矯正治療中の歯磨きは電動歯ブラシのみでOK?

歯列矯正を行っていない方でも、食後の歯磨き(歯ブラシや、電動歯ブラシご使用)はなさっておられる方も多いでしょう。きちんとした角度からブラッシングをすることで、通常、口腔内に起きやすいトラブルである、虫歯や歯周病を防ぐことが可能になります。

ただ、歯並びのお悩みがあり矯正治療を考えられた場合、矯正器具の装置を歯に付けるのにお口の健康を保てるか、ご心配だと思います。今日は「矯正治療中の歯磨きは電動歯ブラシのみでOK?」という事についてご紹介いたしますね。

歯並びのお悩みとは

出っ歯(上顎前突)、開咬(オープンバイト)、八重歯(叢生)、受け口、ガミースマイル、過蓋咬合など、不正咬合の種類は様々で、どのケースに患者様が該当するかにより、ドクターの治療方法は異なります。歯列以外にも、顎関節に負担がかかる噛み合わせなどの症例も矯正を行う理由になります。

お口の不正咬合の原因につきましては、実際に歯科医師がカウンセリングや精密検査で詳しく診療し判明しますが、歯科医院で行う矯正には様々な種類があります。

矯正治療について

全顎矯正か、部分矯正かによっても治療期間や費用は大きく異なりますが、矯正治療についても、種類がございます。

周囲の人からはわかりづらい透明なマウスピース型矯正装置で、ご自分で取り外し可能なインビザライン。
表側につけないので、矯正治療中とはわからない歯の裏側(舌側)にブラケットを付けてワイヤーを通すインコグニト(舌側矯正・裏側矯正)。
費用の安さが魅力で表側にブラケットを付け、ワイヤーを通し、治療期間も短い普通矯正(ワイヤー矯正・表側矯正)。

最近では、インビザライン矯正をご希望の患者様が多いですね。

矯正すると歯垢が付きやすい原因は?

矯正の器具にはメリット、デメリット、それぞれ特徴がございます。いずれも歯に器具を装着して、歯の動きを促進していく流れとなります。

食事を摂ることは全身の健康において必要不可欠ですが、食べたまま放置すると、器具と歯の間に食べかすや、歯垢(プラーク)がたまり、ミュータンス菌の温床になります。それにより歯石が増えて、エナメル質が酸で溶けていきますので、虫歯や歯周病になってしまう可能性が高まります。

また、抜歯などの重症化になればその治療も必要となりますので、矯正の治療期間に加えて、虫歯の治療期間が必要となり、治療料金も加算されます。そのようなリスクを減らすためにも、アフターケアのブラッシングを丁寧に行うべきですよね。

矯正歯科治療中の歯磨きについて

クリニックで矯正治療中の方は、どう細かく歯磨きを行えばよいのでしょうか。

具体的に申し上げますと、とにかく、おやつでもなんでも食べたら磨きましょう。磨くことが難しい場合、例えば外出している際は、うがいを行うようにしましょう。ブラッシングが可能であれば、手鏡を持ったり、もしくは鏡を見て歯ブラシで磨くことをおすすめします。

インビザライン以外の治療法は、ご自身で着脱などの取り外しはできません。ワイヤー矯正ですと、ドクターのチェックや交換時のみ外し、新たなものと交換します。つまり、装置をつけたまま、磨くことになりますので、一般的な歯ブラシでの歯磨きのみですと、虫歯リスクを高めてしまいます。

ブラッシンググッズ

それでは、歯ブラシ以外にどのようなデンタルケアグッズを使用し、矯正中のお口の健康を保てばいいのでしょうか。順番にご紹介していきますね。

電動歯ブラシ(音波式電動歯ブラシ)

電動歯ブラシは、歯茎(歯肉)の活性に役立てることが可能なタイプもあります。歯肉には使用できないものもございますので、そのタイプかどうかしっかり確認をしてくださいね。

一般的な歯ブラシと使用方法が違い、少し触れるだけで、汚れが取れますので、力を入れ過ぎて歯や歯周組織を痛めないように注意してください。また、歯磨き粉を付けて磨くと歯を痛めますので、電動歯ブラシの時にはやめましょう。毛先が広がりかけたら、ヘッドを交換することもお忘れないように願います。

タフトブラシ

タフトブラシ

形状が独特な形をしているデンタルケアグッズです。毛束が一つにまとまって、山のような形をした歯ブラシです。歯と歯の間や、矯正装置と歯の隙間に入り込みやすいような設計になっていますよ。

歯間ブラシ

矯正していない一般的な方の使用方法は、歯と歯の間(歯間)をきれいに磨き上げるデンタルケア用品ですよね。矯正治療の方はそれに加えて、ブラケットの周囲や、ワイヤーの下の部分を磨く事にも使用します。大変使いやすいものです。

フロス

糸ようじともよばれるものです。歯と歯の隣接面を磨いたり、歯周ポケットを掃除します。ワイヤー矯正をなさる方は矯正用のフロスというものもございます。ヘッドやアームの部分が細くなっている設計なので、歯垢を効果的に除去しやすいですよ。

まとめ

今回は「矯正治療中の歯磨きは電動歯ブラシのみでOK?」という事について、ご説明いたしました。ご紹介したようなデンタルケアグッズを駆使し、口腔内の健康を保ちましょう。

全体的な歯科矯正に及んだ場合は、数年に及ぶ長い治療です。保定期間終了後の綺麗な歯並びを目指して、きちんと期間内に終わらせましょう。
そのためには、毎日の歯磨きを怠らないようにしていきましょうね。

ラミネートべニアで矯正?後悔しない為に知っておきたい事

ラミネートベニアという矯正治療の方法を聞いた事がありますか。歯...

記事を読む

矯正で後戻りした時の2つの原因

治療を終えて綺麗な歯列を手に入れられたら、「矯正による後戻りの...

記事を読む

インビザライン使用時に、キシリトールタブレット摂取は有効?

「インビザラインを使用するときに、キシリトールタブレットを...

記事を読む

裏側矯正中に食べるおすすめの食べ物って?

「裏側矯正中に食べるおすすめの食べ物」は、何かご存知ですか。 ...

記事を読む