矯正治療は金属が目立つけど他の方法はないの?

矯正治療は金属が目立つけど他の方法はないの?

矯正治療をしたいけどワイヤーが目立つのでなかなか踏み切れないとおっしゃる方は多くおられます。近年ではワイヤー矯正は目立つという審美的なデメリットを解決すべく、白や透明のブラケット、白いワイヤーが主流になっています。また、目立たない裏側矯正やマウスピースタイプの矯正装置についてもご説明します。

ワイヤー矯正の目立たないブラケットやワイヤー

金属と白のブラケットとワイヤー

矯正治療にはワイヤーとブラケットがつきものですが、メタルの銀色のブラケットはとても目立つので、躊躇する患者さんが多いのは事実です。

近年よく使われているのは、セラミックで出来た白いブラケットです。歯とよく似た白色タイプですので、歯に貼り付けても目立ちにくく、上品な感じになります。

ワイヤーも銀色のものを使用すると目立つため、白いワイヤーや、白っぽく見える加工が施されたワイヤーを使用することが多くなりました。(当院ではホワイトワイヤー矯正と呼びます)

セラミックブラケットのメリット

メリット

目立たないので他人の目をあまり気にしなくていい

歯と同じ白いブラケットは、歯の色と馴染んで目立ちません。近づいてみるとブラケットをつけていることはわかりますが、銀色の金属のブラケットと比べると笑ったり口を開けたりしても目立ちません。

セラミックは汚れがつきにくい

セラミックは汚れがつきにくい性質があるため、ブラケットに汚れがつきにくく、金属のブラケットと比べると歯磨きが少し楽になります。着色汚れや変色にも強いので、白さをキープできます。

金属のアレルギーの心配が少ない

セラミックには金属が含まれていませんので、セラミックのブラケットなら金属アレルギーの心配がありません。

実際の治療では奥歯を固定源にして前歯を引っ張る為に、奥歯に金属製のバンドやチューブと呼ばれる装置をつけます。ワイヤーも必要ですので、完全にメタルフリーではありませんが、お口の中に取り付ける装置の金属の量をかなり減らすことが出来ます。

そのため金属のブラケットを使用する場合と比較すると金属アレルギーになる可能性は低くなります。

セラミック製ブラケットのデメリット

デメリット

金属のブラケットよりもやや強度が劣る

金属製のブラケットとセラミックのブラケットの強度を比べると、メタルのブラケットの方が強度が優れています。

セラミックのブラケットは割れることがある

セラミックは衝撃が加わると割れやすいという性質があります。しかしセラミックのブラケットが割れるということは滅多にあることではありません。

目立たない裏側矯正インコグニト

歯の形にぴったり添っている

裏側矯正(舌側矯正)は、ブラケットとワイヤーを歯の裏側に装着します。そのため他人が見ても矯正装置が見えないのがメリットです。

裏側矯正は歯の表側につけるワイヤー矯正よりもやや治療費が高くなります。また、矯正装置の分厚さの分だけお口の中が狭くなりますが、当院ではインコグニトというオーダーメイドの薄いブラケットを使用します。

インコグニトは歯のカーブに沿った形にブラケットを作製しますので、通常の裏側矯正装置よりもお口の中がやや広くなり、発音もしやすくなります。金合金で作られますので、金属アレルギーを起こしにくいというメリットもあります。

目立たないマウスピース矯正インビザライン

インビザラインアライナー

インビザラインはマウスピース型の矯正装置で、透明なプラスチック製ですので目立たず、人目を気にせずに矯正治療が出来ます。

インビザラインでは最初にスタート時から治療終了までの治療計画に沿ってマウスピース(アライナー)を全て作成し、2週間毎にアライナーを交換して、少しずつ歯を動かしていきます。

1日にアライナーを22~24時間装着することが推奨されており、装着時間を患者さんご自身でしっかり管理する必要があります。

マウスピース矯正は軽度の出っ歯や叢生の治療に向いており、抜歯矯正の場合はワイヤー矯正か裏側矯正をおすすめする場合もあります。

まとめ

目立たない白いブラケットとワイヤーを使用するホワイトワイヤー矯正と、裏側矯正、マウスピース矯正についてご説明しました。なるべく目立たない装置をご希望の方は、初回のカウンセリングの時に矯正担当医にお申し付けください。患者さんの歯並びによってどの矯正装置が最適か、治療計画についてお話させていただきます。