切端咬合とは?

切端咬合とは?

切端咬合という言葉を聞いた事がありますか。矯正のご相談で歯科医院を来院して、初めて切端咬合という言葉を聞いたという方も多いのではないでしょうか。今日は「切端咬合とは?」という事についてご説明いたします。

切端咬合とは

歯は通常、上顎の前歯が外側、下顎の前歯が内側に2~3mm程かぶさり(オーバーバイトと呼びます)、横から見た場合は上顎の前歯は下顎の前歯よりも2~3mm程度前にある(オーバージェットと呼びます)のが正常な歯の位置です。

ところが、切端咬合の患者様は、歯が重ならず、上下の歯が0mmの状態でぶつかり合ってしまっています。反対咬合の一種です。基本的には、全部の前歯が切端咬合になっているケースは稀で、一部の前歯が切端咬合という方が多いです。

切端咬合ですと、奥歯の噛み合わせが正常に出来ない為、下顎を前に出して咬む方、横にずらして咬む方がいらっしゃいます。不正咬合の受け口(反対咬合)と似ている症状と言えますが、受け口は切端咬合よりも前に下顎が出ている状態です。

切端咬合でのお悩みとして多いのが、下あごが前に出ている受け口に悩む方、不明瞭な発音に悩む方などが多いのが現状です。

切端咬合になる原因は?

では、切端咬合はどのような原因から起きてしまうのでしょうか。原因として考えられるのは、受け口と同じく、舌のくせや口呼吸、骨格による問題、歯並びによる問題などです。

舌のくせ

子供の時に、無意識に行うお口のくせが原因で、切端咬合になってしまう事があります。例えば下の前歯の裏側を舌で押し続けることで、下顎が前に押し出されて、不正咬合になってしまう事があります。

口呼吸

お口ポカンというのが口呼吸のサインですが、口呼吸は切端咬合の原因となります。口呼吸が多いお子さんですと、通常は上顎の裏側にあるべき舌が下がってしまい、上顎が正常に成長しない事(劣成長と呼びます)に繋がります。頬や唇の筋力に負けて、前や横に上顎を発達させられなくなります。

骨格による問題

下顎と上顎の骨格の発達バランスが異なることにより起こります。下顎だけが発達してしまう骨格、もしくは上顎が何らかの原因で骨格が劣成長という事があります。遺伝のケースもままあります。

歯並びによる問題

骨格のバランスが整っていても、歯並びにより切端咬合は起こることがあります。それは、一部の歯がガタガタに生えている(叢生)場合です。ただ、一部がガタガタで切端咬合になっている場合は、骨格による問題よりも比較的早く治す事ができます。

切端咬合を治療しないとどうなるの?

では、切端咬合を治さないと、何かトラブルは起こるのでしょうか。

そもそも、切端咬合の単一症状のみでお悩みという方はおられません。叢生やすきっ歯(正中離開)、反対咬合、正中線のずれ(上の歯の真ん中と下の歯の真ん中の線が合わない)などの他に歯列に対するお悩みを抱えている方がほとんどです。

切端咬合を放置すれば、主に2つのトラブルが考えられます。具体的に挙げていきますね。

前歯が欠けたり、割れる事がある

咬むと前歯に大きな負担をかけるのが切端咬合のデメリットです。そのため、前歯の切縁(せつえん)が欠けてしまったり、割れてしまう可能性があります。最悪の場合、抜歯処置を伴う事があります。抜歯をしてしまうと、前歯は周囲の人の目が気になる箇所ではありますので、人工の入れ歯、インプラントを検討しなければならないです。

噛み合わせが悪い為、咀嚼機能の低下や顎関節に影響

切端咬合は正常な歯の位置ではないため、噛み合わせが悪いと言えます。すなわち、咀嚼機能の低下や、噛み合わせが悪いと良く咬まないで飲んでしまいます。そうなれば、消化器への影響も考えられ、栄養が摂取できません。また、噛み合わせが悪い状態で無理に噛もうとすると、顎関節に負担がかかり、最悪の場合は顎変形症や、顎関節炎などを引き起こすリスクとなります。

切端咬合の治し方~子供の場合~

骨格が原因のケースですと、5歳位から1期治療を開始するのが望ましいです。乳歯期の5歳位から歯科医院で治療を開始した場合でご説明します。

拡大床やインビザラインファースト(マウスピース型矯正装置)などの矯正治療を行えば、抜歯をせずに歯並びを整えられる可能性が高くなります。拡大床やマウスピースは一日のうちに一定時間装着をする必要がありますが、大人になってからの矯正よりは負担が少ないと言えます。

永久歯が生えそろう12歳頃ですと、上顎の成長期は終了しているので顎を大きくするための矯正をする事が困難です。歯をきれいに並べるスペースがないまま成長期を終えてしまっているので、大人と同じく抜歯<処置が必要となる矯正治療となります。

切端咬合の治し方~大人の場合~

切端咬合を大人になってから治したい場合は、ブラケットワイヤーによる矯正が一般的です。全顎矯正か、部分矯正かは患者様のお口の状態により異なります。部分矯正であれば約半年くらいで治る方もおられます。

時には、外科矯正と呼ばれる手術を伴う矯正治療となる事もあります。
セットバックと呼ばれる方法で、顎を切り、小臼歯を抜き、下顎の骨を後方に下げるという手術です。外科矯正の治療費は、矯正の費用よりも大変高く、術前の検査やリスク、ダウンタイムなどもよく検討しなければなりません。ただ、切端咬合により顎関節の病名がついた場合は、口腔外科のある大学病院で行うと健康保険適応となりますので、治療費は安くなります。

まとめ

今回は、切端咬合についてご説明いたしました。切端咬合は、受け口などと同様で、なるべく早く行ったほうが良い反対咬合の一種です。「お子さんの歯が気になる」と思われた場合は、一度クリニックにカウンセリングへ行き、ご相談をおすすめします。【参照先:厚生労働省】