので、外科医の美的センスが問われます。

小顔形成手術の代表格が、この頬骨骨切り術と下顎角(エラ)骨切り術です。そして、この両方を同時に行うのが、小顔手術の最高の理想です。

頬骨(ほおぼね)手術の注意点

頬骨手術の注意点

頬骨手術の注意点

手術の種類について

頬骨

頬骨(ほおぼね)は
@頬骨体部(たいぶ)A頬骨弓部(きゅうぶ)に分類されます。

●頬骨体部は、頬骨の前方と斜め方向への突出を決定します。
●頬骨弓部は、横方向への突出を決定します。

手術の種類は、
@頬骨体部(たいぶ)の突出を減らす手術 
A頬骨弓部(きゅうぶ)の突出を減らす手術に分類されます。

通常はこの両方を同時に行ないます。

@ 頬骨体部(たいぶ)の突出を減らす手術のやり方

頬骨(ほおぼね)の前方、斜め方向への突びだしを治す手術です。 手術は口の中から行います。

頬骨が前方に突出しているケース

口の中から、上顎(うわあご)の骨、頬骨(ほおぼね)から眼窩の下、頬骨弓部まで歯ぐきや粘膜をはがします。

咬筋という噛む時に使う筋肉を一部切って、頬骨体部の全体を露出させます。

その後、電動のバー、骨のノミを使って突び出てる箇所を削りますが、ここで重要なのは、頬骨体部をフラット(平坦)にするわけではなく、曲面の形を維持しながら小さく削ることです。

この箇所は骨が厚いので、5〜6mmくらいは削れます。

手術は約1時間で終ります。

頬骨体部の骨削り部分

A 頬骨弓部(きゅうぶ)の突出を減らす手術のやり方

耳の手前の目立たない部位を約2〜3cm切開します。口の中の切開を追加することもあります。頬骨弓自体の厚みは平均的には3〜5mm程度です。

骨がぶ厚い場合には、ノミを用いて骨を削ります。これで2mmくらいは細くなります。骨への刺激が少なく、短時間で終わるため腫れも少ない良い方法です。

はっきりした結果を望まれる患者さんの場合は削るだけでなく、頬骨骨切り手術も併用して行います。

頬骨骨切り手術は頬骨体部と頬骨弓部の2カ所で骨切りします。

2カ所で骨切りして、頬骨の位置をずらすことになります。頬骨の位置をずらした後は両端の段差を解消するため、最後にノミで滑らかなシルエットに整えます。

この手術により、顔の幅の広い方では、顔の横幅は最大で左右で約2cm近くまで細くすることができます。

手術は約2時間で終了します。

頬骨弓部の突出を減らす手術

B 頬骨体部(たいぶ)+頬骨弓部(きゅうぶ)の両方の突出を減らす手術のやり方

手術は、口の中と耳の手前の両方からアプローチします。つまり手術はこの2方向から骨を削ったり、切ったりします。

はじめに耳の手前の切開をして頬骨弓部(きゅうぶ)の骨切りを行います。次に口の中から、頬骨体部(たいぶ)の骨切りを行います。

この骨切りで、頬骨(ほおぼね)が内側に入り顔面の突出感や、横幅は減少しますが、同時に頬骨(ほおぼね)を上の方(頭の方)に移動させて頬のたるみを防止することが重要です。手術は約3時間で終了します。

この手術では、頬骨(ほおぼね)はそのすぐ上のこめかみ、下のエラとの位置関係が重要です。そしてこの手術の効果を最大限に生かすために、これらのバランスを考えた手術計画が必要です。

小顔希望で大きな変化を望まれる場合には、下ぶくれを避けるためエラ取り手術を同時に行うこともあります。

また口の中の切開から、バッカルファット(ほほの脂肪)を同時に取ることも可能です。

頬骨体部+頬骨弓部の両方の突出を減らす手術
当院の頬骨(ほおぼね)手術のPOINT

当院の頬骨手術のPOINT

顔を大きく見せてしまっている頬骨弓(アーチ)は、骨が元々薄いので削っただけではほとんど変わりません。

当院ではア―チ・リダクション法という方法で頬骨弓を内側に引っ込めて、左右で1.5〜2センチ顔の横幅を小さくします。

頬骨体部(たいぶ)は、骨を削って約5ミリ低くすることができます。ただ平坦にするのではなく、3次元的にスムースな曲面にします。

このア―チ・リダクション法と骨を削ることを同時に行なうことで、”頬骨(ほおぼね)”自体の存在を感じさせないようになります。また頬骨だけではなくエラなど輪郭全体のバランスをみてトータルデザインを心掛けています。

アフターケア

退院時の消毒、術後、1週間後、1ヵ月後の検診など、症状に応じて随時対応します。

頬骨削りの特徴

施術時間 約180分
治療期間 1日の手術で、日帰りでお帰りいただけます。
麻酔 全身麻酔
腫れ具合 ★★★★☆
ダウンタイム

<ボディ削骨>
約2週間(腫れのピークは3〜5日間)
抜糸 10〜14日目。吸収糸を使用しておりますが、基本的に抜糸をおこなっております。

<経上顎洞縮小法によるア―チ・リダクション法>
約2週間(腫れのピークは3〜5日間)
抜糸 耳前部抜糸 7日目

<口腔内アプローチのみ>
抜糸 10〜14日目。吸収糸を使用しておりますが、基本的に抜糸をおこなっております。

料金

頬骨(ほおぼね)形成手術 1398000円(税抜)


  • 頬骨削り 術前

  • 頬骨削り 術後
  • 頬骨削り 術前
  • 頬骨削り 術後

  • 頬骨削り 術前

  • 頬骨削り 術後

  • 頬骨削り 術前

  • 頬骨削り 術後
当院の手術の特徴
(他の医院にないメリット)

当院の手術の特徴

1. 美容外科医と、口腔外科専門医と、矯正歯科専門医のコラボで行うため、多面的に考えられた理想的な手術になります。

2. 入院の必要がありません。大学病院では必ず入院させられますが、当院は入院不要の手術方法を行っていますので安心です。

3. たった1〜3時間で頬骨が小さくなります。

施術までの流れ

STEP1 まずはお悩み相談

お悩み相談

・メールで相談したい

スマホやパソコンからドクターやカウンセラーに相談できます。

  • LINEで無料相談
  • 無料メール相談

・電話で直接しゃべって相談したい

専門のカウンセラーがあなたのご相談に親切にお答えします。

Call:0120-505-589

相談受付時間 月〜土 9:00〜18:00(水・日・祝は休み)担当:今村

STEP2 カウンセリング予約

カウンセリング予約

・スマホ、パソコンから予約

初診予約はこちら

・電話で予約

あなたのご都合に合う日でご予約をします。都合により、日程を調整させて頂くこともありますので、ご了承ください。

Call:0120-505-589

相談受付時間 月〜土 9:00〜18:00(水・日・祝は休み)担当:今村

STEP3 無料カウンセリング

無料カウンセリング

あなたのお悩みやご希望をお聞きし、手術後どんな風になるのか、手術はどんな風に行うのか、あるいは手術以外の良い方法もあるのかなど、あなたの全ての疑問にドクターがお答えします。

STEP4 手術

手術

美容外科医と、口腔外科医、矯正歯科医がコラボであたります。

施術は全身麻酔なので、麻酔がかかって、目が覚めたらもう手術は終わっています。手術はわずか3時間です。

麻酔がかかったら、意識がありませんから、かかったら、直ぐに終わる感覚です。

STEP5 アフターケア

アフターケア

手術が終わればそれで終わりではなく、手術後もきめ細かいアフターケアを行います。

手術後のアフターケアは無料です。何でもお気軽にご相談くださいね。

無料メール相談・ご予約

無料メール相談

頬骨削りに関するご質問・お悩みなど、どんな小さなことでも丁寧にお答えしますので、お気軽にご相談くださいね。

ご質問内容
どんな小さなことでも念の為、お気軽にご相談ください。きっといいアドバイスができます。
ここにお書きくださいね。↓
お名前
[全角](名字だけでも可)
Eメールアドレス
[半角英数]
電話番号

ご予約希望の方は診療希望日をお選びください。

診療希望日
(診療予約ご希望の方のみ)
第1希望

第2希望

※入力いただいた個人情報は、ご返答以外の目的で利用いたしませんのでご安心ください。
※【メールアドレスについて】携帯電話のメールアドレスをご入力された方の一部に当院からのメールが届かないという現象が発生しております。なるべくPC用のメールアドレスをご使用いただきますよう、よろしくお願いします。

初診予約

初診予約ご希望日時 ※当フォームから今日・明日の予約はできません
第1希望


※当フォームから今日・明日の予約はできません
第2希望

ご質問・お問合せ  ここにお書き下さいね↓
お名前 [全角]
例:大阪美子
電話番号(携帯電話可)
例:090-○□△○-□□△△
ご希望の日時での予約が取れなかった場合は、こちらのお電話番号にカウンセリング日時調整のためのご連絡をさせていただきます。
メールアドレス [半角英数字]
[半角英数]
例:yoyaku@osaka-kyousei.com
※間違ったメールアドレスを入力されますと、自動送信メールが届きませんのでご確認ください。

※入力いただいた個人情報は、ご返答以外の目的で利用いたしませんのでご安心ください。
※【メールアドレスについて】携帯電話のメールアドレスをご入力された方の一部に当院からのメールが届かないという現象が発生しております。なるべくPC用のメールアドレスをご使用いただきますよう、よろしくお願いします。

お顔の輪郭整形の無料電話相談

Call:0120-505-589

相談受付時間 月〜土 9:00〜18:00
(水・日・祝は休み)担当:今村

▲PAGETOP