矯正で出っ歯が悪化することがあるって本当?

矯正で出っ歯が悪化することがあるって本当? 歯並びを歯科矯正で治す際に、注意しなければより悪化して出っ歯がひどくなるという事があります。出っ歯の悪化はどのような場合に起こるのか、原因は何か?どう対処すればよいのか?どうすれば失敗しないのか? 今日はそのような事について詳しくご説明いたします。

出っ歯とは

出っ歯とは上の前歯が前に出ている状態の不正咬合のことで、歯科専門用語では上顎前突といいます。 出っ歯を治したいと思っておられる方は審美的な問題を解決したい方が多いのですが、出っ歯であることで食べ物がうまく噛み切れない等の咬合の問題もあり、健康上のリスクとなります。

日本人は出っ歯になりやすい?

アジア人と欧米人の骨格の違い そもそもなぜ日本人やアジア人は欧米人と比べて出っ歯になりやすいのでしょうか。出っ歯になりやすい原因は、もともとの骨格に大きな差があります。 上の図のように、日本人の骨格は欧米人と比べると奥行きが小さいことがわかります。つまり、欧米人と比較すると口内が小さい傾向があります。 昔から日本人は出っ歯になりやすい骨格だったと考えられる記事があります。NHKの大河ドラマ「麒麟がくる」で吉田鋼太郎さんが演じておられる松永久秀という人物についてです。 実は、松永久秀は出っ歯だったという肖像画を発見したそうです。この肖像画は本物である確率が高いようで、この人物は確かに上顎の前歯二本が出ているように描かれています。つまり、日本人の骨格は、昔から出っ歯になりやすいお口という事がよくわかりますよね。<参照先:サンケイビズ>

とはいえ、厚生労働省の調査によると、日本人の不正咬合の中で一番多いのは叢生(ガタガタ、八重歯)です。出っ歯の方は全体の中では割合が小さいことがわかります。 日本人の不正咬合の割合

非抜歯矯正で出っ歯になるケースがある?

歯が並ぶ為のスペースが足りない 歯が並ぶ為のスペースが足りない状態なのに歯を抜かずに矯正治療を行った場合、歯のガタガタは治ったものの、出っ歯になってしまいます。 これは明らかに担当医の経験不足によるもので、歯が並ぶ十分なスペースを作ることを考えずに無理に非抜歯矯正で歯を並べてしまい、結果的にスペースが足りないために出っ歯になってしまったというものです。このような失敗のケースがあるために、「非抜歯矯正で出っ歯になる」または「非抜歯矯正で出っ歯が悪化する」という話が独り歩きしてしまったものと思われます。 矯正の治療計画を立てる際には、歯を並べるためのスペースをどうやって確保するのかを必ず考えなければなりません。歯がガタガタになっている、又は出っ歯になっている状態というのは、歯がきれいに並ぶ為のスペースが足りなくてギュウギュウになっている状態なので、まずその原因を解決する方法を考えなければならないのです。 患者さんが「歯は絶対に抜きたくない」とおっしゃっても、どうしてもスペースが足りない場合は、矯正担当医は治療後に出っ歯になる可能性をしっかりご説明し、出っ歯を改善するベストな方法を患者さんに示さなければなりません。

非抜歯だと出っ歯の矯正は絶対に無理?

非抜歯矯正で出っ歯が全く治らないという事はございません。 出っ歯やガタガタの程度が軽いケースですと、抜歯せずにスライス(ディスキング)という方法で歯の両サイドを0.2mm程度削ってスペースを作り、ワイヤーやマウスピース型の装置で矯正して歯を並べることが可能です。

ただ、程度が重いケースの患者様は非抜歯で矯正を行うことは出来ません。スライスで作ったスペースだけでは歯が並びきらず、歯列がきれいに整うことが期待出来ないからです。 また、スペースがやや足りない状態で無理に非抜歯矯正を行った場合に、矯正治療後に徐々に出っ歯になっていくことが予想される場合も、非抜歯矯正はお勧めいたしません。

まとめ

 今回は「矯正で出っ歯が悪化するって本当?」という事についてご紹介いたしました。 出っ歯は親からの遺伝が多いということもありますが、もともとの口呼吸や指しゃぶりという子どもの頃からの症状により、上下の歯に長期間悪い影響を及ぼしたことで出っ歯になる方が多いです。頬の筋肉の力が大きく作用しすぎたり、影響が生じているのですね。

例えば、子供のうちに口呼吸から鼻呼吸に一度治してあげると、身体への負担が減ってより良い健康へとつながり、感染症などの病気になりにくくなるので、口呼吸は出来るだけ子どものうちに治すことをお勧めします。