歯科矯正用のアンカースクリューって怖い?

歯科矯正用のアンカースクリューって怖い?

矯正治療の計画を作成する時に、アンカースクリューの埋入をご提案する場合があります。歯科医がカウンセリングや検査で患者様の歯列をチェックし、アンカースクリューが必要と診断することは珍しくはありません。言葉からだと、なんだか怖いイメージですが、どのようなものかて詳しくご案内いたしますね。

矯正で使用するアンカースクリューってどんなもの?

アンカースクリューは、別名ミニスクリュー、ミニインプラント等と呼ばれ、歯科の専門用語ではTADと言います。2012年に厚生労働省の認可を受けた治療方法です。
上の写真のように小さなネジの形をしており、大きさは直径1.5mm、長さ7~8mmで女性の小指の爪よりも大変小さな目立たないサイズです。
これを歯茎に打ち込んで、歯を引っ張って動かすための固定源として、歯との間に矯正用のゴムをかけて引っ張ります。

歯ぐきにネジを打ち込むなんて怖いと思うかもしれませんが、痛みや腫れが生じることはほとんどありません。
アンカースクリューを使うことで強い力で歯を引っ張ることが出来、抜歯を伴う矯正治療等、歯を大きく動かさなければならない八重歯や出っ歯の治療に効果的です。
歯が動きやすくなるので、治療期間の短縮にも繋がります。

歯科矯正用アンカースクリューってどんな時に使うの?

歯科矯正用アンカースクリュー

上のイラストの様に、歯と歯の間にすき間があって、歯を動かしてすき間を埋めたい場合に、固定源としてアンカースクリューを使います。

上のケースでは、大臼歯を前に動かすことですき間を埋めます。
歯をどちらに動かすかで、アンカースクリューを打つ場所が変わります。例えば前歯を後ろに下げたい場合は、奥歯の歯茎に打ち、ゴムで後ろに向かって歯を引っ張ります。

スクリューを埋入する位置は、より正確に、精密にするために、クリニックでレントゲン撮影をします。画像で部位や方向を確認し、局所麻酔を打ち、場所を限定して埋め込むのが一般的です。素材はチタンやチタン合金製で骨との親和性も高く、体に優しいものです。矯正歯科治療が完了し必要なくなれば抜いてしまいますし、インプラント治療のように、一生お付き合いするというものではありません。

歯科矯正用アンカースクリューのメリットは?

アンカースクリューのメリットとしてまず挙げられるのは、従来の治療期間を短縮することができます。利用する固定源がある為、通常よりも早く歯の移動をすることが可能となります。特徴としましては、舌側矯正(リンガル矯正)を選択された患者様に多く行いますね。

また、出っ歯(専門用語で上顎前突と言います)の症例の患者様に大変メリットのある治療法です。昔は、改善のために在宅時にヘッドギアという頭蓋骨を固定源にする装置を、かぶってもらうという治療法をクリニックで行っていました。見た目の問題で、装着をきちんとできる患者様はなかなかおられず、負担が多いというのが課題でした。

ですが、矯正用アンカースクリューを埋入すると、ヘッドギアを使用する必要がなく、十分な効果が得られます。奥歯を安定させて動かさず、咬み合わせを悪くしないようにしながら、歯をしっかりと内側に動かすことができるのです。出っ歯の方以外にも、ガミースマイルの方や、開咬の方など口元のさまざまな症例に効果的な治療法です。大変小さなものですので、笑っても周囲にわかりにくく審美的ですし、それに伴う違和感も少ないです。

歯科矯正用アンカースクリューのデメリットは?

デメリットとしては、担当医が矯正歯科医としての経験が豊富でない場合、失敗する可能性があります。費用や料金はもちろん検討材料ですが、そのようなリスクもしっかり考えましょう。できれば症例数や実績のあるドクター、認定医がいる歯科医院をお選びくださいね。

また、アンカースクリューが不安定ですと(専門用語で動揺、脱落と言います)、再埋入となります。処置にどれほど時間がかかるか不安に思われる方もいらっしゃると思いますが、10分程度で終了いたします。もし、口腔内で不安定だと感じた場合は、すぐご相談いただき、予約よりも早くご来院くださいね。

矯正治療完了後に跡残らない?


矯正治療が終了し、アンカースクリューを抜く事を考えた際、怖いと身構える方がいらっしゃると思います。スクリューを抜く時どのような方法か、詳しくご説明いたしますね。

いざ抜く場合は、麻酔がほとんど必要がないとお考え下さい。つまり麻酔の使用がいらない程の小さなスクリューを抜くだけです。1本抜歯するような痛みはなく、怖いものではありませんのでご安心くださいね。もし、歯科医が必要と判断した場合は麻酔を使用しますが、ほとんどのケースでは必要ございませんよ。

穴が開いた場合、ふさがるのだろうかと疑問に思われると思います。個人差が多少はありますが、スクリューを抜いた翌日には、歯肉の穴は見えなくなる程、人間の体は治癒能力が高いのです。消毒のみで、穴への治療は不要ですので、気にしないで大丈夫ですよ。骨にあけた穴も数か月後にはふさがっていますので、飲食をされて抜いた穴に食べ物が入って膿が出るか、歯磨きは大丈夫かというトラブルは考えにくいですね。

まとめ


今回は、アンカースクリューというものについて詳しくご説明いたしました。
矯正の治療計画にてアンカースクリューが必要だと矯正歯科医に告げられた方、少しご不安が減ったでしょうか。是非、上下左右全て満足のいく歯並びになるというゴールに向かい、治療の一歩を踏み出してみませんか。

あなたの矯正で使うかも!?2種類のゴムとその理由
クリニックでワイヤーの矯正をする際、患者様の症例や口腔内の状態によ...