インビザラインのクリンチェックって何をするの?

インビザラインのクリンチェックって何をするの?

クリンチェックはインビザラインを製造販売しているアラインテクノロジー社が独自に開発したプログラムのことで、治療計画をたてるためになくてはならないものです。

クリンチェックとは

iTeroエレメント画面

インビザライン治療では、実際に治療を始める前に、どのように歯が動いていって理想の歯並びになるかを、ソフト上でシミュレーションすることが出来ます。

ワイヤー矯正ではこのように画面上で3Dで歯が動いていく様子を見ることは出来ませんでした。クリンチェックはインビザライン独自のソフトウェアで、現在の歯の状態から歯が動いて歯並びが整って行く様子をシミュレーションして見ることが出来ます。

クリンチェックの前にはiTeroと呼ばれる光学スキャン装置でお口の中をスキャンし、そのデータを元にシミュレーションしていきます。クリンチェックでは現在の歯型データからAIがシミュレーションを作成しますが、実際の治療では歯科医師がそれに手を加えて、更に無理なく歯を動かし、良い仕上がりになるようにします。

シミュレーション画面は患者さんも見ることが出来ますので、それを見ながら担当矯正医の説明を聞き、治療終了までの歯が移動していくイメージをつかんでから治療を開始することが出来ます。

口腔内スキャナーiTeroってどういうもの?
iTeroはインビザラインのアライナー(マウスピース)を作るための...

クリンチェックでは何がすごいの?

インビザラインアタッチメント

インビザライン治療におけるクリンチェックの役割は、シミュレーションによって複数の治療計画を立てられることです。

例えば、抜歯した場合の治療計画と、非抜歯の場合の治療計画を立てて、歯の動きをシミュレーションし、どちらがより美しい仕上がりで無理のない治療計画かを歯科医師が判断します。もちろん抜歯か非抜歯かについては患者さんのご希望もあるため、しっかりと話し合って治療計画を決定して治療を行います。

更に、クリンチェックでは歯をどのように動かすのか、アタッチメントの種類やつける場所を歯科医師が自由に決定することが出来ます。アタッチメントはインビザラインでの矯正治療中に患者さんの歯の表面に付けるレジンの突起で、アタッチメントによって歯にかかる力の向きが変わり、効果的に歯を動かすことが出来ます。

また、歯を動かすためのスペースを作るために歯の両端を僅かに削る処置(IPR スライス、ディスキングともいう)をすることがありますが、そのタイミングや削る量をクリンチェックでAIが決めてくれます。

このように、クリンチェックのおかげで治療計画が綿密にたてられるようになり、治療期間中もシミュレーション画面が見られることで矯正治療の全体の動きがより具体的に患者さんにもわかりやすくなりました。

クリンチェックのはアラインテクノロジー社のエンジニアが一件ごとに確認しますので、より安心な内容となっています。

クリンチェックはどんな画面?

インビザライン クリンチェック

クリンチェックでの治療計画作成後、データをアライン社に送るとマウスピースが製作され、約二週間で歯科医院に届きます。

インビザラインの治療中にもクリンチェックを使うの?

クリンチェック

実際に治療に入ってからは、矯正治療がどこまで進んでいるか、そして歯が当初の計画通り動いているかのチェックをクリンチェックで行うことが出来ます。

クリンチェックの画面には、アライナーが何枚目であるかと、それに対応する治療計画上の歯の状態が3Dで確認できるようになっています。

インビザラインは1日に22時間以上(担当矯正医によっては20時間以上、または20時間程度と説明を受ける場合もあります。)装着しなければなりませんので、それを守れていないと計画通りに歯が動かないため、アライナー(マウスピース)が合わなくなってしまいます。

また、稀にアライナーを必要時間はめていても、計画通りに歯が動かないことがあります。その場合にはクリンチェックを確認して治療計画の変更を行い、その後再度iTeroで歯型データを撮り直して追加のアライナーを作製し、新しく届いたアライナーで治療を進めていくことが出来ます。

まとめ

このように、クリンチェックは今やインビザラインでの矯正治療には欠かせないものになりました。患者さんにとっても、ご自分の矯正治療のゴールがはっきりと確認できることで、治療へのモチベーションアップにつながることが期待できます。