【動画】出っ歯の治療方法 歯だけが原因の場合

出っ歯の方は色々なパターンがありまして、大人の方でいうと、このような方法があります。子供の場合はちょっと複雑なのでこちらには書いていません。

大人の出っ歯には「歯だけが原因の場合で出っ歯になってる場合」と「骨格が原因で出っ歯になっている場合」と大きく二つあります。

歯“だけ”が出っ歯とはどういう歯並びのことか?

出っ歯の様々なパターン

歯“だけ”が出っ歯の方になってるということはどういう状態かというと、上顎の骨格は出ておらず、上の前歯が外向きになっているだけの状態のことをいいます。

最近口ゴボという言葉がありますが、口ゴボのように骨格、つまり歯ぐきが出てるわけではなくて、骨格は正常ですが前歯だけが出ているという方は結構多いです。

特に前歯二本だけが出ている方が非常に多く、このような方が出っ歯を治すと特に女性の場合はかなりイメージが変わって美人になります。

前歯二本が出ているとはどのような状態かといいますと、前歯二本がすごく大きい方がおられます。前歯が大きくて歯の長さも長いという方もおられます。

どうして前歯二本だけが出っ歯になっているのかというと、歯並びは歯列といって、アーチ型
になっています。このアーチの半円の円周が短かいと歯が並びきらなくて歯がガタガタに並んだり、八重歯になったり、前歯二本が飛び出たりして歯並びが悪くなってしまいます。

出っ歯はどうやって治す?

出っ歯はどうやって治すかというと、お口の半円の円周の長さが長ければ、歯はきれいに並びます。しかし大人の方は顎の骨の成長が終わってしまっていますので、歯列を大きくすることは出来ません。

出っ歯の治し方歯だけが原因の場合

その場合は、出っ歯や八重歯が酷い方は、小臼歯と呼ばれる歯を抜いて、そのスペースに歯を送って並べていくという方法で治します。

前歯二本が出てるだけの簡単な治療の方の場合は、小臼歯を抜く必要がありません。小臼歯を抜くと前歯が下がりすぎてしまい、他の問題が出てきます。

では、前歯二本が出てる方の場合はどうやって治すかということですが、このまま歯にブラケットというボタンのようなものを貼り付けてワイヤーを通す装置で治療すると、逆に出っ歯になってしまいます。

どうして出っ歯になるかというと、アーチの円周の長さが変わらないのに無理に並べようとすると、歯自体がこのアーチの円周よりも外に外向きに並べないと並ばないということになります。それを避けるために、スライスという方法で歯の横幅を僅かに削って小さくします。

スライス矯正(オプション)の説明

スライス矯正

歯はエナメル質という組織が外側にあり、その中に象牙質という組織があります。エナメル質は結構分厚いので、歯の外側を少しだけ削って歯の横幅を減らします。

スライスの量は大体0.25mm~0.5mm位です。仮に1本の歯の片側で0.25mmスライスしたら、左右合わせて一本あたり0.5mmスライスとなり、その分だけ歯の横幅が狭くなります。

例えば前歯六本に対してそれぞれ六本に同じように歯の左右を0.5mmずつスライスすると、合計3mmのスペースができます。

そして前歯に1.5mm重なりが二か所ある場合、歯の重なりをスライスで作った3mmのスペースで解消することが出来ます。

つまり、半円のラインから飛び出る事なく、歯を綺麗に並べることができます。この場合は部分矯正という範疇の治療法になり、簡単に治すことが出来ます。前歯二本だけが出ているという方は、非常に簡単に治って歯にダメージもありません。

ワイヤー矯正とマウスピース型矯正インビザライン

矯正装置の種類

前歯二本だけが出ている場合は、歯にブラケットというボタンのようなものをつけてワイヤーを通して引っ張って治すことも出来ますが、最近はワイヤー矯正よりもマウスピース型矯正装置で治す方が多いです。

マウスピース矯正は、その中でも最も歴史があって世界中で症例数の多いインビザラインという方法があります。インビザラインでこの前歯ニ本だけの出っ歯を治すことができます。

二本だけ出っ歯の場合はそれぞれの歯を少しだけスライスしていきます。スライスで歯を動かすためのスペースを作ってマウスピース型矯正のインビザラインで治療することは可能です。比較的軽度の前歯二本の出っ歯であれば短期間で治すことができます。