40代からの歯列矯正ってどんな失敗をするの?

40代からの歯列矯正ってどんな失敗をするの?

「人生100年と言われるこの日本で、若い時は忙しくてできなかった事をやってみたい!」そう思われ来院し、歯列矯正をする大人の方も多くなってきました。40代手前になり、やっと仕事や子育てが落ち着いたという人もおられるでしょう。ただ、失敗だけは避けたいですよね。

時間が出来たので始めてみたいと思っても、ネット上には「40代となると、矯正が難しく失敗してしまう」等と書かれていたら、悩みますよね。今日は、前から矯正に興味をお持ちの方も多いと思いますので、起こりうる失敗とはどのようなものかご説明します。

40代だと矯正ダメなの?

40代だから一律、矯正を失敗したり、無理、危険ということはありません。40代でもきちんとワイヤーやマウスピースなどの装着を怠らず、口の中の状態も良ければ、綺麗な歯並びになる方がいらっしゃいます。

ただ、30~40代は一般的に、お口が歯周病を起こしやすい年代と言われております。歯周病の患者様は、矯正をすぐに開始するのは不可能です。その場合はまず、歯周病の治療からスタートし、歯肉の状態が正常に変化すれば、矯正治療を行っていきます。器具の装着や、保定装置(リテーナーとも呼びます)装着期間とは別に、治療の時間が必要となります。

何故、このような治療が先に必要なのでしょうか。

理由は、矯正治療は器具を装着し、力をかけ、正しい位置へ歯を動かす治療だからです。歯を動かす事は、すなわち一定の力がかかるため、歯根にダメージを与えるというリスクがあります。そのダメージに耐えうる歯槽骨の多い方、歯周病や虫歯などの疾患がない事が重要です。つまり、歯槽骨が少ない方や、歯周病の疾患をお持ちのケースですと、若い方でも、それらの治療を先に行います。

矯正での失敗例を教えて!

矯正失敗

まず、口元の正中がずれてしまうが考えらえます。正中線とは、中央を頭から縦にまっすぐ通る線のことです。<参照先:コトバンク「正中線」>
歯科の場合は、口腔内の歯の中心線(前歯)の事を指します。正中のずれが生じると、前歯で食べ物がうまく咬めたなかったり、顎が左右にずれてしまう事が考えられます。

次に、矯正治療を長く続け過ぎると、前歯が出てしまい(いわゆる出っ歯ですね)、オープンバイト(開咬)と呼ばれる口が閉じにくい症例になったケースもあります。後は、歯周組織で言えば、歯根吸収や、歯肉下がり(ブラックトライアングル)、歯肉退縮などのトラブルが考えられます。

歯根吸収とは、歯を動かす時間が長すぎて、歯列は綺麗に並んだのに、歯がグラグラと揺れる現象に陥る事です。そして、ブラックトライアングルとは、上顎ではなく、主に下顎に起きることが多いですが、移動させた歯と歯の間に、結果的に逆三角形の隙間が空くことです。歯周組織がしっかりしていればすぐに多くの箇所は埋まりますが、歯周組織に問題があるとなるとなかなか難しいかもしれませんね。

歯周組織に起こる問題の一つである歯肉退縮についてご説明します。歯肉退縮とは、矯正が専門ではないあまり知識のないドクターが、非抜歯で治療を行う際に起きやすいトラブルです。顎の過度な拡大治療により、歯根膜が失われて歯根が見えてしまう現象です。歯根膜とは、歯と歯槽骨の間にあるクッションのようなものです。<参照先:コトバンク「歯根膜」>

こうなりますと、歯槽骨は再生できません。歯根が露出したままになり、最終的に抜歯に至る可能性があります。

やらなきゃよかったと後悔しない歯列矯正とは
「歯列矯正なんてやらなきゃよかったと後悔」「矯正治療したのに前より...

矯正するとどんなメリット?どんなデメリット?

マウスピース矯正と裏側矯正

まず、40代から行う矯正治療についてのデメリットからご案内します。先程、申し上げた失敗例が起こる可能性が考えられる事、そして高い費用がかかる事がデメリットとして挙げられます。

ご自身の歯の為に、歯科医院で定期的にメンテナンスをきちんと受診されている方は、一つめのデメリットには当てはまりにくいでしょう。ただ、虫歯や痛みというトラブルが起きない限り、通常は歯医者に行かないという方も多いはずです。子どもと比べて、骨などがしっかり完成した成人の矯正は、年を重ねてお口の状態が悪化しているケースが多いです。また、子供の矯正に比べて、大人の矯正は永久歯が生えそろっており、料金が少し高めという事も、デメリットの材料となります。

では、逆に40代から行うメリットは何でしょうか。
メリットは、なんといっても、歯並びの悪さを改善することで、ご自身のお悩みから解き放たれることです。笑う際に、歯並びを気にして、お口を隠していたりする方もいらっしゃると思います。矯正を行う事でそれはなくなり、周囲の目を気にせず笑えることです。

その他には、上下の噛み合わせが良くなることで食事の際に噛みやすくなる事や、綺麗な歯並びの為、歯磨きなどのブラッシングが行き届き、歯垢(プラーク)を落としやすくなる事です。すなわち、虫歯になりにくい衛生的なお口の状態を保てるという事ですね。

まとめ

いかがでしたか。今回は「40代からの歯列矯正ってどんな失敗をするの?」という事についてご説明いたしました。以上のような失敗に至らない為には、どうすればいいのでしょうか。

それは、多くの実績がある歯科医院や、歯科矯正の専門医などの担当医を選ぶことです。ホームページや人気ランキングだけではなく、実際にクリニックの行っているカウンセリングに足を運んでいただき、ご自分の状態についてしっかり相談し考えるようにしましょう。

きちんとしたスタッフのいる歯科医院で、今だから行える治療を行ってみませんか。しっかりした医院ならば、失敗やトラブルも防げますし、新たな人生の一歩を踏み出せると私は思います。