子供の歯並び-受け口(下あごが出ている)

子供の受け口治療

受け口・反対咬合は早期治療をおすすめします

子供の受け口

下顎の骨の発育は成長期の身長の伸びと関連していて、身長が伸びる時期に受け口・反対咬合があると、下顎も同時に伸びる傾向があります。

子供の成長と共に下顎が伸びてしまってから治療するよりも、その前に前歯のかみ合わせを正しい位置に戻すことで、下顎の伸びを抑えることが出来ます。

また、受け口は自然に治る可能性は低いため、早期治療をおすすめしています。

受け口
▲下顎が伸びてしまうと外科手術をしないと治りません。

大人になると、受け口は手術をしなければ治りません。受け口は遺伝が原因であることも多く、遺伝による成長を抑制するのはなかなか難しいのですが、前歯の咬み合わせが正常になると上の前歯が、下の前歯が前に出るのを抑制してくれますので、早期治療をすれば手術を避けられる可能性がかなり高くなります。

受け口治療は年令や症状で使用する装置が変わります。
矯正担当医と相談しながら、お子さんにとって最適な装置を選びましょう。

受け口を治す
マウスピース治療

3〜10才の
お子さん向け

マウスピースで受け口を治します。
手軽に出来るので人気です。

プレオルソT4Kという2種類の矯正装置があります。

プレオルソT4K

マウスピースの使い方

寝る時+1時間(起きている時)マウスピースを口に入れるだけです。

プレオルソを日中1時間・寝ている間に装着

子供用マウスピース矯正のメリット

1. 痛くない

やわらかいポリウレタンで出来ているので口に入れても痛くありません。

子どものイメージ

2. 付ける時間が短い

寝る時と、追加で1時間(起きている時)付けるだけですので、学校や、友だちと遊んでいる時は外せます。

起きている間1時間装着します

3. 自分で外せる

自分でマウスピースをはずせます。食事の時はもちろん外しても大丈夫です。

食事の時に装置を外せる

4. 通院回数が少ない

通院の回数が少ないので、お母さんもお子さんも楽です。

歯みがき指導の様子

\調整料なし/ トータルフィー
マウスピース矯正の費用

初診カウンセリング

初診カウンセリングは 無料です。初診料、レントゲン代(必要時のみ撮影)もいただいておりません。

トータルフィーなので管理料などこれ以外の費用は一切かかりません
(※子ども矯正2期は選ぶ装置によって異なります。)

プレオルソの費用は 150,000円(税抜)です。

小児矯正

※乳歯列期からT期治療へ移行する場合、T期治療費を7.5万円減額。
※混合歯列期からT期治療へ移行する場合、T期治療費を15万円減額。

治療期間中はマウスピース矯正装置が規定の時間正しく使われているか、実際に効果が出ているかを、歯科医師や歯科衛生士が判断します。また、あいうべ体操などのトレーニングの費用も含まれております。

※ 歯列矯正は保険が適用されない自由診療です。

ムーシールド

3〜8才の
お子さん向け

ムーシールドというマウスピースの装置で
受け口を治します。

ムーシールド

ムーシールドは寝ている時のみ装着して受け口を治していきます。

ムーシールド

3才くらいから使用出来ます。夜寝ている間に口の中に入れるだけなので、小さいお子さんでも無理なく使えます。

ムーシールドは主に上あごの成長を促進するために使用する矯正装置です。受け口のお子さんは舌の位置が低いことが原因になっている場合が多く、ムーシールドをつけることで舌の位置を上げて、口の周りの筋肉のバランスを整えます。

ムーシールド

治療期間は数か月から1年程度

子どものイメージ

ムーシールドは装着してから数ヶ月〜半年程度で効果がみられ受け口が改善されますが、他の矯正装置と併用することもございます。

受け口・反対咬合が治った後も、成長期による後戻りを防ぐため、ムーシールドを1年程度使用していただきます。中高生になるまでは経過観察のために定期健診にお越しください。

\調整料なし/ トータルフィー
ムーシールドの費用

初診カウンセリング

初診カウンセリングは 無料です。初診料、レントゲン代(必要時のみ撮影)もいただいておりません。

トータルフィーで管理料などこれ以外の費用は一切かかりません
(※子ども矯正2期は選ぶ装置によって異なります。)

ムーシールドの費用は 150,000円(税抜)です。

小児矯正

 ムーシールドは受け口を治す治療です。受け口が治ったあとでもし歯並びが悪く、治療したい場合は、歯並びの矯正治療費から75,000円を差し引いた金額で矯正治療を受けることができます。

※ 歯列矯正は保険が適用されない自由診療です。

上顎前方けん引装置

7〜10才の
お子さん向け

上顎前方牽引装置

7才くらいからの骨格性反対咬合の治療に使われるのが上顎前方けん引装置(じょうがくぜんぽうけんいんそうち)です。

この装置は上あごの成長を促進し、下あごの発育を抑制することで、受け口にならないように骨格のバランスを整えて治療します。 見た目は大きく違和感の強い感じの矯正装置ですが、実際にお子さんに使っていただくと嫌がることなく使っていただけます。

上顎前方けん引装置は自分で取り外しが可能な装置で、夜寝る時だけ付けていただくことで効果が出ます。

\調整料なし/ トータルフィー
上顎前方けん引装置
の費用

初診カウンセリング

初診カウンセリングは 無料です。初診料、レントゲン代(必要時のみ撮影)もいただいておりません。

トータルフィーで調整料などこれ以外の費用は一切かかりません
(※子ども矯正2期は選ぶ装置によって異なります。)

上顎前方けん引装置などを使って骨格の成長を促す治療を1期治療といいます。

1期治療の費用は 450,000円(税抜)です。

子どものイメージ

上顎前方けん引装置を使っての治療では、装置を毎日きちんと使えているか、上あごを成長させて下あごの成長を抑制する効果が出ているかを、歯科医師や歯科衛生士が管理します。お子さんの成長を利用して骨格を正常なバランスに整えていく小児矯正の治療を1期治療と言います。

※ 歯列矯正は保険が適用されない自由診療です。

チンキャップ

11〜18才の
お子さん向け

チンキャップ

上あごの成長は11才までには終了しますが、この時点ではまだ下あごの成長は残っていると考えられます。11才を過ぎた子どもさんの場合には、チンキャップという下あごの成長抑制装置を使うこともあります。1日10時間程度装着していただくことで下あごが前に出ないように下あごの成長を抑制します。

チンキャップは頭を固定源にして下あごを抑えます。大きくて大変そうな装置に見えますが、使い勝手がよく、お子さんもすぐに慣れて協力度も高いです。

似たような装置に上顎前方牽引装置がありますが、それは上あごの成長を促進しながら、下あごの成長抑制をする装置です。下あごだけの成長を抑制するのが、チンキャップです。

歯並びをきれいにする為に、歯にワイヤーをつける矯正を追加で行う場合もあります。ワイヤーを付ける時期は、永久歯が生えそろってからの12才以降くらいになることが多いです。

\調整料なし/ トータルフィー
チンキャップの費用

初診カウンセリング

初診カウンセリングは 無料です。初診料、レントゲン代(必要時のみ撮影)もいただいておりません。

トータルフィーで管理料などこれ以外の費用は一切かかりません
(※子ども矯正2期は選ぶ装置によって異なります。)

チンキャップの費用は 150,000円(税抜)です。

小児矯正

チンキャップの治療が終わってから、引き続きお口全体の矯正治療に移行する場合は、歯並びの矯正治療費から75,000円を差し引いた金額で、矯正治療を受けることができます。

また、最初からチンキャップを含めたトータル治療が必要な場合の費用は1期治療の費用になります。

※ 歯列矯正は保険が適用されない自由診療です。

子供の矯正に関するご質問・お悩みなど、
どんな小さなことでも丁寧にお答えしますので、お気軽にご相談くださいね。

Call:0120-505-589
  • 無料メール相談
  • 初診予約
  • LINEで無料相談
子供の矯正は専門医院がおすすめ

矯正専門医院の中には、大人の矯正を専門に扱っているが医院と子供の矯正を専門としている医院があります。このように、専門家にとっても大人の矯正治療と子供の矯正治療の基本的な考え方は異なります。

大人は顎の骨格の成長が終わっており歯並びが既に完成していますが、子供は成長途中ですので歯が生えそろうのに理想的なあごの大きさに整えた上で、歯列を作っていくことが可能です。

お子さんの矯正治療をするなら、小児矯正が得意な矯正歯科を選ぶことが大切です。低年齢から矯正の早期治療を行うことによってあごの成長を利用した治療を行えますので、歯並びだけでなく、骨格(お顔立ち)もきれいになり、さらには全身の健康につながります。

子どもさんのママへ

受け口が自然に治ることはほとんどありません

子どものイメージ

受け口は自然に改善されることはほとんどありません。特に骨格の遺伝による受け口の場合は、自然に治る確率は低いです。

大人になってからの受け口治療は外科手術が必要な場合もありますし、手術ではなく普通の矯正治療を受けても、必ずしもキレイに治るとは限りませんので、低年齢からの早期治療をおすすめしています。

見た目の悩み

受け口の場合下あごが前に出てしまうので、不機嫌な印象を与えがちだと言われます。

噛み合わせが悪くなる

受け口のお子さんは咀嚼が十分に出来ないため、胃腸に負担がかかりやすく消化不良を起こしやすい。

発音に影響が出る

子どものイメージ

受け口が原因でサ行やタ行などうまく発音しづらかったり、舌足らずな話し方になったり、さまざまな影響が出ることがあります。

反対咬合のままだと下あごが成長しやすくなってしまう

反対咬合のまま放っておくと下あごが成長しすぎてしまう可能性が高くなります。

受け口の種類について

受け口の種類は2種類あります。

1. 骨格が原因の受け口

頬杖、片方で噛む

あごの骨に原因のある反対咬合のことを骨格性反対咬合といいます。 下あごが大きすぎるために下の前歯が上の前歯よりも前に出て、前歯の咬み合わせが逆になっている受け口の状態です。

身長が伸びるのと同時に下あごも成長しますので、小児矯正で治療出来なかった場合は、大人になってから外科手術で下あごを短くし、歯並びの矯正治療を行う場合もあります。

小児矯正での受け口の治療は、上あごの成長促進と下あごの成長抑制を行います。遺伝が原因の場合も治療方法は同じです。骨格が原因の場合は早期治療をおすすめいたします。

5才から8才までの骨格性の反対咬合の原因のほとんどが、上あごの成長不足です。そのため、この時期は上あごの成長を促進させる治療を行い、上下のあごのバランスを整えなければなりません。上あごの成長促進の効果が著しいのは6才から8才の間です。上あごの成長は10才くらいで終了します。

子どものイラスト

9才以上の骨格性の反対咬合では、上あごの成長が終わりに近づき、逆に下あごの成長は続いているために、受け口がどんどん進んでいきます。この時期の治療は、上あごの成長促進と下あごの成長抑制を同時に行っていきます。

2. 前歯の位置が原因の受け口

子どものイメージ

骨格には問題がなく、前歯の位置が逆になっている(反対咬合)ことがあります。

その場合は6才から8才くらいの間に、反対咬合になっている前歯だけを治します。

リンガルアーチという装置を使うと、比較的簡単に治ります。

リンガルアーチ

リンガルアーチリンガルアーチ

\調整料なし/ トータルフィー
リンガルアーチの費用

トータルフィーで管理料などこれ以外の費用は一切かかりません
(※子ども矯正2期は選ぶ装置によって異なります。)

リンガルアーチの費用は 120,000円(税抜)です。

※ 歯列矯正は保険が適用されない自由診療です。

子供の矯正に関するご質問・お悩みなど、
どんな小さなことでも丁寧にお答えしますので、お気軽にご相談くださいね。

Call:0120-505-589
  • 無料メール相談
  • 初診予約
  • LINEで無料相談
無料メール相談
−受け口−

お子さんの受け口でお悩みの方はお気軽にご相談ください。総院長の松本正洋がお答えします。

当てはまる項目にチェック、質問や名前を入力して送信してください。

年齢

  • 0〜3才
  • 4才
  • 5才
  • 6才
  • 7才
  • 8才
  • 9才
  • 10才
  • 11才
  • 12才
  • 13才
  • 14才
  • 15才以上
 

気になることは何ですか?

  • 料金は最終的にいくらになる?
  • 治療方法について
  • 治療期間はどのくらいか?
  • 抜歯する必要はあるか?
  • 痛みはあるか?
  • 引っ越した場合どうなるか?
  • 分割払いは何回まで可能?

装置を装着することの影響について

  • 見た目が気になる
  • 食事がしにくくならないか心配
  • むし歯にならないか心配

その他ご質問があればお書きください。

お名前
[全角](名字だけでも可)
Eメールアドレス[半角英数]
電話番号 携帯電話可
ご予約希望の方は診療希望日をお選びください。
ご希望医院名
(診療予約ご希望の方のみ)
  • 梅田院(大阪駅前第3ビル)
  • 梅田茶屋町院
  • カトレア歯科(梅田イーマ)
  • なんば院
  • 心斎橋院
  • 吹田本院
  • 豊中本町院
  • 豊中駅前院
診療希望日
(診療予約ご希望の方のみ)
※日曜診療は梅田院(大阪駅前第3ビル)・なんば院のみ
※当フォームから今日・明日の予約はできません。
お急ぎの方はお電話にてご予約ください。

第1希望

第2希望

HotmailなどのMicrosoft社から取得したアカウント(@hotmail.com @live.jp @outlook.jp @outlook.com など) やガラケー(フィーチャーフォン)をお使いの方は当院からのメールが届かない場合がございます
当院からの連絡がない場合には大変お手数ですが、TEL:0120-505-589 までお問い合わせいただくか、他のメールアドレスにて再度お送りいただきますようお願い申し上げます。

Call:0120-505-589
初診予約
子供の矯正 費用はこちら