【動画】子供の受け口治療

お子さんの治療は何歳から始めればいいのかとよくご質問を頂きます。

お子さんの状態が受け口なのか、出っ歯なのか、八重歯なのか、あるいは癖を治すだけで良いのか、どれに当てはまるかで、治療方法は変わってきます。

3才のお子さんの受け口治療

男の子

受け口はなるべく早く治した方が良いです。私どもでは3歳から、受け口の治療をお勧めしています。

3歳のお子さんはまだ小さいので、そんな小さなお子さんに矯正治療ができるのかと思われるかもしれません。そこで、3歳のお子さんの治療の方法から、まずご説明します。

ムーシールド

子どもの0期治療ムーシールド

3歳のお子さんへの矯正治療は、受け口の場合はムーシールドという名前の矯正装置を入れて治します。対象年齢は3~8歳までとなっていますが、、実際にはムーシールドは6歳位まで使用できます。

ベストな年齢は3歳から5歳でしょうか。そのような低年齢のお子さんに使っている装置が、ムーシールドです。この装置を入れますと、受け口が半年から1年位で治ってきます。

マウスピースのくぼんだ部分に舌を乗せると、舌が正しい位置に置かれます。舌が正しい位置に置かれると、舌が上顎の前歯の裏側に当たります。舌は筋肉なので、筋肉で上顎を強い力で押すと、舌の力で上顎は前に出ます。

受け口の大きな原因は、上顎の劣成長です。劣成長(=成長してない)のことが多いのですが、舌が当たることにより、上顎を成長させます。

そして前面の前歯を覆う部分は、前歯が舌に押されて前に飛び出して出っ歯になることを防いでいます。下顎については、ムーシールドは全く影響しませんので、上顎が大きくなることで
下顎も自然に大きくなります。

このような簡単な装置で、3~5歳位のお子さんはこの方法で受け口を治す事が出来ます。

プレオルソ、T4K

プレオルソとT4K

プレオルソやT4Kという装置もよく使われています。この装置の対象年齢は3~10才までといわれていますが、実際には5、6才~10才位までのお子さんが対象です。

ムーシールドより年齢が上がったお子さんが対象ということになります。プレオルソの原理は、ムーシールドと同様です。

上顎前方牽引装置(じょうがくぜんぽうけんいんそうち)

上顎前方牽引装置

上顎前方牽引装置(じょうがくぜんぽうけんいんそうち)というものも極めて有効な装置です。下顎が前に出てしまう受け口の原因は、下顎自体が出てる場合もありますが、上顎が成長してない場合が多いです。

受け口といっても原因は色々あり、上顎の劣成長(成長していないこと)により、相対的に受け口になるという事が多いです。その場合に上顎を前に引っ張って成長させる装置が上顎前方牽引装置です。

上顎は1歳で成長が終わります。それに対して下あごは、16~18歳まで成長します。そこで10歳までの間に上顎前方牽引装置を使用します。この装置は7歳から使えますが、7~10歳の短い時間しか使えない装置です。

上顎前方牽引装置は上顎を引っ張ることで上顎を確実に前方へ成長させます。受け口は横顔にも影響があって、下顎が目立つお子さんもいらっしゃいますが、それは上顎が成長をしていないからです。そのような方に、この装置で上あごを前に出すと、上あごが成長しますので、相対的に受け口が治ります。横顔はもちろん、正面からもお口元を綺麗にできるという事になりますね。

チンキャップ

チンキャップ

年齢が少し上がり、おおよそ小学校高学年から中高生位になりますと、チンキャップという装置を使う治療法もあります。

下あごにこんなキャップのようなものを置いて、頭蓋骨を固定源にして、頭蓋骨から下あごを後ろに引っ張る装置です。それにより、下あごが前に成長するのを防ぐ事が出来ます。

10年程前までは、この装置を頻繁に使っていました。ただ、この装置を使用しますと、顎関節に異常が出るケースもあります。そのような事例のため使用頻度は減りましたが、効果はありますので、下あごの成長がひときわ目立つ方には、使用する事もあります。

いずれにしても、お子さんの受け口は早くから治療を行えば効果があります。下あごが成長し終えてから治そうとしますと、チンキャップも使用できません。対象年齢を過ぎてしまっています。

まとめ

大人になって、18才になってからの治療では、受け口の場合は残念ですが、骨格は治りません。歯の矯正治療で歯の前後関係を治す事はできますが、骨格自体を後ろに下げる治療は出来ません。特に骨の成長が完全に終わって大人になってしまうと、もうできないです。
まとめますと、受け口に関しましては低年齢からの治療をおすすめしております。