【動画】矯正治療中は食欲がなくなって痩せたりしますか?

「矯正治療中は食欲がなくなって痩せたりしますか?」というご質問に対する答えはイエスでありノーでもあります。

どういうことかといいますと、矯正は装置の種類がたくさんあり、大人の方向けの主な種類はワイヤー矯正、裏側矯正、マウスピース矯正です。

今日はワイヤー矯正の場合についてお答えします。

ワイヤー矯正で食欲がなくなるのは一週間。その理由は?

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正は歯の表側にブラケットというボタンのような装置を貼り付け、それにワイヤーを通します。

ブラケットとワイヤーを歯に取り付けると、殆どの方が食欲がなくなります。

その理由は二つあります。

理由1.矯正装置に食べかすが詰まるから食欲がなくなる

汚れがたまりやすい場所はワイヤーとブラケット

ブラケットと歯の間やワイヤーを通している部分に食べかすが詰まって、歯みがきが大変面倒くさくなります。

食欲よりも食欲より歯ブラシが面倒という思いが一週間位は続きます。そのため、最初の一週間は食欲がなく、痩せると思います。

一週間というのには理由があります。最初の一週間は本当に食欲がなくなるのですが、食べかすが詰まる問題については、一週間ほどで殆どの方が慣れます。

食べものが詰まるのは当たり前になりますし、歯みがきもだんだん慣れてきて手際よく食べかすを取れるようになります。

歯みがきは最初は慣れずに苦労するのですが、一週間で歯みがきが上手になると食欲も元に戻ります。

理由2.歯が動いて痛いから食欲がなくなる

歯を動かす治療中は歯が痛いです。歯がコンクリート並みの硬い塊に埋まっていたら絶対に動かないのですが、歯は骨の中に埋まっているので動きます。

ワイヤー矯正では歯にワイヤーで力を加えることで歯を動かします。歯に力を加えると歯が動く部分の骨を溶かし、動いた箇所に新しい骨が出来ます。

歯が動くしくみ

歯が動き始めて3日~一週間が一番痛く、特に硬いものを食べると痛むので、その間は食欲がなくなります。

しかしそれも、一週間で慣れて食欲は元に戻ります。食欲がなくなるといってもその程度です。

ワイヤー交換時の痛みは慣れてくる?

ブラケットの種類について

ワイヤー矯正の場合は、一ヶ月に一回位来院して頂き、新しいワイヤーと交換します。

新しいワイヤーに交換すると、新しく骨を溶かそうとするのでまた痛みが出ます。ただ、ワイヤーの交換が2回目の時の痛みは、初回のように一週間続かず、だいたい4~5日程度の痛みで済みます。

3回目のワイヤー交換では更に慣れ、2~3日位しか痛くないです。

ワイヤー交換を4、5回、つまり治療期間が4~5ヶ月位続いて毎月ワイヤー交換すると、痛いのは1日だけになり、すっかり体が慣れてしまいます。

治療が半年経つと、ワイヤー交換した日は痛いので、食べにくいです。でも1日で慣れるので、結局、食欲がなくなってもその程度ですね。

まとめ

マウスピース矯正の場合はワイヤー程ではないですが、やはりマウスピースでも歯を動かす時は痛みが出ます。

「矯正治療中は食欲がなくなって痩せたりしますか?」というご質問への答えとしては、1週間は食欲がなくなるので痩せますが、その後は食欲が元に戻るということです。これがダイエットの効果があるかというと、それ程はないという感じがします。