インビザライン一覧

インビザラインでありがちな失敗例5種

今、流行りの見えにくいマウスピース型矯正を行ってみたいなと思っていらっしゃる方おられますよね。透明で取り外しできて、周囲から矯正治療開始したとわかりにくい。メリット多いからすぐ歯科医院探そうと思っておられる方、いったん良く考えて欲しいのです。

全くデメリットはないのか、注意すべき点はないのか、長所短所併せて装置の情報や知識を直に知り、検討されるべきだと思います。

患者様の歯列にたくさんの費用をかけて後悔しない為にも、インビザラインでありがちな失敗例5種についてまとめてみましたので、矯正歯科医として詳しくご案内いたしますね。

インビザラインでありがちな失敗例その1

「歯並び自体はきれいなんだけど、咬み合わせがずれたり、合わない」

例えば出っ歯や八重歯など見た目の歯並びだけを審美的に治療したけど、口の中心(専門用語で正中と言います)が上下で合わないことがあり、咬み合わせがずれる状態になるのです。また、奥歯は合うけど前歯は合わなくなったという症例はあります。

専門的に矯正歯科を学んだわけではない経験の少ない医師や、認定医のいない技術が乏しい歯科医院が、マウスピース矯正を診療科目として掲げている際、このような残念な結果になるケースが多くなります。咬み合わせが悪くなれば、全身に影響を及ぼす恐れもあります。

プロゴルファーでも咬み合わせが重要という記事になっていました。こちらでご紹介いたしますね。元々少し噛み合わせが悪く、虫歯や歯ぎしり、あごの痛みに悩んでいたプロゴルファーの星野選手が、マウスピース型矯正を始めたようです。

治療でマウスピース装置をつけ、かみ合わせが正常になることにより、頭の重量を支える顎が安定し、体の軸がぶれなくなり、単独首位をとれるようになったとのことです。この記事からもわかるように、問題のない咬み合わせは全身の健康においても大事だと言えます。


インビザラインでありがちな失敗例その2

「抜歯やスライス(専門用語でIPRと言います)で治療に余分な時間や装置がかかる」

インビザラインで歯を動かすためのスペース作りに、スライスや抜歯を行うことがあります。ただ、抜歯する個所にもよりますが、平行移動せずに奥歯が倒れこんでしまうというリスクがあります。倒れこんだ歯をリカバリー出来ない場合、処置としてワイヤー併用のインビザライン矯正を行うことがあり得ます。

周囲からわかりにくい矯正治療法を1番のメリットに考えている患者様にとっては、これはデメリットになりますよね。

また、スライスで歯をドクターが削りすぎると、その削った分だけ歯を動かさないといけない為、歯の移動に時間がかかったり、マウスピース(専門用語でアライナーといいます)の枚数を増やさないといけない場合があります。

スライスし過ぎた分だけ歯列矯正治療に通常より余計な時間がかかってしまいます。


インビザラインでありがちな失敗例その3

「お口の中が不衛生になり、歯周病や虫歯を引き起こしてしまった」

マウスピースの衛生管理ができていなかったり、マウスピース装着のまま飲食をしたり、歯ブラシでのお口の歯磨きが不完全な場合、歯周病や虫歯のリスクが高まります。それらが積み重なり、口腔内が歯周病や虫歯になってしまうと、矯正治療より一般歯科の治療が優先順位が高いため、いったん矯正治療をやめます。

つまり、その歯周病や虫歯の治療期間分、矯正治療の終了予定が遅れてしまいます。重度の虫歯に陥って、例えば抜歯せざるを得ない状況になってしまった場合、オリジナルで作製した型が合わなくなってしまうので、歯を抜かれた状態の口腔内を、もう一度クリニックでiteroやシリコンでの歯型採得をしないといけない事になります。

インビザラインでありがちな失敗例その4

「人によっては矯正による過度な力により歯根が見えてしまう」

過度な力をかけ歯を動かしていく歯科矯正により、歯槽骨が吸収されてしまい、歯肉が退縮し、歯根が見えてしまう現象が起きる事があります。

歯を支える歯槽骨がなかったり、医師が患者様のお口に合わない不可能な治療計画を立ててしまう等の場合、このような残念なトラブルが起こってしまいます。

インビザラインでありがちな失敗例その5

「矯正したのに、効果を実感できない」

患者様がせっかく矯正したのに効果を実感できない原因として考えられるのは、担当医に言われた装着時間を守らなかった場合、アライナーを順番通り装着しなかった場合、保定装置(専門用語でリテーナーと言います)をきちんとつけなかった場合などの理由が考えられます。

矯正治療をする為には、担当医と目指したゴールに向けて後戻りをしない為にも保定期間までやり遂げるぞというしっかりとした意志、通院も決められた間隔で行くことがとても大切です。

失敗しないためにはどういう事に気を付ければ?

では、このような失敗を防ぐ為には、どのような点に気を付ければいいのでしょうか。
私は3点注意すべき点があると考えます。

「症例などの実績が豊富な信用できる歯科医のもとで矯正すること」
口コミやホームページの情報の内容だけで決めてしまうのは大変にリスクが高いです。相性などもありますし、実際にコミュニケーションを取ってみないとわからないものです。矯正歯科の初診カウンセリングを予約受診して、このドクターとなら矯正治療を行えるかなど、信用のおけるドクター、スタッフがいる歯科医院かを見極めて治療を開始しましょう。

「抜歯やIPRなどの治療方法に疑問を持ったら、事前に担当医に必ず確認をすること」
1点目と重なる部分がありますが、カウンセリングで治療計画を立てた時に抜歯やIPRが必要だとなった際には、ドクターに不明な点や質問があれば必ず尋ねてください。後日になっても、些細な質問でも対応し、相談に乗ってくれる歯科医師であれば、それは信用のおける医師だと言えます。

逆に、後日になっても説明してくれず、診療開始を急かされるようであれば、他の矯正歯科を探してください。長くかかる治療ですので、相場かどうかも比較検討し、正しく治療を行えるクリニックに通院ください。

「装着時間を厳守し、マウスピースや歯のお手入れを衛生的にすること」
アライナーを最大限に付けて、装置の効果を引き出すことがマウスピース型矯正において重要です。併せてアライナーを清潔に保つ、洗浄も怠らない事です。衛生的なアライナーにより歯周病や虫歯のリスクを低くできます。少なくとも、計画通りの治療日数で行うことが可能になるのです。

治療計画通りに歯が動けば、患者様は綺麗な歯並びを手に入れることができます。このような失敗例を挙げることにより、患者様が失敗しない矯正を行えるように願っています。


インビザラインで痛いって酷いんじゃない?

「歯科医院のホームページにインビザライン使用する矯正は全然痛くないと書いてありますが、本当ですか?」とカウンセリング来院時に患者様からスタッフに尋ねられる事があります。答えに窮する質問ですが、痛みは治療方法を考える方にとっては不安材料ですよね。医師としてこの問題に詳しくご説明いたします。

インビザラインが痛い原因って何?

まず、ご存じと思いますが、インビザラインについてご案内いたします。インビザラインは、アメリカにあるアライン・テクノロジー社が開発した、取り外しができる透明な目立たないマウスピース型装置の治療法です。詳細はインビザライン上の公式サイトでご確認くださいね。
歯のガタガタや八重歯(専門用語で叢生と言います)の歯列にお悩みの方や、接客業等のお仕事でワイヤー矯正ができない方などが始めると最適な治療法です。歯科にて検査をし、iteroかシリコンで歯列の型を取り、患者様の独自のマウスピースを作製します。治療計画を立てる際、矯正治療完了までの歯の動き方の流れを見ることができます。

そのゴールに向けて、患者様はアライナーと呼ばれるマウスピースの長時間装着をしっかり頑張ってもらいます。定期通院のクリニックでドクターと歯の動きをチェックしながら交換していくことにより、徐々にきれいな歯並びに近づけていくのです。

ここからが本題ですが、痛みの原因は何か、心配ですよね。簡単に言えば矯正治療を行うことが原因です。新しいスペースへの歯の移動により、力がかかるため痛みが生じます。マウスピース矯正の特徴に、ワイヤー矯正と比較して痛みが少ないというメリットがありますが、痛みが全くない状態で治療完了したという方はあまり聞いたことがありません。

今まで虫歯以外で痛みが出ていないお口に、突然マウスピースをはめる訳です。しかも、自分の歯列より少し違和感や締め付け感があるものですし、歯の動こうとする力が加わるので、やはり痛みは生じますよね。しっかり動かすためには、程度によっては抜歯をしたり、アタッチメントをつけたり、ゴムかけをしたりするので、余計歯に力はかかるので、人により痛む可能性は高まります。

<インビザライン公式ホームページ参照>

インビザライン装着して痛いのはどれ位の期間で治まる?

インビザラインによるマウスピース矯正の治療期間は、部分矯正で約6ヶ月~1年、全体的な矯正ですと約2~3年かかります。その時間、動かし続ける間ずっと痛むのは耐えられないし、デメリットだという声が聞こえてきそうですが、もちろんずっと痛むわけではありませんよ。

まず、痛む期間ですが、一般的に長くても1週間、早ければ2~3日ですね。痛みは個人差もありますし、いずれ痛みにくくなるとお考え下さい。初めてお口の中にマウスピースを装着すると、痛みを感じる方が多いようです。治療開始の最初のうちは取り外しにも不慣れなので、お食事やおやつなど食べる際の外す時や、歯磨きで外した時に痛みを感じられる事もありますね。水を飲んだりすると少し治まる場合もありますが、やはり最初のうちは不快感が多いと思います。

95%の方は日にち薬で慣れますが、どうしても耐えられない程、例えば舌が当たったりしてもひどい痛みがあるというという方が5%いらっしゃいます。

期間が過ぎても痛いのが和らがない場合どうしたらいいの?

では、どれほど大きく痛みが続けば医院に診療してもらえばいいのでしょうか。よくある質問なので、なるべく具体的な目安をご紹介しますね。

目安はおよそ1週間以上経過しても痛みが鎮まらない場合です。アライナー装着して1週間以上経過したのに痛みが治まらない場合は必ず担当医にご相談ください。矯正歯科医が、患者様の痛みを和らげるように必要と診断すれば、マウスピースに切れ込みを入れたりカットする改善処置を行うことがございます。それにより、痛みが緩和され、患者様も放棄せずにマウスピース矯正を続けられるようにしていきます。

前歯の歯並びを気にせずお口を開けて笑うために、噛み合わせが良くなり、それ以外にも歯ブラシでの歯磨きによる歯周病予防などの予防歯科を丁寧に行えます。結果的に歯の健康を保つという意味でも歯列矯正はとても重要です。
皆様、参考になさってくださいね。



インビザラインとよくセットで出てくるiTeroって、何なの?

取り外し可能な透明のマウスピース型矯正装置、インビザラインは魅力的ですよね。実際、それで治療したいなと思われた際、マウスピース(アライナーと言います)作製をするiTeroって何か気になりませんか?

iTeroはそもそもどんなもの?

iTeroとはそもそもどんなものなのか。詳しくご説明いたしますね。現在歯科や医院で流通している最新のものは「iTero element(アイテロ エレメント)」という機械で行っていきます。

正式名称はiTeroスキャンニングシステム(アメリカのアライン・テクノロジー社が開発)ですが、咬み砕いて言いますと、口腔内に専用の3Dスキャナー(カメラみたいなものですね)を入れ、歯列矯正を行う歯の状態を直接撮影し、精密な歯型のデータをとることができる光学スキャンニングシステムです。

このシステムを導入した院では、従来の方法より早く、上下全顎でおおよそ1分程で、正確に歯型をデジタル化することができるという時間短縮面も魅力です。1分で患者様のお口の状態が把握でき、デジタル管理され、すぐにその診療の場でお口の状態を3D化して診て確認できるという性能のよいものです。ちなみに、このような機械ですよ。<下記写真参照>




iTeroは何がメリット?

さて、iTeroの時間短縮というメリットは判明しましたが、他にメリットやデメリットはないか、ご案内いたしますね。

iTero開発前に、マウスピース装着の矯正治療においての最初の難関は、歯型を取ることでした。シリコンでの型どり(シリコン印象と専門的に言います)と呼ばれる歯型をとる治療過程ですが、クリニックで歯型を取る際、シリコン(材料)を口に入れます。シリコンが硬化するまで当の患者様はお口を開けておかなければならず、歯型採取まで患者様も、それを強いる技術があるスタッフでも、結果どちらも疲弊しますよね。

また、シリコン特有の特徴的な臭いが苦手な方や、嘔吐反射が酷い方、口を開けにくい方には、一層苦痛な時間となります。その点、iTeroは直接歯に触れることがなく精度の高い歯型を記録できますし、シリコンと違い口をいったん休めることも可能です。

シリコン印象ですと、歯型をアライン・テクノロジー社へ輸送し、そこからコスタリカへ輸送する手間がありました。<下記図1参照>
コスタリカで工業用CTにスキャンし、クリンチェック作製まで約2週間、そのため患者様の手元にアライナーが到着するのは約4週間~6週間と、かなり先になってしまっていました。

ところが、iTeroの流れを説明いたしますと、口腔内データは直接コスタリカへデータを送信しますので、2回の輸送にかかる日数が短縮されます。<下記図2参照>
また、シミュレーション(クリンチェック作成)もシリコン印象に比べ、採得の3日以内に医師の手元に届くため、製作も早く、患者様の手元にアライナーが提供されるまで3週間~4週間となります。矯正を一刻も早く始められたいスピード重視の方には大きなメリットですよね。

    <図1.従来の輸送時間や距離>         <図2.必要なくなった輸送距離>



iTeroのデメリットは?

メリットばかり書かれているiTeroですが、本当にデメリットはないのでしょうか。お口の中に入れる機械ですから、体に影響を及ぼすものはないか、安全性はと不安視される方も多いですよね。

CTなど医療器具においてわずかな被ばくをするのは、皆様周知の事実かと思います。では実際、iTeroは被ばくなど安全性は高いのでしょうか?

結論から申し上げますと、放射線を使用しないという理由により、被ばくは致しません。また、シリコンでの型どり(シリコン印象)の際にたまに起こっていたトラブルとして、印象材(シリコン)の誤嚥がありましたが、お口に物を入れていないので解消されました。勿論、スキャンの器具の先端部は新しい分に交換し使いますので、衛生面でも安心ですよね。

あまり患者様に関係ないお話かもしれませんが、iTeroは医院で導入の際、ある程度高額な費用が発生いたします。一般的な歯科でドクターがマウスピース矯正を始めてみようという専門ではないクリニックですと、iTero導入には二の足を踏む金額がかかります。それをデメリットと考えるドクターもいるかもしれませんね。

もし、少しでもインビザライン矯正治療を楽に受けたい、快適に開始したい、時間のロスなく計画的に行われたいと思われた時には、iTeroを施設に設置しているクリニックを予約し、お探しくださいね。

ちなみに、iTero element2と口腔内スキャナーは、2018年に世界的なグッドデザイン賞、デンタルエクセレンスアワード(診断部門)を受賞した記事を見つけました。グッドデザイン賞は皆様ご存知だと思いますので、専門的なデンタルエクセレンスアワードについてご紹介しますね。

歯科医療業界において優れた新製品、サービス、会社と指導者に授与されます。ノミネートはサイトの読者ですが、選定は業界の専門家たちによってされるとのことです。よりよい治療と診断に欠かせない商品とサービスに対しての表彰ですので、患者様にとっても安心がおけるものですよね。

以上の点を踏まえると、今後見えにくい矯正である、取り外し可能な気軽なマウスピース型矯正が、日本のみならず海外でも大きく広がっていくでしょうね。





igoとインビザラインの違いを知っていますか?


インビザライン矯正など、歯科矯正を検討中、相談希望の方の中には、igoと呼ばれる文字をご覧になる機会もあるのではないでしょうか。igoとは何なのか?インビザラインとの大きな違いは何か?詳しくご案内いたしますね。

igoってどんなもの

歯科で歯列矯正をご検討の際、ちらちら目にする事のあるigoとはどのようなものでしょうか?
端的に言えば、インビザライン(金属を使用しない取り外し可能な透明のマウスピース矯正)の矯正治療法の中の一つのシステムです。

igoは部分矯正の中でも、前歯のみに特化した部分的な治療法であることと、前歯の部分矯正が可能かを専用アプリで診断するので時間のロスも少ない方法です。そして、部分矯正となれば、必要なマウスピース(専門用語でアライナーと言います)作製を抑えることできます。

費用も全顎矯正は高いですが、部分矯正のインビザラインの治療費は安くなりますので、そのためお手軽な料金で行える矯正と言えるのがメリットですよね。

一般的に口を開けて笑う時に、目に入るのが前歯の印象ではありませんか。「他は歯列矯正しなくてもいいけど、前歯の出っ歯だけは目立つから医院で動かす事をしたいな」「就活や結婚等の人生の節目の際、前歯のガタガタを歯医者で綺麗にして、気にせず笑顔でいたい」「歯の健康が気になるけどお金ないから前歯だけ」と思われる方は多いと思います。

表側からの矯正に比べて目立たないマウスピース矯正ですので、接客業の方や、矯正治療開始を知られたくない方におすすめです。

実際に、全国の花嫁に結婚式へ向けて歯列矯正をした人の満足度を調査した記事がございます。500名以上の方が調査を答えてくれています。下記詳細、ご紹介しますね。
~全国の先輩花嫁351名プレ花嫁200名に調査を実施~
自身の写真を確認し、多くの方が前歯の部分矯正をしてよかった、もしくはすればよかったと思われているのがわかりますよね。


アプリ使用してigo診断するってどうなの

それでは、igoの治療内容の流れや特徴について、簡単にご説明いたしますね。

まず、来院カウンセリング時に、アメリカのアライン・テクノロジー社より開発・提供されているスマホの専用アプリを使って診断します。部分矯正だけど、アプリ診断って精密じゃないし少し簡易では?とデメリットに思われるかもしれませんが、igoセミナーを受講しIDを取得できたドクターのみがアプリの使用を許可される導入制度ですので安心ですよ。

このアプリで医師が患者様のお口の中を複数撮影・アップし、AIが画像により世界的に収集した膨大な症例データで難易度を判断し対応します。すると、従来と異なり、適応可能なケースかどうかの診療可否が数分後にわかります。

歯周病などもなく軽度と診断され治療が可能な状態であれば、クリニックでシリコンによる歯の型どりもしくはiteroを行い、またレントゲン検査などにより、必要な口腔内の情報収集をし、シミュレーションをモニター上ですることになります。

用いるマウスピースの枚数が少ない結果、大体予約のペースが1ヶ月~1ヶ月半ごととなり、通院回数が少なくなります。歯の移動が治療計画通りか矯正医がチェックをし、マウスピース交換を行っていただき、綺麗な歯並びに完了となれば、保定装置を装着する流れになります。

インビザラインの枚数少ないタイプと何が違う?

ただし、枚数少なく矯正するタイプのインビザラインの矯正と同じじゃないの?と思われる方もいらっしゃいますよね。
確かにインビザラインの全顎矯正ですとアライナーの枚数制限は無しですが、14枚のみのアライナーでの部分矯正と、igoってどう差があるのか疑問に思います。

前歯に限らず、気になる部分の矯正を行うのが14枚のアライナーで行う部分矯正です。それと異なり、igoは前歯のみの範囲に特化した部分矯正とお考え下さい。前歯か、前歯じゃない部分か、どの位置に対して部分矯正治療するかという点が違うと思えばおわかりいただけますよね。

院でigoでの治療が不可と出ても諦めず、矯正治療方法や質問をドクターやスタッフにご相談ください。他の装置を装着する全体的な矯正になるのか、もしくはワイヤー併用のインビザラインによる部分矯正などか、きちんと理由を説明し、できるだけ希望を叶えられるような治療法を模索しますよ。


インビザラインで飴などの間食ってどう?あと、洗い方ってあるの?

インビザラインは透明のマウスピース型の矯正装置です。「取り外し可能だからインビザラインしたいけど、日常の食事や、飴とかの間食できる?」「ケアとか洗い方気になる」という疑問について少しご説明いたしますね。

インビザラインしたら、本当に普通の飲食楽しめる?

日々生活を送られる中で、大人も子供も食を楽しみにされている方は多いのではないでしょうか。おいしいものを食べると、人間幸せな気分になりますよね。

歯並びを綺麗にされたいとカウンセリング(最近は無料の医院も多いです)に来院されても、「矯正すると、人と楽しく食事できない」という不安点を相談の際、耳にします。表側のワイヤー矯正ではやはり当の本人様以外に、矯正治療を行っていることがわかりますので、ご本人様が人目を気にし、楽しめないという気持ちもわかります。

症例やお口の状態にもよりますが、人目が気になる方には透明のマウスピース型矯正装置、つまりインビザラインによる歯科治療をご案内しています。飲食前にさっと外し、ご自身の歯で周囲の目を気にせず、食事を楽しめるという事がメリットの一つです。

では、アライナー(マウスピース)の装着を外せば、なんら変更のない飲食を楽しんでもいいのでしょうか。結論から申し上げますと、何でも良いわけではなく注意が必要ではあります。まず、飲み物は水をおすすめします。砂糖の入った飲料は、虫歯になりやすくするリスクを高めてしまいます。

また、砂糖が入っていなければトラブルがないのかと言えば、そうではありません。例えば炭酸飲料は、口の中を酸性にするので、砂糖の入った飲料と同じく虫歯リスクが高まります。「お茶ならいいか」と思われがちですが、お茶はステインという着色汚れが歯につき、結果的にアライナーにも着色するリスクとなります。

同じ理由で、カレーはステインが付きやすい食べ物です。食べたい場合は「今から診療予約してるからしっかりチェックしてもらうし、新しいアライナーと交換だから」と通院の前に食べられることをおすすめします。多少汚れがついてもその後通院されるので気にならないかとは思いますが、少しの時間でも気になさる方は控えられるといいですね。

インビザラインで飴とか間食はOK?それとも我慢?

さて、間食についてですが、歯磨きができる環境であれば間食しても構いません。しかし、外出などにより間食の度に、歯のお手入れはできにくい方が多いのではないでしょうか。先程も申し上げたように、マウスピース装着のリスクとしては「歯を覆うため、虫歯を引き起こす悪い口腔環境になりやすい」というのがデメリットです。

もし「飴くらいいいわ」とアライナーを装着したまま、なめられると、マウスピース内に汚れがつき、虫歯のリスクがさらに高まります。重症化すれば痛みをとるための虫歯治療の時間が矯正治療期間に追加され、矯正が終わって綺麗な歯並びになるためかなり長く年月がかかります。以上の事を踏まえて、面倒でも間食の際はアライナーを外してください。ワイヤーとインビザラインをどちらも体験された方の体験談を見つけました。下記、ご紹介いたしますね。

NEWSポストセブン掲載「TV『雑学家族』で話題の最新歯科矯正 美人管理栄養士の体験談」

食後のインビザラインでケアどうしたらいいの?

通常、口腔内は唾液が大きな働きをします。唾液分泌の作用により、口腔内を殺菌したり、再石灰化を促す効果があるのです。たとえ歯磨きができない環境でも、汚れや残りかすが流れていきます。

ただ、マウスピースによる矯正の際は、唾液の作用も低く、歯も覆われていますので、虫歯や歯周病の要因が多く発生しがちです。
それを防ぐためには、やはり飲食後には歯磨きを徹底して行う事です。磨き残しがあれば、そこに細菌が繁殖するベースを作ってしまいます。

毎日の歯磨きでは、歯ブラシだけではなく、歯間ブラシ、フロスを使用し、綺麗に磨き上げたのを確認してからマウスピース装着をしてください。そうすることにより、お口の中も、マウスピース内も清潔に保つことができます。きちんとしたクリニックでは、インビザラインを始める前に、院の歯科衛生士による歯磨きの指導を患者様に受けていただく場合もありますよ。

インビザラインの洗い方ってどうすればいいの

インビザライン矯正は、おおよそ2週間ほどでアライナーを交換していく矯正治療法です。外したアライナーは必ず水洗いをしてください。寒いからとお湯洗いをしてしまいますと、熱により変形し、歯型にはまらなくなってしまいます。

きちんと歯磨きをされていれば、それほど汚れがつくものではありませんが、汚れが見えた場合は、歯ブラシでやさしく磨いてください。
面倒だからと放っておかれると、臭いの原因になり、白く変色することもございます。

また、着色汚れが付いた場合は、市販の洗浄剤ではなく、インビザライン専用の洗浄剤をお使いになり、洗ってください。市販品を使った場合、アライナーが白くなったりすることがあるので注意が必要です。
外される際はインビザライン専用のケースに保管し、破損、もしくは不衛生な環境にならないよう注意することもお忘れないようにして下さい。

もっと詳しく知りたいと思われる方は、下記のインビザライン公式ホームページをご参照くださいね。

インビザライン「マウスピース矯正のお手入れの仕方」