歯を抜かないスライス(ディスキング)矯正

歯を抜かない
スライス(ディスキング)

歯をきれいに並べるには歯を動かすスペースが必要

乱ぐい歯や八重歯の治療のためには、まず小臼歯(犬歯の後ろにある歯。上顎と下顎にそれぞれ二対あります。)を抜いてスペースを作ります。そして、抜歯によって出来たスペースを利用し、ワイヤーや取り外し式の矯正装置を使って歯を動かして行きます。

抜歯をするとスペースが空きすぎることもある

しかし歯の重なり程度があまり酷くない場合には、小臼歯を抜くことでスペースが出来過ぎてしまう場合があります。また、歯を抜かずに矯正治療をしたいとおっしゃる方や、ご病気のために麻酔ができない方もおられます。そのような場合に、歯を抜かずに少し削ることで、歯をきれいに並べるスペースを作る方法が、スライスです。
※スライスは歯科医院によってディスキング、IPR、ストリッピング等とも呼ばれます。

歯並びのために歯を削るなんて嫌だと思われるかもしれませんが、歯を抜くよりは遥かにダメージが少なくメリットのある方法です。

スライスしても歯にダメージはありません

歯は内側に象牙質があり、外側にエナメル質があります。スライスするのはエナメル質の部分で、エナメル質の厚さの1.5mmのうち側面の0.25mm〜0.5mmを削ります。

歯を削ったら歯に悪いことはないのか心配されると思いますが、歯の健康や寿命には全く問題のない範囲内で削るため、スライスによる歯へのダメージはありませんのでご安心ください。

歯をスライスする際には少し振動がありますが、エナメル質には神経はありませんので痛みに関しての心配はいりません。

スライス


虫歯リスクもありません

スライスすることで虫歯になるのではと心配される方もおられますが、虫歯になることはありません。スライスした面は十分研磨します。むしろ歯並びが悪い状態の方が、虫歯や歯周病の危険が高くなります。

スライス(ディスキング)はヨーロッパではメジャーな方法で、当院でも歯を並べるスペースを作る際はできるだけ抜歯せずにスライスで行っています。

治療期間の大幅な短縮になる

抜歯をするとスペースが大きく開いてしまいますが、スライスした場合はその隙間が小さいので歯を動かす期間も短くなります。また、歯の大きさが気になる方はスライスすることでサイズを少し小さくすることができます。

抜歯について

笑顔

当院はスライスでスペースの作れる症例ではスライスカットを行っていますが、あごが小さいなどどうしても非抜歯ではスペースが足りず歯がきれいに並ばない場合には抜歯が必要となることがあります

なるべく歯を抜きたくないと考えている方もたくさんいらっしゃると思います。しかし、無理をして非抜歯で矯正すると問題(歯並びが元に戻りやすくなる、口元が出ているような印象になる、歯を支える骨(歯槽骨)にダメージを与える、咬み合わせがうまくいかなくなるなど)が起こってしまう可能性があれば、抜歯の必要性を患者さんにご説明しています。

抜歯、非抜歯それぞれのメリット・デメリットをご説明し、歯並び、咬み合わせ、お顔の印象などを総合的に考えて最善の方法をご提案いたします。


お近くの医院はこちら

初診カウンセリング無料

初診予約はこちら 初診カウンセリングは無料です

無料初診のご予約はお電話かネットから

LINEで無料相談

LINEで簡単に無料相談ができます!

無料Web診断・無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします

▲PAGETOP