インコグニト(裏側矯正)で失敗しない為には?

「周囲の人から丸わかりの目立つ矯正器具は装着したくない!でも、カウンセリングでドクターやスタッフに相談したら、マウスピースは不適応な症例だと言われた」そのような患者様の中には、見えない矯正=裏側矯正を検討なさる方も多いと思います。では、裏側矯正とはどのようなものなのか、どうすれば失敗しないのか、詳しくご説明いたしますね。

裏側矯正ってそもそもどんなもの?

そもそも、裏側矯正とはどのようなものなのでしょうか。

歯科医院によっては、舌側矯正、リンガル矯正というお名前の場合があります。全顎矯正する場合はフルリンガル、部分矯正する場合はハーフリンガルとも呼びます。

不正咬合(八重歯などの叢生、上下前突、開咬、ガミースマイル)など非常に多くの症例に適応します。歯の裏側、つまり舌のある歯の内側にブラケット等の矯正装置を装着して、歯を動かす歯列矯正の方法です。

一般的な流れを簡単にご案内いたしますね。まず、カウンセリングご来院時に、お口を歯科医師が拝見し、必要な方はレントゲン検査も行います。裏側矯正を行うと決断されましたら、型を基に作るカスタムメイドの矯正装置の場合は、シリコン印象とよばれるシリコンで患者様の歯列を型どりします。歯の表側より裏側は、より凸凹があるため大変難しく、担当医の知識やトレーニング、経験がものを言う治療です。

このような過程が必要となるために、表側のワイヤー矯正より、費用が高くなるケースが多いです。

裏側矯正って難しい?

裏側矯正で有名なものと言えば、incognitoでしょうか。インコグニト、インコグニートと呼ばれるものです。インコグニトのホームページにも掲載されていましたが、ヨーロッパでは60%のシェアを誇る矯正装置です。<参照先:インコグニト>

インコグニトはドイツのDr. Dirk Wiechmannという矯正歯科医が開発した治療システムです。その歯型をドイツに送り、セットアップ模型の作成を行い、3Dスキャンで精密に計測し、ブラケットの位置を正確にします。CAD/CAMというソフトウェアを用いて患者様の歯列にぴったりと合うカスタムメイドの矯正装置(ブラケット、アーチワイヤー、トランスファートレー)を作成します。

ブラケットは非常に薄い金合金で作製されており、懸念事項であった発音のトラブルが改善され、歯を覆う部分が多いため、プラークが付着しにくく虫歯になりにくい設計になっています。裏側矯正装着により、唾液による自浄作用が活発になるため、口腔内の菌が付着しづらいメリットがあります。ただ、ワイヤーを伴うため、舌先が口内炎になるデメリットは考えられます。正確にブラケットを装着できることにより、誤差がなく、治療期間をスムーズに遅延することなく行えます。

その他にも、ハーモニーシステム(セルフライゲーションシステムが組み込まれたカスタムメイド装置)、STb(Ormco社製/人間によるアナログカスタムメイド装置)、クリッピーL(TOMY INTERNATIONAL社/既成のブラケットをアナログカスタマイズすることが多い)などの矯正装置の種類を取り扱う医院もございます。それぞれの装置には特徴があり、メリット、デメリットなどにも差があります。人間が行うアナログ装置より、3次元画像化技術やCAD/CAM技術により、精密さが増し、矯正治療の質を向上させることが可能です。装置の検討もしっかり行いましょう。

参考サイト

インコグニトとは?

出典: インコグニトweb

 

裏側矯正で失敗する原因って?

裏側矯正で失敗するケースと言えば、真っ先に思い浮かぶのはドクターの知識や技術不足という事でしょうか。インコグニトの場合は、その治療を採用する際、ドイツにあるTOP-Service fur Lingualtechnik GmbH社認定コースを受講し、必要な知識を習得しなければいけません。もちろん、それだけではなく、技術を理解していても、症例を多く経験していないと対応ができません。矯正が終了した時に、綺麗な歯列に仕上がるかどうかに、歯科医師の手腕は大きく影響します。

「非抜歯可能です。歯を並べるために拡大すればいいです」という安易な考えで治療を行うドクターは避けましょう。噛み合わせが悪くなりますし、前歯が突出することもあり得ます。つまり、歯並び自体は悪くないが、顎関節に悪影響を及ぼし、口元が出て不満だという結果になりかねないからです。

失敗しない為にはどうすれば?

では、失敗しない為にはどうすればいいのでしょうか。答えは簡単です。

先程も申しました通り、裏側矯正は表側の矯正とは違い、格段に難しい治療法です。歯科医やクリニックの裏側矯正症例が多いか情報収集をしたり、矯正専門医、もしくは矯正の認定医がいるかなどを確認するのも一つの方法です。そして、無料相談を予約し来院して、その担当医やスタッフが信頼をおけるに値するか確認しましょう。

不安や違和感を抱いたまま、歯列矯正を始めるのは大変危険です。そのためには、何院も矯正歯科で初診カウンセリングを受けるべきです。ホームページでは見えない、実際の環境(CT検査機器の有無や抜歯を推奨するか)が判明する場合が多いですよ。

まとめ

今回は「インコグニト(裏側矯正)で失敗しない為には?」という事についてご紹介いたしました。裏側矯正はドクターの手腕により、大きく差が出る矯正治療法です。また、自由診療の為、医療費控除対象ではありますが、決して安い料金では行えない治療です。保定装置終了まで、きちんと責任をもって診療してくれる歯医者さんで矯正治療行ってくださいね。

関連ページ

裏側矯正インコグニト

歯の裏側につけるので外から見えにくい矯正装置

 


矯正すると老け顔に!?後悔しないやり方とは?

歯列矯正を検討中の方において、咬み合わせやお口の内側以外に、口元などの見た目がどう変わるかというのは大変気になる問題だと思います。出っ歯(前突)のケースですと歯がきちんと引っ込むのか、受け口のケースですとどう改善するのか等、不安やお悩みは尽きないですよね。今回は、矯正すると、顔が変わるのか?という事に関して下記でご紹介いたします。

矯正すると顔が変わるって本当?

歯科医院で矯正をすると、顔の状態が変わるという噂を聞くからと悩んでいる方が、いらっしゃいます。まず、結論から申し上げますと、大人の場合、矯正歯科で歯並びの矯正を行うことにより、顔は変わりません。もちろん、ワイヤー矯正中の患者様には、装置による審美的な印象に変化がございますが、終了してから顔が変わることはございませんよ。

もう少し詳しくご説明しますね。子供の場合は、成長期にあごの拡大装置を装着することにより、顔をより良くすることは可能です。

ただ、大人の場合は、治療期間が終了し、保定装置を外したところで、顎の長さや、人中(じんちゅう)と呼ばれる鼻の下と上唇の間の長さは伸びたりしません。正確に言うと、矯正治療終了後に噛み合わせが良くなることで、患者様の顔の“印象”が変わるだけです。

矯正すると老け顔になるって本当?

先程申しましたように、大人の場合顔は変わりません。ただ、「頬がこける」「ほうれい線が目立つ」というインターネットの情報により、ご心配になる気持ちもよくわかります。それぞれ、詳しくご説明いたしますね。

頬がこけるというトラブルには理由があります。それは、矯正治療を行うと、食事の際に噛む事が辛いという方は一定数いらっしゃいます。固い食べものは避けますので、柔らかい食べ物が中心の食生活ですよね。

すると、頬筋(きょうきん)と呼ばれる頬の筋肉や、咀嚼筋(そしゃくきん)などのお口周りの筋肉が衰えるので、一時的に頬がこけてしまう患者様はおられます。ただ、いずれ食事が通常に戻りますと、頬の筋肉も戻ります。ですので、ずっとこけたままというわけではございませんよ。

ほうれい線におきましては、一般的に、抜歯を行い過ぎて横顔のeライン(鼻先と顎を結んだラインや内側に唇があると美しい横顔の基準)が形成できず、唇が引っ込んでしまったというトラブルが考えられます。

ですが、抜歯は一概にデメリットであるというわけではありません。矯正過程には歯の動くスペースが必要です。抜歯によりスペースが出来ることで、歯を正常な位置に動かせる、そして綺麗な歯並びや咬み合わせという大きなメリットにつながるからです。患者様にしっかりと治療方針をご説明し、過度な処置でなければ、矯正治療において、抜歯はやはり必要な処置と言えます。

どうすればそのような事を防げるの?

綺麗な歯並びになると言われても、ほうれい線は気になりますよね。では、それらのトラブルを防ぐにはどのような方法があるのでしょうか。

トラブルを防ぐそのためには、歯科医院のドクターやスタッフに、患者様がきちんと治療完了後のイメージを相談することです。

「歯科矯正後にほうれい線が目立つの嫌です。いい方法ないでしょうか」と思っていることをカウンセリング時に伝えれば、しっかりとした歯医者ならば治療方法を提案してくれるでしょう。お口の中を見ないと何とも診断しづらいですが、歯を抜かずに済む非抜歯矯正で治るケースかもしれませんし、抜歯数本でワイヤーやインビザライン矯正を行い、綺麗な横顔、歯並び、きちんとした噛み合わせになる場合もあります。

つまり、治療完了後のイメージをしっかり共有できるクリニックに出会う事です。そのためには、お手数でしょうがカウンセリングに複数来院し、選び抜くことが重要です。一般的に症例が多数ある歯科医院は、患者様の希望などもすぐに理解できる環境の歯医者という可能性が高いです。患者様の希望に沿った治療を行えると、信頼関係も築きやすいですよね。結果的に、満足できる歯列やお口元になりやすいと思われます。

まとめ

今回は「矯正を行うと老け顔になる?後悔しない方法とは」という事についてご案内しました。実際に歯列矯正を行った場合、歯や口元の印象が綺麗に変わるため、ご自身が周囲の目を気にせず、笑顔になれる機会がが多いと思います。

笑顔になる機会が多いという事は、すなわち、アンチエイジングにも効果があると言われています。エイジングスタイルというサイトに、このような記事がございましたので、ご紹介しますね。

老化すると口腔の筋力低下、唾液の分泌を低下しますが、笑顔になると結果的にお口元のアンチエイジングに繋がると記載がございます。矯正を始めるべきか迷っておられる方は、カウンセリングを受診してご検討材料にされるのもいいですよね。



前歯の大きさや小ささって矯正できる!?

「前歯のサイズが気になるから」とお口を開けて笑う時、見た目を気にして躊躇する方もいらっしゃるのではないでしょうか。前歯のサイズのお悩みを解決したい場合、歯科医院ではどんな治療方法があるのか、詳しくご紹介いたしますね。

歯のサイズが平均的じゃない原因は?

まず、なぜこのようなお悩みが発生するのでしょうか。前歯が大きくて目立つというお悩みの方の場合でご案内いたします。

前歯の幅が平均的に9mmを超えると、前歯が大きいと感じる方が多いようです。もちろん、中央の前歯(中切歯と専門的に言います)自体が本当に大きいケースもあります。ただ、その隣の歯が小さい為、通常のサイズの前歯なのに比較して大きく見えてしまうというケースもございます。

逆に今度は、歯が小さいというお悩みの場合をご案内いたします。
極端に歯が小さい事を、矮小歯(わいしょうし)と呼びます。主に前から二番目の歯(側切歯(そくせっし)と専門的に言います)や、親知らず(第三大臼歯と言います)など、ある程度小さくなる歯は特定されています。

過剰歯のケースですと小さく生える傾向があります。過剰歯については、噛み合わせや周囲の歯に悪影響を及ぼすおそれがある場合、一般的に抜歯の対象になることもあります。下記に記載がありますので、詳しくはそちらをご参照くださいね。

患者様のご両親の前歯が大きく、患者様もそれでお悩みの場合は遺伝と断定できるかもしれません。ただ、そうではない場合、大きい歯、もしくは小さい歯になる明らかな原因というのが、はっきりとわかりにくいという特徴があります。


前歯が大きい方の治療方法

では、歯が大きい方の治療方法をご説明いたします。

歯科医師がお口を実際に診療しないと治し方を確定はできませんが、大きいとお悩みの大人の方には、歯を削ることが一般的です。歯の表面にはエナメル質が1mm程度存在し、そのエナメル質の部分のみならば削っても痛みが出にくいと言われています。ドクターが歯を削るだけで、改善すればそれに越したことはありません。ただ、歯を削ることで隙間が空き、すきっ歯(空隙歯列(くうげきしれつ)と専門的に呼びます)などのリスクが高くなるデメリットをご承知おきくださいね。

例えば、成長期の子供の場合、乳歯と永久歯が混在するので、比べるとどうしても永久歯が大きく見えがちになります。癖があると出っ歯になる可能性もありますが、大きさのみで出っ歯になることはありません。癖とは、舌癖や態癖と呼ばれるものです。癖について詳しくは下記のコラムをご参照くださいね。

もし、すきっ歯になれば、歯を小さく削り、綺麗なかぶせ物を被せる治療を行います。歯を削る際に痛みが出れば、神経を取る処置を行わなければならないですが、一般的にセラミック治療やセラミック矯正と呼ばれる治療ですね。

被せ物は、審美性や強度が高いジルコニアセラミックや、セラミック100%の材質で技工士が作製するオールセラミックをおすすめします。
※コンピューターで作製するセレッククラウンは、色の選択肢が少ない事と審美性が低いため、前歯には不向きです。

歯列矯正を行ったのに、後戻りを引き起こし悪くなってしまったという方が、残念ながらいらっしゃいます。「保定装置をちゃんと装着したのに維...

前歯が小さい方の治療方法

では、歯が小さい方の治療方法をご説明いたします。

通常、歯が小さい方は、すきっ歯等のトラブルや、咬み合わせや歯並びの悪さ、発音への影響などのトラブルが起こりがちです。すきっ歯の場合は、部分矯正(マウスピースやワイヤー矯正)か、先ほど申し上げたセラミック治療で治す事になります。

ただ、噛み合わせの悪さも併発している症例の場合、全顎矯正と呼ばれる全体矯正を、担当医がおすすめすることが多いですね。噛み合わせの不具合を放っておくと、顎関節症などの疾患を引き起こす原因となります。また、歯並びの悪さを放置すると、歯磨きがうまく出来ず、口腔内に歯周病や虫歯のリスクを高めますので、メリットがありません。

当院以外にも矯正歯科と審美歯科を併設しているクリニックは多くございますので、一度来院して相談されるのがベストですね。

まとめ

いかがでしたか。今回は「歯の大きさ」についてご案内しました。
少しでも気になるなと思われたら、無料カウンセリングを活用して相談してみましょう。インターネットなどの情報だけではわからないことも多いです。歯医者さんできちんとお口を診てもらい、治療か検討するか、ご自分で考えるお時間を作って、お悩みの軽減を目指してはいかがですか。


歯並びの矯正にかかる必要な費用を詳しく教えて!

「八重歯や歯のガタガタが気になる」「前歯が出っ歯だな」など、歯列やお口に関するお悩みというものは、意外と多くの方がお持ちです。ただ、虫歯治療と違い、「どれだけの費用を準備すべきか」「いくら安い歯科でも他に何か高く用意しないといけないのではないか」など気になりますよね。自分の症例のプランが判明してからでないと、歯列矯正を開始できないと思いますが、大阪で矯正治療を始めようかとご検討中の方は、是非ご一読くださいね。

矯正歯科治療に料金いくら必要?

まず、歯科矯正にかかる一般的な費用のシステムをご紹介しますね。

カウンセリング料

相談料とも呼ばれますが、矯正歯科を受診する際に、まず必要不可欠なものです。多くの医院が予約制をとっております。初診カウンセリングにより、患者様のお口元の状態、痛み、歯並びの原因や改善方法、治療方法のご提案、治療内容の流れや説明なども行っております。ドクターやカウンセラーなど専門のスタッフが対応する初診カウンセリングを、無料で行っている歯科医院も多いですよ。当院も無料ですので、気軽にお越しくださいね。

精密検査料

診療で口腔内の状況に応じて、レントゲン撮影やCT検査を行います。歯科用CTは医科用CTに比べ、被ばく量も少なく、安心してご利用いただけますよ。費用設定は自由診療なので、約1~6万円の間のご負担というところでしょうか。

装置料

お選びになる矯正装置により、相場が異なりますが、おおよそ10万円~150万円位でしょうか。部分矯正、セラミック矯正、ワイヤー矯正(表側)、舌側矯正(裏側)、インビザライン(マウスピース)など、治療法の装置により金額が異なります。材質(金属か、透明な見た目で目立たないプラスチックか)の特徴によっても大きく差が出ます。

管理料・処置料・調整費

矯正期間中は、クリニックへの通院が必要となります。歯科医が歯の動きを確認するチェックと呼ばれるものを行うので、その際の管理料(通院管理費とも呼ばれます)がかかります。大体1,000円~1万円が相場でしょうか。トータルフィーと呼ばれる総額制ですと、管理料なども全て含まれているため、もちろん毎回の来院時のお支払いは不要です。

その他

歯の移動スペースを開けるために抜歯が必要なケース、ミニスクリューを動力源にして歯を動かすインプラント矯正のケースですと、別途費用が発生します。通常、どちらも1本単位で、抜歯は3,000円~数千円程度、ミニスクリューの場合は、が発生する場合がございます。歯列矯正を終了した後に一定の期間装着する保定装置(リテーナー)代が別途かかる歯科もございます。

子どもの矯正の料金は?

小児矯正は、子供の年齢により、第一期か第二期かでおすすめする矯正の治療方法が違います。第一期では、成長に合わせて顎の大きさや形を整えたり、癖を無くすマウスピースや床矯正などと呼ばれる拡大装置を使用します。第二期では、永久歯を正しい位置に導くようマウスピースやワイヤー矯正で整えていきます。成人より時間を短縮して抜歯せずに矯正完了する場合がございますよ。

大人の矯正の料金は?

成人の全顎矯正ですと、上下でおおよそ50万円~90万円あたりが一般的ですね。ブラケットやワイヤーを目立ちにくくする審美的なホワイトワイヤー矯正、インコグニートと呼ばれる裏側矯正、取り外し可能な見えにくいマウスピースをご利用される場合は、料金が異なります。マウスピース矯正も、医院によってはホワイトニングの特典を受けていただける医院もございますよ。

まとめ

今回は「歯並び矯正の必要経費」について、一般的な料金をご紹介しました。トータルフィーや、その都度払い等クリニックにより異なりますが、手数料無料の分割払い、金利がかかるデンタルローンなどお支払方法も多々あり、矯正歯科は利用しやすくなっております。もちろん、クレジットカードでお支払いいただく事も、可能ですよ。矯正を始める際は、歯科医の技術や設備の他に、以上の内容をご参考になさってくださいね。


出っ歯はインビザラインで治らない!?驚きの治療法とは?

「インビザラインで矯正しても出っ歯は治らない」など、歯列矯正をご検討の方には気になる情報が多くありますよね。インビザラインは取り外し可能で透明なため、矯正装置を装着しているとは、周囲から見えにくい治療法です。今、とても人気が高い矯正装置です。

「上の出っ歯(上顎前突と専門的に言います)をきれいにしたいけど、インビザラインは、相性がいい治療方法?」と問われた際、装置の特徴上、返答に困ることがあります。それはなぜなのか。詳しくご紹介いたしますね。

出っ歯だけどワイヤー矯正は絶対イヤ!

歯科医院として、出っ歯でお悩みの方にはワイヤー矯正が一番効果がある方法と言えます。ただ、裏側矯正(舌側矯正・インコグニートと専門的に言います)でもない限り、ワイヤー矯正は人の目が気になる治療法ですよね。

遠目からは分かりづらいホワイトワイヤーで審美矯正をしても、近くに来られたら矯正装置を使用していることが見えます。それ以外にも、職業上の理由で、ワイヤー矯正ができない方もおられると思います。

出っ歯はインビザラインで治らない?

通常、出っ歯と申しましても、様々な歯列のケースがあります。

①奥歯は問題のない噛み合わせだけど、前歯のみ出ているケース。
②奥歯のかみ合わせが多少ずれているし、前歯も出ているケース。
③下顎が小さいため、前歯が出ているように見えているケース。

多いのはこの3つの症例ですが、患者様によりお口の状態が違いますので、その他にも種類があります。どの矯正治療で治す事ができるか知りたい場合は、矯正歯科に通院し、カウンセリングでお口の状態を診てもらう事が一番です。

カウンセリング結果により、歯科医師が患者様に合った治療方法を、提案いたします。ただ、ドクターがワイヤー矯正をおすすめしても、患者様のご希望がインビザラインという場合もありますよね。

インビザラインは、ガタガタした歯並び(叢生と専門的に言います)の治療に適しています。ただ、インビザライン装置で歯の移動が可能であると担当医が診断した際に限り、インビザラインで出っ歯を治療することも可能です。

一般的には、抜歯を行い、歯の動くスペースを作り、マウスピース(アライナーと専門的に言います)を装着します。ドクターチェックにより経過を見て、マウスピース交換をする事で、徐々に歯を動かす流れになります。

むろん、「抜かないでほしい」というご希望があれば、当院には、非抜歯でインビザラインを行うドクターもおりますので、ご安心ください。

それ以外の出っ歯の治療法ないの?

例えば、出っ歯の原因が歯のみ出ている訳ではなく、骨格ごと出ているという症例の方も意外と多いです。いくら矯正で歯並びを引っ込め、咬み合わせを良くし、綺麗になっても、口元のもっこりした感じ(口ゴボとも言いますね)は改善されません。理由は、上顎の骨が前方に突出しているからですね。

一般的に、鼻の先端と顎の先端を結んだ線上に、唇が触れるくらいが美しい横顔とされています。そのライン上より、唇が大きく出てしまっているという方は、おおかた、出っ歯でお悩みです。では、エラスティックライン、俗に言うEラインも美しくしたい場合はどうすればいいのかでしょうか。

セットバックで出っ歯が治るって本当?

セットバックと呼ばれるものは、外科的手術により、出っ歯や受け口が治せる方法です。当院では、口腔外科出身の執刀医が、二時間ほどの手術を行います。

手術内容は、検査で身体上の問題がないことをしっかりと確認したうえで、全身麻酔を行います。あごの歯槽骨の一部を切り、左右の小臼歯(犬歯の後ろの位置の歯で、第1臼歯とも言います)を抜きます。そして、出ている前歯を空いた隙間へ、骨ごと奥に引っ込めるという方法です。大学病院などでは入院が必要な医院もございますが、当院では日帰り手術できます。

※遠方からお越しの場合、当院には宿泊費負担などのお得な制度があります。どの地域からお越しいただくかによって、金額の差はございますので、詳しくは大阪矯正歯科グループのページをご覧くださいね。

骨が結合するまでの期間は、腫れを隠すためにマスクをしていただく事がデメリットではあります。ですが、矯正治療と比べて治療期間が短いのが、大きなメリットです。矯正治療がインビザラインで約2~3年必要なのに対し、セットバック術はおよそ半年程度で終了します。

メリットがあればデメリットがあるものです。そちらも包み隠さずお伝えしますね。セットバック術のリスクとしては、稀に骨膜炎や骨髄炎などの合併症、癒合遅延や癒合不全が起こることがあり得ます。

ただ、当クリニックは、多くの患者様を診療し、手術を行い、症例も多数診ております。不安な点があればスタッフにご相談くだされば、しっかりとアフターフォローいたします。また、担当医からの指示(思いっきり噛んだりすることは避ける等)を忠実に守っていただければ、お口のトラブルを回避しやすくなりますよ。

まとめ

今回は「インビザラインが出っ歯で治らない場合の治療法」についてお話ししました。ワイヤー矯正、マウスピース矯正のみならず、セットバックという外科的手術を行うという方法があることをご案内いたしました。

矯正に比べ、料金などが高くなりますが、それでも早く治る方がいいという方は、セットバックも選択肢の一つです。また、「セットバックなのか、矯正か、自分がどちらに適応するのかわからない」という方は、ぜひ認定医のいる歯科で無料相談を受診してください。それにより、出っ歯でお悩みのあなたに、合った方法がわかりますよ。

最近、インビザライン矯正という歯列矯正をつける方や、歯並びを治して綺麗にしようとしているユーチューバーを見かけます。そもそも、インビ...